春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少なくとも、私の友達にはいなかったタイプ
2008年 08月 27日 (水) 00:36 | 編集
さいきんガツガツ本を読んでて
たまたま最近読んだ本(男性作家2人、計3作品)にざっくりと共通する主人公の設定

・冷めて覇気のないハタチ前後の男子大学生
・どちらかというと受動的
・クラシック音楽に造詣が深い
・カタカナの作者の難しそうな本を読む
・さして興味はないけど、なぜかテクはある

これを、ちょー乱暴にくくってしまうと


インテリで覇気はないけど床上手。


読んだ本の中では
1960年代~2000年代まで、時代はばらけてるんだけど、
今も昔もこういう大学生はよくいるんですかね。。
理系の人は主人公になりにくいんですかね。森博嗣よむしかないわね。

まあたまたま続けて読んだ本がいくつかそうだったってだけで
かなり乱暴なくくりかたをしているのですが、

昔が舞台なら、なんとなく理解できる。
その時代に生きてないから雰囲気で納得しちゃうのかもしれんけど。
が、現代モノのほうで、この設定はなんというか腑に落ちません。
なんか、ずるいような気がするなー。うまく言えんけど。


ちなみに「少女漫画にありがちなこと」なら多分もっと列挙できそうです。
これはもっとくわしい女の子とやると、きっと盛り上がります。
いつか飲みながらしましょう。



次回、考察カテゴリ予告

「クラシック着メロの法則」

そのうちいつか。
スポンサーサイト
バッカス信仰!!
2008年 08月 25日 (月) 23:18 | 編集
IMG_3665.jpg
もういなくなったけど、2週間くらい前にとなりのビルに居たんだ
朝1匹いるのみつけて、あとで写真とろうと思ってて
昼通りかかったら2匹に増えてたんだ



よのなか給料日。今月も糧に感謝。

土曜日は講座行ってアジ美に「好青年」を観に行って
そんで某先輩が好青年で帰ってきてたので
神カップルとHi-Fでお酒を飲みました!!!

卒業してから大橋で飲むときはHi-F(はいふぉん)率が高いです。
料理もお酒もハズレがなくて、しかもコスパがよいのです。
500円のカクテルは700円と言われても納得します。
だから、安い居酒屋で、そこそこのお味の料理をガンガン頼んじゃって
アレ意外と会計高かったねー、みたいなことにはならず、
たとえば今回みたいに一番ちょうどいい3人の場合、
4皿頼んでちょうど良く飲んだら3000円割り込む感じです。

料理がゆっくりでてくるお店なので
あとはお通しの揚げマカロニをつまみながら
延々おしゃべりしてればあっというまに時間がすぎます。
本当にたのしかったです。
最近、私の参加する飲み会はうんと減っているけれど
それでも格別に楽しいものが続いているので
お酒の神様に感謝します。信仰します。あがめたてまつる。

私の記憶の中の、プレス部屋でふたりでいるときの姿はもう3年くらい前のもので
でもふたりのやわらかい雰囲気は今もあまりかわってなくて、うれしかった。しみじみと。

私だけ4杯も飲んだのに、割り勘より多く払ってくださいました。
またいつか飲みたいです。


あ、酒の話しかしてないけど
「好青年」は、私自身がよくも悪くもこの分野から(光速で)遠ざかりつつあるので
鑑賞者寄りの視点ですなおに楽しめてよかったなあと思います。
(うえー、これどうやって作ったっちゃろー大変そー
 みたいなのがないからストレスフリーでたのしい)
ひとりで行ったのもあるけど、個人的には参加よりもおとなしく見るのが好きで、
そういう作品の前には尺まるごと分、何分も長居していました。


今すごいハイペースで読書してるんだけど初挑戦の村上春樹で挫折中。
読みやすくてどんどん読めるんだけど、よくわかんない。
やっぱあたまわるいんかな私。
世の中に広く受け入れられた超メジャーな作品でつまづくと絶望するよね。
要は、なにかのビームだろう
2008年 08月 21日 (木) 23:09 | 編集
IMG_3673.jpg

えーとですねー。
これはお盆ちょっと前、日没時の東の空です。つまり夕日とほぼ真逆の位置。

なんでしょーねーこれは。地面から何かが出てますね。
誰かえらいひとが生まれて天上天下唯我独尊って言ったよ的な知らせ?

