春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルガリーの羊は鼓笛隊を夢見て
2009年 05月 30日 (土) 04:04 | 編集
バドミントン選手の活躍に憧れてセパタクローを始める人

・・・いると思います。



豪華客船から投げ込まれた美しい浮き輪を
食い破って深海に沈むくらいの気概がほしい



母がM印のファミリーセール券をくれたので、
私の部屋に、ふたたびインフラ拡充期がやってきました。
というか、限られた一人暮らし期間を楽しむのなら
あんまりのんびりそろえていっても、もったいないですもんね。
こないだは誉れ高き旗艦店・有楽町店まで遠征しました。

さすが日本一!すげー、でかかった・・・!!

狙っていた1.5シーターのソファは
実物を見ると奥行きがありすぎたので、M印で買うのは断念。
結局、買ったのはかごとかスリッパとかです。笑

ソファほしいんだけどな・・・。夢で終わるのかしら。
来年実家に戻るとき、家具家電の大半は人にあげちゃう気がするけど
ソファはもし買ったら、実家でも使うんだー!(そして多分猫まみれに。)

部屋っていつ完成すんのかな。
そして増え続ける本をちゃんとしまう場所作れんのかな。
いつの日かまた片付けられない女に戻ったりしないかな・・・・・・!!



会社で、女の先輩と
「部屋のインテリアとかをせっせと拡充に励むのは、もてたいから?」
という見方について話していたとき、聞いた話。

「男友達で、そういう人おるで。
ふっかふかのカーペット敷いてあんねん。
女の子が思わず寝転んでしまうような・・・」

な、なる程!!
これぞアフォーダンス・・・!!ごくり。
女子がふかふかしたものに弱いのは間違いないぜ。



明日は、先輩の撮影リハの手伝いです。
なんか大学生のときみたいだけど本当です・・・笑

でもお天気次第なので、雨だったら朝連絡がくる。どうなるんだろう。

遠足の前の日、天気予報が雨で、てるてる坊主とかつくっちゃって
「あしたの朝、学校から電話かかってきませんように!」って
思いながらそわそわ寝る子どものようだわ。


否、
子どもは4時なんかに寝ない。
スポンサーサイト
ふにょふにょ不如意/Sence of Wonder
2009年 05月 29日 (金) 02:25 | 編集
雨です。

退社後、一番年の近い先輩と、会社の近くでラーメンを食べて帰った。
博多のお店をのれんわけして長いこと続いてる店で、
出てきたラーメンはまぎれもなく博多ラーメンでした。

でも久々で「カタ麺で」と言うのを忘れた上に、
ここの麺はのびやすいみたいで、
ふつう麺で頼んだら、あっというまにふにょふにょになってしまった。
バリ固くらいでオーダーせないかんばい!!

辛子高菜を入れるのを知らなかった先輩に、私のトッピングを半分提供。
あと、「一○堂」の福岡における微妙なポジション
(平均的に好まれるけどフェイバリットにはあんまりなり得ない感じ)
についても解説してあげた。


先輩は年が近いだけあって「早く帰りたいですね」とか
こそっと言えてしまう感じの距離感なのですが
なんか人に本音っぽいものをしゃべらすのがうまくて、
今日もいっぱい誘導尋問されてしまった・・・。
あの技術はなんなんだろう。盗みたいけど、術にかかったときはもう遅いわけで。



外でご飯を食べてしまったことだし、徹底的にルーティンを崩したれと思って、
考えごとをすべく、商店街のスタバに寄った。
2階のカウンター席(再び)でぐにぐに考えていたら
やっぱりよくない方向にいってしまう。この、へたくそ!(考えごとが。)


スタバを出てから雨のなか、
戻しすぎたワカメのように輪郭を失いつつよたよたとマンションにたどり着くと、
例の箱の中で、密林よりの使者が不敵な笑みを浮かべて鎮座し、
私の帰りを待ち構えていたのでした。

「おとといの欲望をお届けに上がりましたぜ」

現代の便利に生かされているわたし。あと2歩でゾンビだったわ。


IMG_4793.jpg

というわけで、ほむらさんへの耽溺をいっそう深める。
「文藝」最新号はほむらさんの特集!

穂村弘×谷川俊太郎の対談の中で、
ほむらさんが使った「シンパシー」と「ワンダー」という言葉が、
わたしが常々こねくりまわしていたあるジャンルの好き嫌いを
あまりにも鮮やかに切り分けてくれたので、
驚嘆のあまり「そうなのかー!」と叫び出したくなりました。まさにワンダー。


私のおーざっぱな解釈では

ワンダー   感嘆、なんか分からんけどなんか好き、魅了されてしまう感じ

シンパシー  感動、共感、分かりやすい、泣ける など


となると、私は明らかに「ワンダー」の方を熱烈に信奉しているらしいのですが、
その姿勢には、「シンパシー」のもつ普遍性や人として当たり前の優しさを
全部とりこぼしているのではないかという不安がつきまとうのです。

でも、この両者の間には対立軸は存在しないと思いたいし・・・。

何よりも、私たち受け手のところまで届く「ワンダー」は
しっかり普遍性を獲得しているからこそなのよね。だから本とかになるわけで。



ああ意味不明になってもうた。


「ワンダー」の感覚を研ぎすましていったら、
なんかすごいなにかこう・・・・うーん!!!


