春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失礼問題(ありったけの猛省と愛情を込めて)
2011年 05月 04日 (水) 03:18 | 編集
print201008_0014.jpg
しんじている Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8


「失礼問題」について。

わたしは大学を出てから敬語の使い方がきょくたんになった。

きちんとした敬語を覚えた。

そして仕事以外では「使わない」ことも増えた。


会話において、わたしの「敬語がちょっと減ってしまう」状態は
もっと仲良くなりたいとかそういう、何というか、愛情表現なのです。

大学までは誰もがきちんと「学年」の順に則った言葉遣いをするけど、
大人になったら、出会う場所によってはそれが解除されるような気がしていた。

厳密に同い年以下でなくても、近い年頃の人と知り合って友達になれたと思ったら、

打ち解けたくて、そういう選択肢を使うことが増えていました。

もちろん、根底にあるのは「敬愛」でした。

が、

とはいえ、失礼にあたることもやっぱりあるよね。


と思うことがあり。(言われたとかじゃないけど、勝手に)


猛省。


わたしのことじゃないよと言ってもらったのにも関わらず なぜ反省したかというと、
わたしは年下の人に「馴れ馴れしく」されたことが、ほぼなかったからです。
つまり、その気持ちは分かっていなかったということ。

思えば、どっちかというと年上の友達が多い気がします。
面倒をかけて優しくしてもらって、どれだけ甘やかしてもらってきたのだろう、わたしは。





あともう1つ。

ツイッター上で、作家の人が主催している言葉遊びに参加していたのだけど、
もう1ヶ月以上前に、実はわたしはとても失礼なことをしてしまっていたことが
あとで分かったというか、気づいた。


書くのもくるしいが。


わたしの行為そのものがきっかけではなかったけど、

他の人の行為に言及されたときに「あっ」と思った。

大したことではないのかもしれないけど、

本を出す立場の人にとっては鬼門ともいうべき物があったのだ。


まさかそんな場でやらかすなんて思ってもいなかったのもあるし、

厳然たる立場の違いを、いっときも忘れてはならないのだ、と

思うと、勝手に少し悲しくなってしまったので(被害妄想ではあるが)

もう参加しないかもしれないなあ…。





好きなのに、失礼。


話題に挙げたふたつとも、勝手にショックを受けていたとすれば、そこでした。

まあ、分かっただけでもよかったよね。





あなたのことが好きです。

なんとか、よそよそしくない感じで、敬意の伝わるように…

うーん、なんとかして、あなたと仲良くなりたいです、わたし。
スポンサーサイト
湖畔のできごと
2011年 04月 24日 (日) 01:33 | 編集
2009_2010winter_0009.jpg
日記帳が、湖に落ちたという噂を聞いて Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8



じぶんで、いじけたことを言っていたら

ほんとうに、いじけてしまって、とてもいじけている。

おいおい!



美貌か才能かどっちでもいいのでほしかったです。


あっ


嘘をつきました。


どっちもほしかったです。ほしいです。ほしいな!


(誰にねだっているの)
ライムグリーン/グラスの底に
2010年 12月 26日 (日) 02:09 | 編集
20100926_0005.jpg
だいじょうぶ、すり切りいっぱいお注ぎなさい
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


先週のライブがあんまりよかったものだから、
もう一回佐賀市内であるライブにも、行くことにしてしまった。
例によって案内の通り会場のバーにメールを入れたら、すんなり予約が取れた。

毎月鹿児島に日帰りをしているくらいだから、遠出はへいきだ。
プライベートで乗る特急列車は、取材のときよりもうんと好きだ。





店内は少し細長く、右手の壁にステージらしいセッティングがあった。
そこに向かって席がゆるやかに3段、階段状にしつらえられている。
わたしは真ん中の段のカウンター席にすわった。とても落ち着く。