レンブラント光線みたいだけど光源とは真逆だからもちろんあり得ないし、
雲が風で放射状にほぐれたのかもしれないけど、
それにしては定規でひいたみたいにまっすぐよね。

少しずつ空が暗くなるにつれて、変な線もいつのまにか消えました。

正体が分かる人いたら教えてください。


夏の夕方は、空のイベントがおきやすい気がして好き。
今年の発見実績は、虹2回、彩雲1回、あとこの謎の何か!

そういえば今年、ぜんぜん台風が来てないのはなぜ。



帰りに丸善で本を大人買いした。

最近気づいたんだけど
私はジュ○ク堂が本屋としてあんまり好きではない、と思う。
きのう仕事で血眼になって本を探してたとき、
助けを求めた店員さんの対応にゲンナリしたから急にそう思ったのかもしれんけど。

あの店にいけば、必要な本は必ずどこかにはあるんだろうけど、
並んだ本がみんなよそよそしくて、あんまり「ねえねえ」って言ってきてくれん気がする。

紀伊国屋とか丸善、もしくはツタヤがすき。
文庫がフレンドリーにたっぷり平積みされてる眺めはハイになれる。



昨日と今日、帰宅してからの行動が

ご飯→ピアノ→アイスコーヒ-(アイスつき)→お風呂→ブログを書く

までまったく一緒だ。こえー。

それにしても夜更かししなくなった。
4時5時あたりまえだったのに、今は1時にはほぼ絶対ベッドにいる。私えらい。
1年かけて、私は寝ないと仕事中地獄を見るタイプだとちゃんと学習したのですね。


今日アイスコーヒーに浮かべたのはスーパーカップのバニラ。
しかし、こいつは速攻で溶ける!!!

両親の研究によると、一番向いてるのは「爽」のバニラらしい。
氷の粒が入っているから長持ちして、コーヒーと合わさったときの食感がすばらしい、
のだそうです。
残暑のりきる つけアイス
2008年 08月 21日 (木) 00:41 | 編集
残暑厳しい折、貴社ますますご清栄うんたらかんたら、

仕事で書く手紙には書いていますけど

今日は出勤のときも、帰りも、涼しかった!
気温もそうだけど、空気が少し軽かったような気がする。

お盆休みが終わって会社に行くようになって
もう何人か、ブーツをはいている人をみかけました。
そわそわ。


とはいえ私は蒸れたりしそうで恐ろしくて、まだブーツには警戒心を解けない。
まだまだサンダル(修理を重ねて3年目)で乗り切りたい8月、
最近のたのしみの一つは、
お父さんがいれたアイスコーヒー(小山珈琲)に、
スーパーカップとかの安いバニラアイスを浮かべて食べることです。
とけたアイスがコーヒーの苦みとちょうど良くなじんで、
ミルクもシロップもいらない。アイスすくいながら飲んで、至福。


しかし今日は、棒アイスしかありませんでした。


IMG_3911.jpg



やるしかないでしょう。



IMG_3912.jpg


つけアイス。



IMG_3913.jpg

おいしかったです。
アイスコーヒーが棒アイスの表面で凍って、パリパリの層をつくるのがイイ。
おすすめ!
でも条件としてはやっぱりアイスコーヒーがおいしいことが大事だとおもいます。


夏が終わりかけるとそわそわするけど、
今年は旅行中に夏をやりきった感があって、そんなでもない。
なぜか海のない県ばかり行ってて、ぜんぜん海に行けなかったなーというくらい。

旅行の前日には、地元・あんどん祭の花火もしっかり見た。
(しつこいけど、あんどんへの参加は春日市民の義務です!)