頭で星がちかちかしとるばい。
もうちょっと読んだら寝よう。



今、耳にくっついて取れないほむらさんの歌。


〈 「酔ってるの?あたしが誰かわかってる?」「ブーフーウーのウーじゃないかな」 〉


これって、酔っぱらった彼氏が彼女に電話をかけたの?
それとも、彼女が電話をかけたら彼氏が酔っぱらってたの?
結局、どっちでもいい、が答えなの?
そういう貴君がアルデンテ
2009年 05月 28日 (木) 03:34 | 編集
IMG_4720_20090528025647.jpg
よく熟れたトマトのエッジがつんつんしてくるんです。


なんで台所の写真が不穏になるのか。


台所、今日買ってきた重曹で、
鍋やかんシンク排水溝、全部けちょんけちょんにしてやった!
やりだすと止まんなくて、気持ちよかったー!

が、排水溝のバスケット掃除の詳細は筆舌に尽くしがたいのでやめておく。
ぬゆぬゆしたものは、ためてはいけない・・・。




帰り道、どうううしてもトマトパスタが食べたくなって
家でトマトソースの一人分とかしゃーしいだけなので
商店街のパスタ屋さんに入った。
2階のお店で、通りを見下ろすカウンター席があるのが見えていたので
ひとりでも入りやすいかなーと思ったのです。


お客は一組だけだった。若い男の子と女の子。
男の子はだらっとした格好で、
女の子は明るい茶髪で、服装はまさにキャンキャン系であった。


聞こえてきた話から察すると、

彼らはどこかの大学2年生で、同じテニスサークルの友人同士らしい。


「新歓でマジ金ないんだけど」
「グループでつるみたがる1年生の中に入ってくのしんどいよね」
「てかうちらも去年は絶対そうだったけどさー」
「なんか、今みんなモチベーションさがってるっていうか」
「テニスの練習は大好きだけど、人間関係でごちゃごちゃしてくるとねー」
「4月にやる気モードになって、今はちょっと停滞期なんだよみんな」



若 !!!



わたしが気になったのは、
男の子が、同学年の女の子に対してめっちゃ上から目線でしゃべってたことです。
それが標準語なもんだから、私としてはものすごーく耳っていうか鼻につきました・・・。


先週末も、下北沢のカルディ(世界中のめくるめく食材をあつかってるお店)で、
118円のホールトマト缶に食いついていたら
これまた男女の会話が聴こえてきて、

「パスタ家で作るときはさー、塩とオリーブオイルで9割決まるから。これマジだから」

と、男の人が連れの女の人にすごい通っぽい自論を披露していて、
近くで聞いてたわたしは、なんか脇腹のあたりが、むずむずむずした。

その人が家庭におけるパスタ作りを極めてるのは本当かもしれないけれど

・・・なんか、自分には、
「えーそうなのーすごーい」的な高いリアクション返せない感じというか!


男の子ってみんなそんなにえらそうだっけ?

それとも、東京の男の子が、っていうことなのか?

私は東京の大学に行ってたら男友達できんかったんじゃなかろうか。




標準語の話題ついでに、

私は東京にきて敬語でしゃべってればそれは標準語だと思ってました。

会社の先輩たちと方言の話になったときに、私が

「長崎とか鹿児島はイントネーションが違ってなまってるけど、
 福岡は単に方言を使ってるだけでなまってはない」

と自信まんまんに主張すると、

「どの口が(笑)」


と、失笑されました。


イントネーション、違うらしいよ・・・!
指摘された今でもぜんぜん分かんない。由々しき事態。ショックだ。笑



ちなみに

冒頭の店で出てきたパスタは、

おいしくなかったです・・・。

アルデンテを越えてバリ固で、

半分過ぎたくらいにちょうどよい食べごたえになった。




ああ、ポモドーロ行きたいっ!!!
女神の凱歌と苦笑い
2009年 05月 27日 (水) 02:40 | 編集
穂村弘に完全にはまり、むしろ鯉なのではというレベルではまり、
密林の沼に、何人もの英世氏を浮かべることとなった。ぷかーん。

だって本屋だと見つからないことが多いんだもん・・・。



いわゆる「女子力」の低下は、21世紀にノストラダムスをも召還する。
すくなくともわたしは、召還できる。
だからときどき、とつぜん思い出してがんばってみる。
かわいくなりたいなあとか思って、こそこそと何かにいそしむ。

ほんとはこれ、楽しいのにねー。

でも1年の9割はさぼってるよねー・・・。



最近の自己分析

打っても響かないものはすぐあきらめる

打ってちょっとでも響いたらめっためたに鳴らしつづけたがる

鳴かぬなら転がしといてもいいですかホトトギス。


そんなわたしですから、
呼ばれてないと思ったら全力で敬して遠ざける。数学とか。

慟哭と落涙とともに数学ⅢCを解き大学に入りましたが
今ではすっかり、
「○年うまれの人って今何歳」とか
飲み会の割り勘の暗算とかができないエセ理系学部卒となりました。
そう、無理系です。

呼ばれてないところにぶつかって血を流す根性がないの。




いろんな人がいろんな遠くにいるから、

最近、むだに遠くばっかり見ている



遥かなボイジャーに敬礼を

ハッブルに最後の目薬を

シリウスの首筋にキスを




たまには超絶意味不明タイトルの解説をしますと

たんなるレトリックだったり逆に重めの隠喩だったりする日もあるけど
いちおう本文からの連想ゲームとか比喩っぽいものにすることが多く
たとえば今日のは、
こないだトリンプのバーゲンに行ったことに関係あります(笑)


百貨店の催事場であるやつ、初めて行ったよ。
めくるめく女の猟場。静かな興奮のるつぼ。上下バラバラ神経衰弱大会。
どのワゴンの前に立つかで自分のサイズを宣言することになってしまいますが
そんなの一瞬でどうでもよくなってしまう。おそろしい場所である。


GWに高校の友達と集まったとき
トリンプのおねえさんをやっている友達がいて色々聞けたんだけども、
バーゲンに行った後、洗濯のしかたをメールで聞いたら
すごく丁寧におしえてもらえました。ありがとう!