今回は、あきらかに「似たふんいき」のお客さんが多かった。
ドリンクのグラスを傾けつつ談笑するさざめきが、なんだか親しげ。
ハタチくらいの男の子が、「小学生からずっと聴いてたんです」と嬉しそうに語っている。
もちろん、ひとりで来ているお客さんもいた。開演を待つ間の、ふしぎな安心感。





お客さんは30人程度。小さなバーを貸し切っての、こぢんまりとしたライブ。
かつて足を運んでいたインストアイベントのように、彼はとても近くにいた。
が、結果としてわたしはこの日の演奏を、ほとんど目をつむって聴いていた。

それくらい気持ちよかった。飲んでいたからだ。

ウィンターランド
2010年 12月 07日 (火) 01:40 | 編集
20100926_0002_2.jpg
えるしっているか Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


ひさしぶり!

ええと、ブログ強化します。

健やかでしなやかな言葉を、落ち着いて紡ぐ練習をしたい。

ついったーとは、まったく別ものだということに希望をもとう。

熟慮して静かに、いいことだけを、ちまちまと。





岩手のおばあちゃんち(正確にはおばちゃん)からりんごが届きました。

毎年毎年、ほんとうに楽しみにしています。

蜜が入っていて、歯触りもばつぐん。はきっと固くて、気合いを感じる。


大学4年のときは、卒論書きながら、研究室でせっせとむいて、

一緒にがんばっていたクラスメイトとビタミン摂取に励みました。

あと、指導教官のKタムラ先生にもおすそわけしました。(そでのした)


ほんとうにおいしい。

そして、毎年こんなにすばらしいりんごを味わえることは、

DNA的には100%岩手県産の自分が

ちゃんと北国の冬に愛されているような気がしてうれしい。

おおげさか。

でもすき。りんご。





このあいだ手帳を買い替えたのですが、

じつは、ちょっと、いまいちかなあと思っていました。

(ここ数年、吟味して買ったつもりなのにうっすらそう思いながら使うことが多くて問題)


ところが今日、クライアントの企業手帳をいただきました!

企業でビジネス向けの機能的なやつを作って、社員や取引先にくばったりするあれ。

黒無地にゴールドの角金。薄くてスリム、シンプル。
わたしの好きな、レフトタイプのウイークリー。


これがとっても使いやすそうなわけです…。

わたしの上司は、もう何年もこれを使っているといいます。


巻末がまた、しびれるわけです。路線図、みどりの窓口、旅行予約センターの案内。
ふつうに仕事上役立ちそうなにおいがぷんぷんします。

(というか路線図のデフォルメっぷりとうすい3色刷りが、時刻表の巻頭のものと同じで
 元18きっぱーとしては非常に胸が熱くなった。)


うーん、まだ今のうちだから、こちらに乗り換えてしまおうか…。
でも今までそんなことしたことないよ、さすがにもったいないもんなあ…。


「じゃあ、仕事用とプライベート用で分けたらいいやん!」

と上司が言います。


「プライベート用の方に書くことがありません…」



わたしは上司との間ではすっかり不憫キャラなので
「ミニスカートがはけるうちに結婚式に出たい」と言われていますが
上司は何年たったってミニスカートはけると思うしわたしは何年たったって…。




どうしてそう落とす。
壷屋が儲かる
2010年 10月 18日 (月) 02:02 | 編集
20100926_0007.jpg
好きな人がたくさんいて困ってる人の頭のなか 
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


ふははは 今日は会社に行かなかったぞ あした困るかもしれないぞ

いいや…。





唐突ではあるが、「ぐっときた壷」について書く。


今わたしは正真正銘のフリーなので、

アンテナの感度を調節し、ぐーんとハードルを下げ、

後学のために、けっこう何にでも「ぐっとくる」ようにセッティングされている。


このような状態の人が、「ぐっときた」ものを手当たり次第に

壷に入れて保存することは、この国の法律でゆるされている。(※ぐっときた法)


「ぐっとくる」は、事象そのものが重要なのであり、極端な話、対象は誰でもよろしい。

壷に入れて保存し、じっくりと観察、研究、考察をすることは、
自分の傾向をつかみ、今後に向けた対策を立てることにも非常に有益である。
たとえば今は、かなり何にでもぐっときているが、
同世代の男子に会う機会があんまりないせいか、壷の年齢には珍しく偏りが生じている。
これは極端な例ではあるが、わたしは今NHKBSでやっている、
1976年のバーンスタイン氏(収録当時57歳)の指揮とピアノにとてもぐっときている。
(先週もBShiでやってて見たの!超かっこいいの!!)