浴衣だけちゃっかり着て、近くの道路から見た。近所やけんね。
最近では会場の春日公園の木がもりもりと高く育ってしまったため、
公園内の芝生に陣取ると、かえって見えないのです。
一番近くの屋台でたこ焼きだけ買って、あとは人ごみからも距離をおいて、
このイベントのおいしいところだけををいただいた、と思う。
大濠とかの大規模なものに比べて、45分で終わっちゃうところもちょうどいいよねー。


あとは、焼肉さえ行ければこの夏に悔いはないぜ!
なぜかここ1ヶ月くらいずっと、焼肉に行きたいと漠然と思っていました。
せっかくビール飲めるようになってきたのだから、
やっぱりいい季節に最高のシチュエーションで味わいたいじゃないか!!
給料出たらいい肉食べにいきたい。
かもめは白いほど良い/ペンギンは偉そうなほど良い
2008年 08月 18日 (月) 00:55 | 編集
IMG_3881.jpg

勢いで、長崎に行ってきました。

きのう帰宅して、
昼寝と洗濯と部屋の片付けと家族で晩ご飯(手巻き寿司)とピアノ
を一通りやってしまったら、なんかすることがなくって

1週間アクティブに動き回っていた私は
反動でのんべんだらりとナマコのように過ごすと思っていたのに
なんだか意外にも動こう動こうというポテンシャルがあったので使うことにしました。

とはいえ寝坊したのでついたのは13時半でしたが。

行きのかもめ(白くない)での2時間、
ひとりで思索を深めるというアレができたので、なおよろしかった。

某N高校の呪いがかかっている私
なんでだか長崎出身の人と縁がある


もう何度も行ってて観光地はひととおりつぶしているので
まぶしい若葉の印をつけた車で坂道絶叫アトラクションコース

ペンギン水族館はスルーすることができません。
私、動物園に行っても水族館に行っても結局見たいのはペンギンなんです。

デジカメであんまり無駄なシャッターを切らなくなっていたのに
今パソコンに取り込んだら水族館だけで60枚以上あって自分に引きました。


帰る間際に大きな教会に寄った。
観光地化した歴史ある古い建物ではなく、
信仰の容れ物として今も生活に根ざし、揺るぎなくそこにあるもの。

人気のないエントランスの階段に腰掛けていたら、今年初のツクツクボウシが聞こえた。

「十分あそんだでしょ、そろそろいいんじゃないの」

と、言われた気がします。ああ、夏の店じまいの音。


明日は絶対浦島状態からの仕事なので、ちょっと早めに出社しよー。

あとはペンギンの写真です。

大人になっても多分やめられないこと
2008年 08月 17日 (日) 01:21 | 編集
IMG_3681.jpg
朝の光にきらめくサイダー♪
ふんふんふー♪

福岡を離れていた私。今朝戻ってまいりました。

今回も毎度おなじみ18きっぷのお世話になったのですが、
いままでの18きっぷ旅行は、

空いているローカル線でボックスシート独り占め、
そして車窓の知らない景色をぼんやり眺めつつ、ひとり思索を深める

ということに醍醐味を見いだしていたようです(ということに今回気づいた)

が、今回は1人ではなかったので別に思索が深まったわけでもなく
こと細かに全部書くのはつまらないので箇条書き形式でザーっとまとめてしまいます。
写真はとりあえず、挿絵代わりで。
オフィス街と熱帯雨林
2008年 08月 09日 (土) 00:33 | 編集
IMG_3670.jpg

ものすごい雷雨が去って、変な色。 勤め人らしい写真のような気もする。


今日は盆前の大掃除でした。
買い出しを頼まれていた私は、午後のとんでもない大雨にやられてしまいました。
外に出た時点で、晴れているのに雷鳴が聞こえるシュールな天気で、
これは絶対降る、降り出したらえらいことになるぞ、と
すごく急いだつもりなのですが、店を出るときにはもう滝のような雨。
負けた・・・。と思った。

会社周辺のオフィス街はものすごく水はけが悪いので、すぐ川になります。
はいていたコットンのベージュのパンツは、
毛細管現象(あってんのかな?)でものすごく雨水を吸い上げて太ももまでぬれた。

家の近くでは雷が落ちまくって4回くらい停電したそうです。くわばら!!