で、

まじめな手洗い、いつまで続くかな・・・笑。

あっ、指の間から、なけなしの女子力がこぼれおちてゆくよ・・・!!
ホットケーキでふたをする
2009年 05月 25日 (月) 02:56 | 編集
IMG_4728.jpg
このあと、4つに切り分けられて、半分食べて
のこりは冷凍されたらしい。そして早くも次の日に解凍されたらしい。

今ホットケーキ食べたくなったので載せました。


ちなみに、きのうの夜に作ったカレーは
新玉ねぎと、じゃがいもと、にんじんと、牛すじ肉
という王道コースを歩んでいましたが

IMG_4790.jpg
(ここまでは・・・。)

作りすぎた上に、最後にはちみつ入れすぎてサラッサラです。
つかみどころのまったくないサラッサラです。
葱をよくかんで食べる鴨/隠喩の森に眠る
2009年 05月 25日 (月) 02:08 | 編集
IMG_4781.jpg
強風の金曜、夜が始まって雲がびゅんびゅん Canon Powershot G7 / ISO200 Tv:8秒



手に入れた「綿の国星」の選集版は、初版が24年も前でびっくり。
日曜の夜、「日曜日にリンス」の中でチビ猫が雷雨にあうシーンを読んでいたら
窓の外にもすごい雷雨がきた。こっち来てから本気の雷は初めてかも。



アマゾンの獲物、その2。

ほむらさんはじゃっかん変態だけれども、

「にょっ記」(エッセイっていうか嘘日記)
「求愛瞳孔反射」(詩集)
「ラインマーカーズ」(ベスト版歌集)

わたしは穂村弘を好きになる運命にあったのでした。


好きなものはつながっている。
ほむらさんのデビュー歌集の帯文は、大島弓子に書いてもらったらしい。



エマールで、大量のマフラーとストールを洗った。
「フレッシュグリーン」の香りらしい。いいにおいだから好きだ。
カーテンレールに、ずらりと並べる。
森の香りにいやされて眠るつもりになってみよう。


「間柄という言葉の何とゆかしき事か」


雷鳴が、海を渡りませんようにと、遠くから案じる夜
怪傑もやもや団の暗躍と栄光
2009年 05月 23日 (土) 21:16 | 編集
・帰宅した会社員をときめかすのは
・魔法の箱に届けられた、密林からの親書
・ワンクリックコンシューマーは計画的に!


・クリームチーズのカップに間違ってジュースを注ぐ
・グレープフルーツ風味の残り半分


・天気がいいのでワンピの下は半袖
・最高に爽やかなワークショップに、最凶の二日酔いで参加。
・(どうかと思う)
・コンディションはひどかった、でも、やっぱ楽しかった!!


・今日仲良くなった人との帰り道、ハタチの子と、私と、30代のおねえさん
・カメラとは関係ない、恋愛と仕事について盛り上がる
・ゆういぎで、おもしろかった
・やっぱり就活のアドバイスはできない私


・ひもんや公園のボートは交通整理が必要
・やっぱり花とかはうまく撮れない私


・じぶんの部屋が好きだ
・いつも同じのばっか聴いている
・カーリージラフ、ロージーブラウン、ホセゴンザレス
・1メートル10センチのソファが欲しい
・カーテンの隙間から滑り込むマジックアワー
・推定7畳半を満たす親愛の情


・母にメール
・「2ヶ月前に冷凍した肉でカレー作っても大丈夫でしょうか
・「だいじょうぶだとおもうよわたしはつかうよ
・というわけで今からカレーをつくる


・輝かしい成功のうちに、キャンペーンは幕を下ろす
・長年にわたる分析と鍛練のたまもの
・もやもや団のもたらす世にも珍しい果実
・愛を描くためには、世界中で買い占めても足りない絵の具



・わたしは元気になったらしい
・感無量らしい
・ほんとに、よかったね!!
花火思想/雑念パンデミア
2009年 05月 22日 (金) 12:10 | 編集
花の名前を入力したら、会社のマックがたたき出した変換。
ことえりー!


妹が、配属が決まる前の日に
「配られて、属されるんよー」
と、言っていた。
そうすると、出向中の私はさしずめ
出されて、向かってる、ってことですよね。



どこへ・・・!笑



都内で患者が発生して以来、
ワイドショーがずっとインフルっていうかマスクの話をしている。
東京に上陸したとたん、全国放送がパンデミック!