(こうやって壷の具体例をけむにまいている)


「ぐっときた」壷は、棚にならべて、肩肘をついて遠目に眺めるのがよろしい。
ひとつひとつの壷を、みだりに深追いしてはならない。それは壷でしかないのだから。


壷に入れて蓋をすることでいい具合に発酵が進み、
たとえば自分から発する「ぐっとこい」のために応用が効く場合すらあるのだ。
女子力の問題にかかわってくるけん、すごい難しいけどね!


同じ人物による「ぐっときた」壷ばかりが集まってくるようになったら、
それは言わずもがなである。
ついていた肘を伸ばし、新しい壷を抱えて目指す方向に走り始めるよりあるまい。


さて然るべきとき、つまり、ちいさな「ぐっときた」壷の蓋が開き、
中から王子さまっぽい人がばーんと登場したら、ほかの壷はどうするか。


だいじょうぶ、これまでの研究の成果は決して失われない。
しずかな月夜、蓋をとった壷を一つ残らず水につけてやる。
そうすればすべての壷の信管は抜け、処理作業はしずかに終わるのだ。


本当は壷なんぞちまちまとコレクションせずに、一発で恋に落ちたいところではある。


しかしいま棚に並べさせていただいている壷は、ひとつのこらず素敵だと思っている。

うまく言えんけれども、すてきです、すてきでした、ありがとうと声をかける。
ちょっと遠くから。





さて、ここに一枚のおみくじがある。
わたしは取材で神社に立ち寄ったら、ぜったいおみくじを引く。
いつも小吉とか末吉ばっかりなのだけど、先週はついに大吉を引き当てた!わーい!
しかも、今話題のパワースポットですからね!
小さな神社だし平日だったけれど、たくさんの参拝客でにぎわっておりましたよ!


さて念願の大吉。何て書いてあるかというと。


「少しでも我儘の気を起して色や酒に溺れるな」


…はい。


「縁談:多くて困ることあり 静かに心を定めなさい」



わー困っちゃーう。(棒読み)
虹と木挽
2010年 10月 17日 (日) 13:06 | 編集
print201008_0006.jpg
あかるさ 
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


寄稿いただいている先生の取材をアテンドした。
連載がはじまってから上司が担当してきたページの、代打であった。

最初は緊張したけど、会ってみたら、すごく素敵な方だった。
お顔を見て話していると、何だかとても惹きつけられる。
ぎゅっと強く明るいパワーがにじみ出ていて、60代とは思えない。
なるほど、と先生の人気の理由が分かったのだった。


そのページを撮っている人をわたしはとても尊敬している。

とても楽しく、いい取材だったなあ…と思いつつ、
再び空港まで先生をお送りする。高速道路を気持ちよく飛ばす青いプジョー。
カメラマンは車につないでいるiPodから石川さゆりを選んで、かけた。

いい曲だよねえ本当に、と言い合っていると
上機嫌の先生は突然、「あ、虹だよ」とフロントガラスを指差して言った。
ほんの少しぱらついた雨に一瞬差した西日があたって、薄い虹がかかっていた。
南国の道を飛ばしながら、「津軽海峡冬景色」の流れる車内で、虹を眺めた。

先生がお好きな曲をiPodに用意していたのは当たり前のことかもしれないけれど、
それは、純粋に楽しく過ごしてもらいたいという気持ちであり、
そんなのは仕込んだ本人がにこにこと話すのを聞いていればすぐ分かるのだった。