今、一人じゃないけどディレクターとしてかかわっている物件があります。
つまり今やってる重い仕事はこれなのですが。
やっぱり取材と撮影とダンドリとテープ起こしと原稿書きが好きです。

来週月曜に全部の記事と写真とイラストがそろうので、
それを全部デザイナーさんに投げて、その夜、待ってましたとばかりに旅立ちます。
この絶妙なスケジュールは、
旅立つ夜の「ばいばいきーん」気分を盛り上げるために
計算ずくでお膳立てされていたものなのではないかとさえ思えてくる。


家のPC環境がかわってイロイロ放置していましたが
よーやく写真関係の環境を整えました。
久しぶりに写真をのせたら、なんだかほっとしたわ。

スメさんでも撮ってるぜ。
でも、こないだ巻き取りのパーツを壊してしまったので
耳かきを使わないと、フィルムを取り出せない。
インターンシップのきせつ
2008年 08月 04日 (月) 23:31 | 編集
わたしの駄ブログを読んでいる3年生がどれだけいるのかは分かりませんが
今年のカリキュラムから授業でインターンシップをとれるようになったのだそうです。

うちの会社も今週から受け入れスタート!
私のチームには今年は来ないらしくて寂しいのですが、
隣のチームにきてた、学校で同学年やったM1と出会いました。笑
じつは前夜の後輩が来るのも知ってるんだ・・・当日びっくりするかな♪


私は
2年生のとき、今働いてる会社でインターンを体験し、
去年の夏は同じ会社で学生アルバイトとして
いろんなインターンの子たちに接しました。

たったひとつの会社での例にすぎませんが、その上で
思ったことを書いてみようかとおもいます。ややまじめ。
もし大学3年生が読んでたら、参考までに!

○社員さんには積極的にからんでも大丈夫だと思います。
 空気読んだ結果次第やけど。
 仲良くなっていっぱい仕事ふってもらいましょう。

○時給が出ない所が大半だと思います。
 「タダ働きかよ!」ではなく、
 「貴重な体験してるぜラッキー」という気持ちでがんばりましょう。

○ポートフォリオはもっていくとどの会社でもみてもらえると思う!多分!
 が、期間中ずっと自己アピールに終始するのは、あんまりおすすめしません。
 仕事の邪魔になるほどのアピールはひかえましょう。
 するなら、働きぶりとか気配りのほうがよっぽど好印象を与えられます。

○「つまんないかも」「この会社微妙かも」「私のやりたいことこれじゃないかも」
 と感じたとすれば、それは、春からの就活本番できっと役に立ってくれると思うのです。
 だから期間中、絶対何かしらのものは得てやる!というつもりでやり抜きましょう。

○だから、途中で帰ったりしないでね。(去年いた笑)



大きい会社だと事情はいろいろ違ってもっと好条件なのかもね。
なんだかんだで私はすごく楽しく5日間を終えました。


どんな体験が得られるかはきっと自分次第だと思うのです。
なるべく楽しむ!めいっぱいかわいがってもらう!つもりで食らいついてね。

そしてなるべく会社の悪口をその日にネットで書いたりしないであげて。涙 
(去年…以下略)


この夏、全国津々浦々へインターンにいく後輩たちよ、がんばるんだよ!
とってもせまい例での話しかできませんでしたが、応援しております!!
シーソーと五里霧中リターンズ
2008年 08月 04日 (月) 23:13 | 編集
仕事がアレです!