わたしの乗ってる路線では、マスクの人1割もいないくらいです。
でも都内ではマスクが売り切れまくっているらしく、
駅前の薬局では、きのう開店直後に通りかかったら
軒先に出されたマスクにたくさんの人が殺到してて、
今日は、カメラマンとリポーターが店の前で待機してた。
なんか、へんなの・・・。笑

アメリカでの国連の行事に出かけて、
しっかり対策をしていたのにそれでもかかってしまった高校生が
校長先生の記者会見を通じてごめんなさいと言っていたのは、
なんだかかわいそうだなあと思った。

「○○区で発生!」ってニュース速報とかを見て騒ぐのは、
なんかあれよね、ナウシカ的に、「だめだ、この街もやられた!」
っぽく言いたいだけなのかも・・・。わたしもまんまと。

マスクは本格的に流行りだしたらでいいや。めんどいしー。
弱毒性だし、かかったらおとなしく寝て治せばいいやー。
手洗いうがいは、引っ越してからは、やってます!
(実家では適当だった笑)



夜、家族と電話で話すと、
一日中練り上げた妄想とかいらん考えを
「考えすぎやろ」とか「ま、いーんじゃないのー」とか
適当にばっさり斬ってくれるから素晴らしい。
もうドコモのまわしものになったっていいぜ!


弟に
「こないだ電話したとき、姉ちゃん酔っぱらっとったけんごめーん」
とメールで言ったら
「うわー・・・ やっぱり」
と言われた。どんびきしていた。
「大人やけんいいとよ!」
と返しておいた。




私が高校生のときは、25の女の人って
もうちょっと素敵な大人だと思っていた。
今高校生の弟は、どう思ってるんでしょうね。笑

妹は、私がおちた落とし穴を1こずつよけて、
まっとうに歩いてきて今に至ります。えらい。笑


子どものときは、私が毎年4月に学年があがるときに
お母さんと交渉しておこづかいの値段をあげてもらって、
その金額がそのまま下のきょうだいに適用されていた(春闘と言う)。


下のきょうだいたちは、よくもわるくも上をみて育っている!

がんばれ長女!!
真綿とモスリン/発火外来
2009年 05月 21日 (木) 02:15 | 編集
IMG_4748.jpg


こないだ、返り血(コーラ)を浴びたから洗濯しようと思ったワンピ。
なんかふつうの布やしふつうにガンガン洗おうと思ったけど一応表示を確認したら

「この製品は素材感と雰囲気を重視し、ぜいたくなオシャレ感覚を表現するために、非常に柔らかい風合いの生地を使用しております。激しい運動や極度な力が加われば、縫い目が開いたり、目寄れ(織り糸が滑り目が開く)する特性を持っています。この点を十分ご留意の上ご着用ください。」


めっちゃ脅された。


「織り糸が滑り目が」って、どっちの言葉も分かんない上に
畳み掛けるような言い回しがおそろしい。

「ぜいたくなオシャレ感覚」て・・・

ただの綿100%の服やん!!!


怖かったのでエマールで洗った。エマール、いいにおいだった。




「綿の国星」の1巻だけずーっと持ってなかったのですが
結局気になったのでワンクリックコンシューマーしてしまいました。

会社で(笑)

ちょちょっと入力するだけで一瞬やった・・・アマゾンこえー!


いま本屋さんで手に入るのは、たしか白泉社文庫版なのですが、
持ってた2巻と3巻は、朝日ソノラマ版「大島弓子選集」だったので
(よくかんがえたら買ったの10年以上前やん・・・!もう絶版ぽいし。。。)
そろえたかったから古本で探しました。

あの選集は、そろえると背表紙の絵がつながる綺麗な装丁だったのになー。
むかし大人だったら大人買いしたのになー。



真綿が、コットンじゃなくて絹だって今日知りました。



臨時ニュースに、戦慄。
首都圏上陸は時間の問題とは思っていたけど、
ついに新型インフルが人ごとじゃなくなってきた。

マスクは冬に買っておいたのがあるけど・・・あした電車でつけたら浮くかな?


もし今、「熱がある」と思って、

神妙な面持ちで発熱外来を受診して、
院内を狂乱に陥れ、厳戒態勢が敷かれ、報道陣まで集まった上で

「知恵熱です」

って言われたら、どうしたらよいの。
カラースプレー売切れの夜に
2009年 05月 20日 (水) 01:57 | 編集
IMG_4767.jpg
航路とパルス Canon Powershot G7 / ISO400 SS優先 8秒 +iPhotoで補正

本当は電車が通るときと飛行機が2機以上通るときを狙いたい
が、なんか不審者に思えてきて15分ほどで中断。
手すりが真っすぐとはいえ、8秒はなかなか大変だ
もーレリーズケーブルとか買っちゃおうかな・・・。ずるずる。

きょう会社のライブラリでマイケル・ケンナの写真集を見たからです。安直。
夜の写真たまらん。うおおぉぉ、となった。


不穏で親しげなものが好き。


自分の引き出しの幅をはかってみたら1メートル10センチしかなかった。



今ほしいもの

・洗濯槽のカビをとるアレ
・排水溝のパイプを綺麗にするアレ
・重層とクエン酸

一人ぐらしは、におう何かとの戦いである・・・。万事そなえよ、いざ梅雨決戦!
孔雀と風鈴
2009年 05月 19日 (火) 02:50 | 編集
IMG_4734.jpg
鏡に浮かぶクジャクソウの羽根


帰り道、いつもは8時前に早々と店じまいしてしまう好きな花屋さんが
9時半すぎても明かりがついてたから、寄ってみた。

商店街には3つ花屋さんがあって
1つは老舗っぽく高年齢層向け(仏花充実)
1つは小洒落た構えでジャズが流れてて庶民ぽくない花が多い(かすみ草がない)
もう1つのこのお店が、その中間くらいで程よくて好きなのです。