東京にいたとき、
某女優さんのCM撮影の控え室に、数十万の予算を割いて、
指定のブランドのタオルや千疋屋の果物、その他もろもろのグッズを
代理店の人たちが(恐らくやれやれと)用意していたのは垣間みたけれど、

なんか、心くばりは突き詰めたらそうなってしまうのだろうけど、
そうじゃないんだろうなあこの石川さゆりは、と思ったのだった。





山奥の旅館は、結果から言うととてもよかった。
古くてひなびているけれどそうじも行き届いていて、部屋にいると落ち着けた。

夜9時までの取材を終え、宿に引き上げてから飲もうとしても山奥ゆえ居酒屋2件に振られ
やっとこさ焼き鳥屋でお酒とご飯にありついた。

宮崎県の焼酎は20度だ、ということを初めて知る。
「木挽」(黒)をうすーくしてお湯で割りながら、
焼き鳥、シカ刺、もも焼き、枝豆、キムチでだらだらと飲む。

日付が代わり、ほどなく閉店になってしまったので、
残りを包んでもらい、ボトルをぶら下げて宿に戻った。
「1杯飲んでいくでしょう」と、それが1杯じゃないことは最初から分かっていた。
魔法瓶のお湯はまだあたたかく、途中でテレビの放送が終わった。

3時半まで、ひたすら誌面の話ばかりしていた。
プライベートについて語らない理由をわたしは知っているけれど。
ほんとうに誌面の話だけをおおまじめにした。

ものすごい大あくびでお互い我に返り、寝ましょうか、と解散。




誌面をもっとよくしたいって思っている。
わたしに代わってから、つまらなくなったとしたら、と思うと一番こわい。
ので、
ずーっとずーっと関わってきた、そして上司の仕事ぶりも知っている人と
ものすごく真剣に飲めたことで、いつもより少し意味深い取材になったなあ
と思った。





語弊はあるけど、


働く女子漫画の主人公に重ねてみたりするのすごいきらいなの、わたし。


ひたすらに眉根を寄せてひっしなだけだ。いい意味ではなく。





東京で、友達や年上のライターさん、書籍の編集をしている人と飲んだとき
(こう書くときみょうではあるが、みな同好の士であり、先輩だ)
理由は忘れたけど仕事のことで大泣きしてしまった。(最低)

「いや、確かに上手かないよ、上手くはないけど、でもね」

なだめるように優しい言葉をかけてもらったのだけど、
わたしはその続きをまったく覚えていないのだった。


カメラマンと飲んでてもちょっと泣いたけど、やっぱり何でか忘れた。
金曜にはみずいろの本を
2010年 10月 17日 (日) 05:06 | 編集
20101003_0002.jpg
酔っぱらってああしあわせな 会いにゆきます
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD400 / albus


今週も一瞬でござった

写真を2枚使いたいという理由でその今週を、2つのエントリに分けてみる


金曜は校了だったのに、上司は出張だし先輩は先約だし、他にも諸々で…

つまり、飲みに行けなかった。

そしたらすごく落ち込んでしまい、そのことに気づいて落ち込んでしまった。


わたしの週末の楽しみは、
金曜にチームのひとたちと飲みに行くことに集約されていたというのか。

ほかにはなんにもないというのか。と思って。



ものすごく、しんなりして帰って来たら、

テーブルに小包が届いていたのでした。


読みたかった歌集でした。わたしのTLでとっても話題になったあたらしい本。
購入したら、著者の方はすぐに郵送してくれた。
活版印刷で作られたというそれは、息をのむほどの美しさでした。

みずいろの美しい本を手にとって、じーんとしながら、
ああうまくできてるなあ、大丈夫にしてもらってるんだなあわたし、
と思いました。何かに。



きょうは歯医者のあと、中学の友達と車でマリナタウンまで行って
お昼を食べつつワンセグのホークス戦を横目に、どうでもいい話をたくさんしました。
ビュッフェのサラダ、熱々のマルゲリータ、お代わりし続けたカルピス。
食べ終わるころ、ホークスも無事に勝ちました。