暇なときもあるのに今週は物件かぶりまくりの鬼スケジュール

8時に出社したのに、ピアノのレッスンギリギリの7時半過ぎまで残ったのに
めんどい作業がおわらず。。明日も早起きかい!


私は来週の月曜の夜、夜行列車で会社から脱走します

なので今週+月曜定時まで、何が何でも全部終わらせて
社会とつながるすべてをぶっちぎってカタルシスなディパーチャーをキメてやります


言い過ぎ。笑

先週まで仕事がウツだったんでその名残です。 忙しいとウツは同義ではない。

旅先で、会社から電話かかってきても無視しません。



大事なおしらせ

東京行くの、多分延びます。

今受けてるS伝会議の某講座、終わるの11月半ばらしい・・・
申し込む前の暫定情報だけをすっかり鵜呑みにして
9月末にキレイに終わると思ってました。
今までその思い込みのまま普通に過ごしてきた私が阿呆なのは言うに及ばず。
上司もびっくりよ。ふふ


どんな嘘ついて前夜祭の日に有給とろうとか考えなくてもよくなるかもなー
ピアノの発表会にも出れちゃうかもなー
けどよく考えたら社員昇格も延期だなー 笑
日記を読書記録に置き換える
2008年 08月 03日 (日) 01:09 | 編集
最近しごとがアレで腰すえてブログかく時間がなかった。


またレビューでお茶を濁します。




ショートトリップ/森絵都

旅にまつわるショートショートを40何編か集めた短編集。
森さんの笑いのセンスはちょっとシュールでとても好きなのですが
この本はそのシュールよりに振り切れた感じがすごい。

ショートショートといえば、星新一。
あの人の話は短い中でガッツリ落としてくれるどんでん返しが特徴ですが、
この「ショートトリップ」は4ページ(1編)に1回おいてけぼりにされること請け合い。
オチが謎だったりオチてなかったり
最後の最後で「いやいやいや!」とツッコミを入れたくなったり。
ずっと怪訝な顔で読み進めるものの、
なんか好きと言えてしまう妙な魅力と愛嬌のある1冊。


アルゼンチンババア/よしもとばなな
いろんなよしもと的エッセンスがバランスよく入った小品。
熱量、分量ともにそんなに大きな規模ではない。
たぶん製作の意義は奈良美智さんのイラストレーションとのコラボにあったのでしょう。


漢方小説/中島たい子
妹に借りた。ことしの集英社文庫のナツイチの帯つき。

深刻な体調不良を抱え、病院をたらいまわしにされるものの
原因どころか病名もつかず途方に暮れる主人公、みのり。
彼女が最後に訪れたのは、高校時代に少し通ったことのある漢方医のいる病院だった。

彼女はそこで、若い(そしてちょっと魅力的な)漢方医に出会う。
中医学の考え方により「あなただけの病気」と診断され、
漢方の力で回復を目指していくうちに
自分自身、そして自分を取り囲む状況と少しずつ向き合うようになり、
今まで見えていなかった問題をひとつひとつ咀嚼していく。

この作品は、もともと放送作家、脚本家であった作者の処女作のようです。
そこから考えても、
多分この「脚本家・31歳」という主人公は自分自身をモデルにしたものだと思う。

全体を通してドラマチックなムーブメントのあるお話ではないかもしれないけど、
比喩とか細かい言い回しなどのひとつひとつの文章表現が独特でおもしろく、
それだけでハマって読めた!
たぶんユーモアをたっぷり含んだ文体のおかげで、
どうせ31歳で独身で、といじけたりもする主人公が、
卑屈に見えることなくチャーミングに感じられます。



読書は秋というけれど、文庫本のキャンペーンがあるのはそういえば夏だよね。
今年はいっぱい読みたい気分なのでまだまだ読みます。
部屋の片付けでたくさん図書カード出てきたから全部つぎ込みます。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。