だいたい400円くらいで気前いい束があるので
(ミニブーケとかとは風情がちょっと違うんだな・・・)
好きな取り合わせがあったら買う

買うときは、おじさんに花の名前を聞いて覚えようと試みる

「これはいっぱい名前あってねー、フウリンソウと、なんとかと、かんとかと・・・」

カタカナで名前3つも言われたら1つも覚えられないところだった・・・。
イッパイアッテナ的な。


IMG_4746.jpg

帰宅後、米も炊かずに小一時間奮闘していた
こういうの茎長いからね!
ひまわりの存在感ははんぱないねー 洗い物に邪魔かも・・・笑

IMG_4747.jpg

もう1カ所はしゅっとさせてみました
どうでしょう麗玉先生(お母さん。)



花屋で、なじみっぽいおばちゃんが店のおじさんと話していた

「だからねー主人にもね、パソコン以外の趣味に目を向けてほしくって」

「買っちゃったのよ、エレクトーン」

「5000円で!」



え、えれくとーん5000円ですか!?
蒼天インディビジュアル
2009年 05月 19日 (火) 02:15 | 編集
・ふくむすめ ぬるかん ふわふわ
・ひやややっこ ゴーヤ ささみ おくら 空豆
・「あーちゃんなら友達になってくれるかも!」
・コーラ爆発 返り血を浴びる


・撮りもしないのに110フィルムを装填(カートリッジ式かんたん)
・35mmフィルムだと、たぶん装填できなかった(細かい作業を要するから)
・装填って言葉、かっこいいな!!
・ソウテン!!!


・弟からメールがきた
・「姉ちゃんの部屋にあったシャネルの紙袋もらっていい?」
・なんで弟がシャネルの紙袋をほしがるのだろう
・なんで私の部屋にシャネルの紙袋があるのだろう

・姉として指導する
・ネットのスラングをメールで使うな(事例:㌧クス)
・今どきの子は、知らないで、別に気にしないで、使うんだね-
・が、弟も酔っぱらった姉には言われたくないであろう


・床で寝たら背骨いたい


・二日酔いにはハチミツがいいらしい
・全米頭痛財団がそう言っているらしい
・(本当らしい)
・解凍したホットケーキの体温
・はちみつたっぷり 紅茶にミルク
・染み込んだやさしさよ滋養となれ



・雲が晴れて、ああいい天気



・久しぶりに先輩たちと外ランチ
・六本木でびゅっへだよー

・関西ネイティブの先輩たち
・ツッコミが本物だ。キレがある。快感。
・まるで自分がうまくボケれたかのような錯覚


・すべてが凪
・人はやさし


・元気と現金はドリームジャンボにおねがいしよう!
・でも存外、げんきなのよ!!
One-room Discontinue
2009年 05月 17日 (日) 03:54 | 編集
20090517035417
PASMOの残額6円(笑)
どうやったらこうなるんだ。





けっきょくこのような結果になってしまい


借りてるDVDも、たまってる本も、整理したい写真もあるのに、

カレーを作るか肉じゃがを作るかで迷いながら買い出しもしたのに、


ひとりの部屋でぼんやりと

何も手につかない私がやったことはといえば




ゆーちゅーぶでPerfumeの動画を見まくる




飽きない!中毒性やばい……(笑)




今ほしいもの

・元気
・現金
・のっちの太もも
Deep Blue Dahlia /虚空に親書/餃子に恋文
2009年 05月 16日 (土) 02:58 | 編集
110ED_0006.jpg

信号が変わったところ。わらわら! Canon 110ED / Fuji SUPER G 100

この交差点と例の犬付近に溜まる群衆には、いろんな人がいる。
濁流のように動く人波の中で、
直立不動で何かを見ている人、一心不乱に何かを撮ってる人は
たいてい外国人のお兄さんですね。「どーもくん」のTシャツを着てたりする。



好きな言葉は、「なぎはらえ!」のTるいです。こんばんは。


夜7時から、渋谷で好きな作家さん(ナオコーラ氏)のサイン会があったのですが
やっぱり行けなさそうだと判断し、近くで飲み会があった妹にお願いした。
こういうの、行けたらよっぽどのラッキー、くらいに思ってないとね・・・。


ところが、奇跡的に7時半に会社を出れた。
妹はすでにサインをもらったとのことで、
その本はとりあえず持って帰ってもらったのだけど
みれんがましく会場の書店に行ってみたら、もう最後の数人で、
なごやかにサイン会が終わるところだった。

ものすごく惹かれる文章を書く女の人の、雰囲気だけでも垣間みれてよかったです。
私は近くの平積みの新刊をチェックしながらこそこそする、変な人でしたけど。



今ほしいもの


・帰り道の商店街で、ひとりで王将に入る勇気
・帰り道の商店街で、ひとりで松屋に入る勇気


松屋のテイクアウトならきのうクリアしたんだけどな・・・。

今日、王将は「本日餃子売り切れ」って手書きの張り紙が出てて、
入ろうとしてたカップルが、すんごいショックを受けていた。
東京シュール散歩/Canon 110ED
2009年 05月 12日 (火) 02:30 | 編集
110ED_0001.jpg

さて腕は何本でしょう!  駅前0秒 さすが下北クオリティ

Canon 110ED / Fuji SUPER G ISO100 自動補正なし
(さいきんこれ以外の110フィルム見ない気がする・・・。)



