春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じわっと
2007年 03月 12日 (月) 02:44 | 編集
DSCN4172.jpg

木がギザギザにうつっているのは
解像度が低いからではなく、風で水面が揺れたから



「テーマごとに何冊も」と豪語しましたが
そんなことしてたらお値段が爆発するのでやめます。
もっと吟味を重ねて40~50ページのを1冊にします。

そして18センチ四方サイズも我慢してCDサイズに・・・ううう
でもそれは昔あんまり考えないで低画素数でガシガシ撮っていたせいもあるのよね。
画質も内容そのものも「そこそこ」という謙虚をこめてサイズ変更。


テーマ分けしていたものを1冊にまとめられそうなのは
自分の写真というものに一定の統一感らしきものが見いだせそうだからです。
どうも、女子の割には可愛い、キレイの率が少ない気がします。
今まではそれが悩みだったりしたんですが。

なんとなくシュールだったり
「ははは」と乾いた笑いが出そうだったり
つっこみを入れたくなったり、
良く分からないけど「じわっと」したり


そういう方向で頑張っていこうかなぁと思います。

一番難しいけどやりたいのが「じわっと」です。
涙が出るイメージではなく、なんか「じわっと。」




追記

相方のDS Liteをはじめて触りました。
ぷよぷよを買ったそうなので。
ゲーム無しで育った私がまともにできるのはぷよぷよと桃鉄くらいです。

夜ぐうぜんM原さんと会って3人でリンガー食べたときに
なんと先輩がうわさの脳トレを貸してくれました!!


脳年齢はかってみよう!

ということで、画面に出たじゃんけんに声で対応する(買ったり負けたり)というプログラムに
一生懸命取り組んでみたんですけども

なんか、しばらく音声を認識してくれないという現象が何度か起き

「えーこれ時間くったよ何歳になったんだろう・・・・」





52歳でした



そ、そんな!涙
スポンサーサイト
鏡の国6(水中廃墟)
2007年 01月 10日 (水) 18:52 | 編集
DSCN4530.jpg


夏に、噴水が綺麗になっていたとき

そのへんの昼顔とかひめじょおんをむしって浮かべました

すみません


1年生のころは毎日噴水から水が出ていた気がするんだけど。

週に1回だけ大橋キャンパスに来て

登校してすぐ元気な噴水が目に入って金曜日を実感して
工作工房から抜けて食堂で焼きたてパン買って
つなぎでフライパンの芝生に寝転がって
四つ葉を探してだらだらおしゃべり



変化めまぐるしく。もうすぐ3年生がおわる。


緑色のいきものがバンドを組んでスタジオで歌うCMが結構好きだったりする。
あの中身誰だっけ。
鏡の国5(むきになるほど悔しかったこと)
2007年 01月 05日 (金) 02:33 | 編集
DSCN6761.jpg


夕暮れ、UFOの大群



飛行機も鳥の群れも
夕暮れのこの明るさが生み出した絶妙な映り込みも
ありえない下の部分の映り込みも


すべて偶然の産物!


(サンデーサンの照明と、カメラの下においてたクリアファイルの映り込み)


こんな写真がとれて喜んでる私はだめでしょうか





映り込みが好きで「鏡の国」というカテゴリを作ってましたけど
なんか1年くらい放置してました・・・・・・・・・



こないだなんとなく手に取った
女の子向けの写真のムック本をぱらぱらめくってたら

水たまりに映り込んだ空の写真があって

タイトルが鏡の国でした。


その本が「デジタル一眼レフ」専門の本だったこととか
その本にのってる写真が全部カワイすぎてあんまり好きになれなかったこととか


そーゆうのもあるかもしれないんですけど

とりあえず悔しかった!


てへ!



でも鏡の国ってどうせアリスからパクっただけなんだけどね私。



わけあって写真にむきあおうとしています。
考えるよりシャッターをきる方がいいのかもしれません。
でも今のままじゃ全然自分の写真を自分で好きになれない。まったく。
だから会議でも「1まいで勝負しなくても」とか言い出すのかもしれません。
いろんなカメラに手を出したがるのかもしれません。


自分どうしよう。
このままじゃ考えてることが実現するはずもなく。


写真の雑誌の棚に行けばそれはもういろんなベクトルがあることにびっくりします。
それぞれのジャンルでフィーチャーされている写真達は
それはそれはもうびっくりするほど性格が違うのね。

だから「良い」の基準も違う気がしませんか?ねえ。

そんなことは関係なく「良いものは良い」んでしょうか

でも有名コンテストの入賞写真の良さは私にはよく分かんないんです。

そっちのほうが欠陥ですか?



でもまだ好きでいたいなあ。
鏡の国4(盛夏)
2005年 08月 16日 (火) 13:42 | 編集
お昼前にチャリで帰ってきた。
収穫はベストオブ夏の映り込み。

映り込みには飽きたなんて言って、自転車とめずには居られなかったよ。

きのうは徳島に帰省中の友達が、
阿波踊り会場の提灯の映り込みを写メって送ってくれたよ
ありがとう!

DSCN1897.jpg

川沿いの帰り道。

DSCN1907.jpg

入道雲!ちょうど風で水面が揺れた。

DSCN1910.jpg

葉っぱにはピントあわないわけで。



DSCN1902_2.jpg

わたしのチャリです。



DSCN1901.jpg

本日の会心の作。

DSCN1901_2.jpg

そしたらひっくり返したくなるわけ。
えーい!

映り込みの中でも、水たまりが好き。覗き込むと夢中になる。
鏡の国3(忘れたころに)
2005年 08月 06日 (土) 02:06 | 編集
DSCN1510.jpg

いつか夕焼けがすごかった時の。映り込みもすごいわけで。

DSCN1514_2.jpg

Kミンの服のお陰で色がすてきになった。

DSCN1528.jpg

アクロス

DSCN1569.jpg

A奈ちゃんが大増殖!

DSCN1590.jpg

食堂。たしかバグ会議中だった。まじめに会議でましたよ。

DSCN1594.jpg

指先の撮影風景on映り込み

DSCN1620.jpg

次郎丸駅。きれいだったなぁ。

DSCN1749.jpg

最近。再録です。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。