春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time-Trip SMN35-003 2009 03-04
2009年 06月 19日 (金) 01:28 | 編集
smn35_200903vns400_0001.jpg
江ノ島の展望台 灯りの粒がぷつぷつと光り出す時間 それにしても真っ青。
LOMO SMENA35 / Fuji SUPERIA Venus 400

ひきつづきタイムマシン・スメナ35による
「あーそんなところ行ったんやねー」的ツアー。


遠出のとき、よっぽどやる気じゃないと
G7(でかいデジカメ)とフィルムカメラを同時に持って行くのはしんどい。
だから、どこかに遠足したときの写真は、
おのずとフィルムの写真しか残らなくなる。
だから、ふだんブログにのる写真はデジカメばかりとなり、
つまり、ご飯と、花と、ベランダが延々と続くことになる・・・。

3月と4月の写真、お花見まで。

*
≫ "Time-Trip SMN35-003 2009 03-04" の続きを読む...
スポンサーサイト
Time-Trip SMN35-002 2009 01-02
2009年 06月 14日 (日) 04:29 | 編集
smn35_200901_ntr1600_0001.jpg

カモメの湾 LOMO SMENA35 / Fuji NATURA1600

このフィルムが入ってるときにスメさんはぶっ壊れ、数枚感光してしまいました。
へりが赤いのはそのせい。東京に来てから入院、暗箱にてフィルム救出、修理。
ソ連製トイカメは、治してもらう店を探すのに苦労しますよ・・・。


引き続きタイムマシン。

*
Time-Trip SMN35-001 2008 11-12
2009年 06月 14日 (日) 04:05 | 編集
smn35_200811_ntr1600_0001.jpg
実家の近所、紫の夕暮れ LOMO SMENA35 / Fuji NATURA 1600  

がんばりました

ためにためた、フィルム写真のスキャン 半年分・・・


量が多すぎたのと、時間がたって冷静になったことで
スキャンされて日の目を見る写真は、だいぶ厳選されて少なくなりました。
これは多分いいことだー。

スメさんが7本で20枚くらい
クラッセが4本で30枚くらい

ワークショップが始まってからはクラッセに専念してるので(貸出中は使い倒す作戦)
スメさんのは、今のところ今年の4月で止まってますが、
とりあえずスメさんとタイムマシンに乗って、今回は11月と12月のもの。

*
ペンギンドクターと、スメさんの入院
2009年 01月 08日 (木) 22:50 | 編集
20090108225001
なんとも頼もしいペンギンの微笑み。


ここ1年くらいのわたしの最強スタメンカメラ・スメさん(LOMO SMENA35)。

去年の春先に巻き上げレバーのつまみをぶっ壊しましたが、
がんばれば指で押して巻き上げられたので普通に使ってました。

が、なんだか巻き上げに異様な負荷がかかるようになり、ぐいぐい力を入れて回していたのですが
こないだついに巻き上げ部分の樹脂パーツを全壊し、
さらにフィルム巻き上げ途中でどうやっても動かなくなってしまいました!

樹脂パーツ、まるでクッキーみたいなもろさであった…。


さて。

わたしのスメさんは、ヤフオクで7000円代で手に入れた新品デッドストックだったのですが、
きのう自由が丘のABCで、同じデッドストックを見つけました。
が、なんかデッドストックはもうそんなに出回ってないとかで、12600円の値札が!ありえん!
そりゃ同じLOMOのLC-Aとかよりは割安だし、ネットではもう少し安いかもだけど、
こんなもろいカメラの中古はあんまり欲しくないし
てかこんな微妙な品をもう一回買うのは癪。笑
ならばなんとしても修理!!


カメラ本の巻末に載っていた中古・修理ショップリストを見て、
都内の有名店に片っ端から電話してみたものの、


「ソ連製のトイカメラ」


と告げると、


にべもなく断られる。


はいはいと話を聞いてくれてた店員さんが、
とたんに渋ーい態度に変わるのです。症状も聞かずに!そんな!
写りに関わる問題じゃなくて、物理的で単純な破損なのに!

なんかこの感じ、
110フィルムとかを持ってったとき、
キ○ムラのお姉さんがどんびきして
ベテラン店員に目で助けを求める感じに似てるなぁ
……。

どこに持ち込んでも無理じゃないですかね、みたいに言われたけどめげずに探した結果、
横浜のはずれのお店が、あっさり受け付けてくれました!神!


九段の事務所で仕事を終えた後、電車を乗り継いで乗り継いで、商店街をてくてく歩いて、
昔からやっていそうな、ほっこりした構えの小さなお店に到着。

感じのよいお兄さんが症状を聞いてくれて、
とりあえず暗箱でフィルムを救出して現像に回し、
あとは見積ということになりました。
直径が合うパーツさえあれば新品買うより安くはなるみたい。いくらになるんやろ。。
ついでに日付写し込みダイヤルがおかしかった110EDも入院させてきました。

ぶっ飛んだ見積じゃない限り、どっちも修理をお願いしようと思います。

受け取りに来るときに多分間違いなくスルーできないのは、
小さな店内のショーケースをびっしり埋めた中古カメラたち……。
みんな、わたしのこと見てたよ…!ドキドキ。(気のせい)


教訓!!

トイカメは、もろい!そしてなかなか直してもらえない!気をつけろ!!
時止まる辻
2008年 12月 22日 (月) 23:53 | 編集
smena_0039.jpg
step by step, forever and ever.
Lomo smena35 / Fuji SUPERIA Venus 400

おじいさんはステッキをついてました

すごくすてきだと思ったので
駄文は抜きで、そのままに
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。