久しぶりに110EDで撮ってみて、やっぱり好き!思いました。

3400円で買ったけど、これでもいちおう昔の高級機だから
F2.0(背景がボケる)で、しっかり写してくれます。なにかと。
でもフィルムの面積が小さいから、(デジカメでいうと画素数低い、に近いかも)
結果的にきめが荒い画になって、なんとなくノスタルジックな感じが出る。

ような気がする。



最近フィルムを同時プリントに出すときは、自動補正なしでオーダーしています。
いや、なんとなく。


現像同時プリントを出すときに
プラス200円くらいでやってくれるCD書き込みサービスの誘惑にあらがい、
(お店でデータ化してもらえば、スキャナなんかなくたってブログにのせられるのだ)

今日ようやく、引っ越してからはじめてスキャナ使った。


遅!



なかなかオサレな写真、出てこないもんですねー。

代わりといってはなんですが、へんなものとか、あと5枚♪


ぶらさがり反動期
2009年 05月 11日 (月) 03:15 | 編集
20090511024823.jpg

干している。 奥のポラっぽいものは某ストックフォト業者のノベルティ。会社でもろた!
画像荒いのは、回転させたから?


土曜は妹と遊びました。すぐ遊べてさみしくないです。笑

ランチもお茶もまったく自由が丘っぽくないセレクトであった。
お茶したカフェバーみたいなところは
夕方4時台だったにもかかわらず、おっさん達が3人くらいカウンターで飲んでいた。
不思議な店だった・・・。

帰省のおみやげ、チョコレートショップの生チョコを渡したのですが
冷蔵庫に一緒に入れていたカレーのせいで、包装紙がカレーくさくなってました。


妹が通勤服に飢えていたので、私があんまり着なくなったOLもどきの服を
あげちゃうことにしました。なので、2人で私の家に戻る。

「散らかしたまま出かけてきたけん、今部屋きたないよ!」
「お姉ちゃんの部屋が汚いとかぜんぜん普通やし」

今のオフィスではジャケットとか着ちゃうと逆に浮いちゃうのですよ。
似合わなかったリボン付きのシフォンブラウスとかも放出。
私は着ない服を有効に使えてすっきりしたし、妹は服が増えたしで、めでたし。


妹の彼氏が無類のカレー好きと聞き、これから会うという妹に、
へんなカレーを経て3日目の熟成期に入った魚カレーを
タッパーに入れて持たせた。こんな姉でごめん。

シーフードカレーと魚のカレーってまた別よね・・・。



ははのひなので母に電話。


途中で弟にかわったら、弟がえんえんとしゃべり続けた。

帰省したときもけっこうしゃべったし、
私と弟が電話することなんて全然なかったのでびっくり。

そうか、君、姉ちゃんと話すの、好きだったんだね・・・。笑

弟は私に近い進路になりそうなので、姉の通ったコースに興味をもっているようです。
順調に、へんな方向にのびている。でも勉強は、しておくれ。


もし自分が高2のとき、25歳のきょうだいがいたら・・・んー!ほしかった!!


母に感謝を伝えるべきなのに
なんか弱音っぽいことを聞いてほしくなってしまいます。25歳の甘たれです。
思腐怒カレー
2009年 05月 09日 (土) 00:54 | 編集
20090509005419

まだ、きのうの片栗粉うすあじカレーのとき ほんと残念な味でしたー

こくまろ投入しまくったらちゃんとカレーになった!
魚介の臭みもちゃんと消えた!なんたる包容力!!
生まれ変わった!!正しいカレー!!バッハ!対位法!!!



最近、発信しながら携帯を耳に当てていない


ねこそぎクレンジングして寝よう
涙目のカフカ
2009年 05月 08日 (金) 21:52 | 編集
20090508215213.jpg
湿っぽい宮益坂 ケータイのフォーマット、縦長っ


東京は3日連続の雨
梅雨かよっ!

いわゆるプライベートも仕事も
べつに過負荷ではないけど、
なんていうか不可って感じてす!
もっと仕事したい(笑)


連休あんなに遊んでもらったのに、会社でも雑談楽しいのに、
わたし毎週末だれかと会わんとさみ死ぬんやろうか。いやむしろ反動か?


このやろうげんきだせよ

渋谷寄って110の上がりを受け取ってナチュラを現像出して、
穂村弘と森見登美彦と森絵都の本を買った!

あとはカレールウ(こくまろ中辛!)を買って
大量に残ってるへんなカレーの味を直すんだ!

げんきだせよ!!
牡蠣の散し寿司
2009年 05月 08日 (金) 02:35 | 編集
・横須賀線の停止と東横線の混雑の関係が知りたい
・人生と真実の愛の関係が知りたい
・風と桶屋の関係が知りたい(その問題はラーメンズが解決済みである)


・箇条書き形式は既に一般的ではあるが、おもしろさを開拓したいものだ


・「日によって、文章の人格、違くね?」
・「多重人格だったりするから。読んだものに影響されたりするから。簡単至極」

・「つーか、ここ2、3年でも全然違くね?大学生前半とか別人やん」
・「当時はね、若気の至りが服を着て歩いていたのだよ」

・「つーか、女子大生の日記だった頃のほうがとっつき易かったんじゃね?」
・「もう女子大生には、戻れないのだよ」



・きょうの発見
・何か固まりの食べ物に対して使われる「切り分ける」という単語のシズルは半端ない

・ローストビーフを切り分ける
・七面鳥を切り分ける
・バームクーヘンを切り分ける

・ああ、おいしそう食べたいああー

・この単語ひとつで臨場感、期待感たっぷり

・漫画でいうと、ローマイヤ先輩がハムを切り分けてくれるシーンに匹敵する
・ジブリでいうと、ラピュタでドーラがハムを切り分けているシーンに匹敵する
・40秒で支度しな!
・結局おいしそうなのはハムなのか