夏にあった友達の結婚式二次会の写真ができたから、という理由で会ったのですが
彼女は家族が長期外出中で広い実家にひとり、わたしは慢性土日空っぽ病で、
おたがいなんだかよかったねえー、という話になりました。たのしかったー。


そして彼女は車で会社まで送ってくれました。ありがとう。

終電まで仕事をして帰りました。

正しい土曜日でした。
零連休
2010年 10月 12日 (火) 00:32 | 編集
20100926_0004.jpg
あなたのせいでも あなたのせいでも あなたのせいでも ありません

Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra 400 / albus



ぜろれんきゅう。



三連休が苦手です(笑)



自分のせいです。

きのう寝たせいできょう仕事がおわらんくて往生しました。

あしたから取材です。また遠くに行きます。
山のなかのふるい旅館に泊まるので(手配が遅かったわたしが悪い)、
また真夜中に、こわい!と騒いで書くかもしれませんね。



読書があまりはかどらない今日このごろですが

小川洋子「原稿零枚日記」、読み始めました。

悶絶しております。

小川洋子好きにはたまらない。

物書きの女性が主人公になることはたびたびあったと思うけれど、
この作中主体は今までで一番小川さんに近づけて書いているような気がします。

最初の章で、取材旅行先のひなびた旅館で小さな携帯ラジオを借りて
大真面目に「甲子園での対巨人三連戦」を応援しようとする。

それまでの流れからすると「なぜ野球!」と唐突に感じられるようですが、
小川さんは生粋のトラ党なので、読者は「出た阪神!w」となるわけです。





まだぜんぜん序盤なのですが、どうなるかとても楽しみです。

小川作品では「私」がほんのり奇異な世界と対峙する構図がよく見られますが、
今回、主人公もかなり危うい。笑

「原稿零枚」という結びには陶酔すら感じてしまう。





最初の章で「私」は、ラジオのチューニングがどうしても合わず、
阪神対巨人戦の実況を聞くことは叶わなかった。


そうです

ひなびた旅館はやっぱり、落ち着くときと怖いときの差がはげしいのです。

ああどうなる明日。
指の間から考えごとがこぼれて
2010年 10月 11日 (月) 00:30 | 編集
print201008_0005.jpg
そして海辺に吹きだまっていたようで 
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra 400 / albus


きょうはほとんど、寝ていました。
3連休のときって、1日はこういうふうにしちゃうんだよなー…。

そして仕事も残っています…。明日やろう。





このままいくとほんかくてきにすごい馬鹿になるんじゃないかと思う

それくらい思考が散漫です

インプットもアウトプットもはかどりません





金曜は12時に仕事を終えて車内誌のチームで飲みにゆきました。
おなじみのひとたちです。
びーるびーるびーる熱燗。はしごして屋台でラーメン。
帰宅したら7時で、弟が学校にゆくところだった。(土曜も授業)





デザイナーの先輩とはものすごく仲良しですが
酒飲んで喧嘩というベタなことをした。そしてすぐ終わった。
二人とも吸わないのに煙草を買って半分こした。
ふだんから吸う女性の先輩のライターを借りて。





近日中に大学の先生を訪ねたいと思う、
先週時間があればよかったのに激しく忙しくてむりだったよう。
来週から取材ウイークだからなあ。。。また延びちゃうのかなあ。





「担当になったら、早く歳とるよ」と、4月に上司はにんまり笑って言った。
月刊は、あっというまに1か月が終わる、気づけばとっくに半年たっていた。こわあああ!
近ごろの懸案は思考が散漫なことです
2010年 10月 10日 (日) 03:20 | 編集
print201008_0007.jpg

〈 野菜売るおばさんが「意味いらんかねぇ、いらんよねぇ」と畑へ帰る 笹井宏之 〉

Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8 / Fuji X-tra 400 / albus
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。