・もりみとみひこのブログは職場で読んではいけない(わらうから)
・ナオコーラ氏の微炭酸ニッキ、読破

・リビングの壁をびっしり埋める書棚を思うと、両親に比べて私の読書は足りない


・狂乱の日々を過ぎて、平和を取り戻した職場
・やることが、なかったりする、だが
・なにかを、待っているので帰れない
・そのなにかが、なにかは分からない
・そのなにかは、日本全国の職場に、厳然と存在しているようである


・へんなカレーをつくった
・鰆とエビとナスとトマトとしめじ
・冷凍庫で千年の眠りにつきかけていた魚介類を片付けるためである
・ルウが足りなかったから片栗粉でとろみつけた
・なんていうか、具材にいちいち焼き目をつけるという手間はかかったのだが・・・

・味は微妙であった
・いちばんおいしかったのはナス



・今ほしいものは
・どんぶり
・いまだにうどんを、鍋で食べている(椀のようなものには、とりわけるが。)
てっぱんドライブ
2009年 05月 07日 (木) 04:25 | 編集
20090507034521.jpg


絶対的に足りない連休。
箇条書きでお送りします!


・大橋、食べたかったものたち
・てんのラーメン/ポモドーロ/Hi-F/やま中のもつ鍋/ハグルカフェ
・そして実家のご飯!!


・猫まみれ満喫
・家族ともたっぷり話せました


・携帯を水たまりに落とし、30分以上気づかず
・その水たまりが、ドコモショップの目の前であった
・データは生きていたものの、やっぱ動作は怪しいらしい
・帰省中で代替機借りられないから、前の携帯をお父さんに持ってきてもらった
・未だにmovaだった父、その勢いで5年ぶりくらいの機種変!



・営業所に直接電話する、という粘り
・超ハイシーズンにもかかわらず、前日に24時間でレンタカーがとれるという奇跡
・ただし・・・・深夜から、ならね!!


・指令「飲み会と飲み会の間を、ドライブで全部埋めよ」

・飲み会1
・大名、ソファ席でグータン飲み
・乙女の夢と悩みはつきない
・彼氏合流、飲み物はコーラで
・サプライズケーキでクライマックス
・終電のがす
・ここで、予定通り大名の24H営業所にてレンタカー手続き
・ハンドルキーパーの運転により、無事送り届ける
・深夜ドライブのトークは楽し


・時刻は2時過ぎ
・旅の始まりは久留米
・めざすは角島

・夜霧の冷水峠
・空いてる国道
・90キロださないで

・朝もやに浮かぶ夜明けの門司港
・それにしても、因縁の関門海峡である

・トンネルを抜けるとそこは本州
・それにしても、因縁の山陰である


・雲の切れ間から輝く朝日が差し込む
・フロントガラスにぶつかる天気雨
・虹ハンター出動
・ポストロックとは何か、の解説を聞きながらも必死で探す

・出た

・朝の虹は高い
・日本海にすらりと立つ七色の脚

・朝6時
・角島大橋を渡る
・さわやかで、静か

・朝8時
・人気のない岬で青い海のパノラマを満喫
・うっかり日焼け

・朝10時
・灯台の開門、店のオープンと共になだれ来る車と人
・一瞬で埋まる駐車場
・並んで灯台に上り、その後、いか焼きなどを食す
・その後、隊列をなして橋の上をやってくる車を尻目に、島脱出


・川棚温泉の某有名旅館へ
・温泉と瓦そば、生き返る
・大浴場の壁には、山頭火の句がたくさん書いてある
・なんかふつーによくて全部読んじゃう
・「こころつかれて山が海がうつくしすぎる 」


・徹夜明けの車内に効く、Hやし氏セレクトのパリスマッチ(略してHやしマッチ)
・ドライバー仮眠休憩などを含め、夕方に帰還
・運転、かわれなくて・・・・ごめん
・レンタカー返却、そしてその足で・・・


・飲み会2 
・高校の部活の女子で集まれた子たちと、もつ鍋!
・「4のリードとかもうぜったい音でらんよね!」
・職種さまざまでおもしろすぎる
・乙女の夢と悩みはつきない(再)
・激しく飛び交う「ケッコン!」という単語
・二次会はハグル、女子受け、上々!
・翌日に備えてわたしだけ抜ける


・それにしても
・結論は霧の向こうである



・飛行機、窓側だけど翼の上
・なんか翼がぺらぺらに見えて怖い
・厚い雲をくぐり、曇天の下に現れた鼠色のコンビナート やはり魔都である

・雨の東京
・ベランダでシーツが雨に濡れ、牛乳は腐り、パンはかびていた
・一人は淋しい
・でも帰ってきた部屋は、ちゃんと自分の家だと思った

・昼寝、爆睡
・20時まで寝て起きて、今に至る



・遊んでくれた人たちにありがとう
・やはり、社会復帰に一抹の不安、である。
すっぴんフライト
2009年 05月 03日 (日) 11:26 | 編集
やらかした。

フライト2時間前

家を出るつもりだった時間に起きた。

結局アラームかけた携帯が
サイレントマナー切り忘れたせいで沈黙を守っていたのでした。。


けどうっすら、やらかす気はしてたんですよね…。



0から荷造りして何着るか決めきらんから大量に服つめて
部屋を散らかしまくったまま、すっぴんで家を出た。

牛乳一気飲みは、できなかった。


ナビタイムを疑い最速ルートを人力検索するも、結局従う。

出発30分前に着いて、ばななも買うことができました。

飛行機の席は、通路側。
隣の席には既に、体格が大きくむっちりしたおじさんが窮屈そうに座っていた。
一目で「カタギじゃねぇ!」と思ってしまう。

足元にはくたびれた紙袋が置かれ、
新聞と、水のペットボトルと、先っぽがしなびた長ネギが入っていた。

前の席には、若いお父さんと一緒の1歳くらいの男の子がいて
後ろ向きに抱きかかえられたそのベイビーが、
目の合う席に座っていた私に異様な興味を示す。

しゃべれなくても、目で会話できちゃう。

「そのパンおいしいと?」「おいしいよー、でもお姉ちゃんのやけんやらんよー」
「あっ、食べちゃった、もうないとー?」
「食べちゃった!もうないよーん」

彼のテンションは着陸前に最高潮に達し、
手当たり次第に通路にものを放り投げていた。

ジュースのカップを投げ、
自分のおもちゃを投げ、
翼の王国を投げ、
安全のしおりを投げ、
お父さんはその都度がんばって手を伸ばし、拾い上げていた。

彼は、世の中を全力でおもしろがっているのだな。



到着ロビーには、なぜかたぬきうどんの香りが漂っていた。

その足で髪を切りに行き、
仲良しの美容師さんと話して気がねなく博多弁を使う自分を実感し、

わざわざ呼び出して大橋でラーメンを食べ(食べたかったんよー!)

ブラックモンブラン(食べたかったんよー!)をおごってもらったので
学校行ってフライパンで食べ、
夜になりかけでいい感じだったので
クラッセでバルブ撮影しました!
(クラッセでも、バルブかよ!!)


実家が、いわゆる実家っぽい雰囲気をかもしだしていた。

ああ実家、半端ないですね。

猫2匹は、「うわあ久しぶり!」という親愛の情は表してくれなかったが、

いつもどおり淡々と図々しく、という態度であった。

弟は、またデカくなっていた…。


待ち合わせの時間に起きるといういつもどおりの失態をやらかしましたが、
今日から元気に遊びまくります!!
考えすぎたズッキーニ
2009年 05月 02日 (土) 04:01 | 編集
IMG_4717.jpg

で、これが下の記事を書いていたときの、今朝の写真・・・・シリーズ化してどうするよ。
引っ越した当初12時に寝ようとしていた自分はどうした!
ああでも本当、東京って日の出はやーい!!

そういえば
もっと日の出が北にずれたら、物理的にうちのベランダから見えなくなる。


西武線の高田馬場のスタバで、中野に滞在中の姉さんと再びお茶。

高田馬場は、3年前に来たことがあった。
弱り切った中、おいしいのかどうか分からない焼肉を食べたのだった。
そのあと飛行機で一緒に強制送還されたのがなつかしい。



そのあと渋谷で、わざわざクリスピークリームドーナツを箱買い。
家族へのおみやげだ!!
両親や弟は疎いだろうから、「これが、あの・・・!」とはならないだろうけど
私も食べたいから、いいことにする。ぜんぶオリジナルグレーズドにしました。


晩ご飯はナスと豚肉の味噌炒め。
みそ若干、砂糖ぱらり、みりんたらり、酒たらり、豆板醤ちょっと、醤油わりと。
ナスってなんでこんなにおいしいんだろう・・・。ごはんすすむー!
これで、冷蔵庫のやばいものは片付いたはず。あとは牛乳一気飲みさえすれば・・・。



というわけで明日から、人生初の帰省です。

1ヶ月も前に、上司に「とっていいですか」と念を押して
それでも2万は切らなかったチケットをがっつり往復で押さえ、
それからはずーっとこの帰福を楽しみに過ごしていたのです。
明日の午後には機上の人。そわそわして、りんごジュースもらうんだ。


20090502041522.jpg

さっき弟がメールで送ってきた。姉2人に同時送信。
上の姉は、あした帰るんだよ。 そして、本文、なんでもいいから書こうよ。

実家で、猫まみれになってやろうと思います!!



IMG_4711.jpg

考えすぎたズッキーニは
幅1センチの輪切りにされオリーブオイルと塩こしょうでこんがりと焼かれ
お弁当箱に放り込まれ
スタッフによって美味しく頂かれてしまいました。
考えるズッキーニ
2009年 05月 01日 (金) 04:57 | 編集
IMG_4692.jpg

これは先週末しごとで朝帰りした日の。
で、今現在、また外が明るくなっている!! でも朝焼けに愛される女になりたい。


また祝電を書いた。今度はお姉さんです。うきうき。
本当に誰からも好かれているお姉さんなので、みんなまとめるのに苦労した。
おもしろかったのが、コピーチームで私以外は男性だからか
先輩たちの文案には
「独り占めなさる旦那さんがうらやましい」云々といった一節が必ずあった。
一般的にも祝電のテンプレのひとつであるけど
なんか率直な実感ぽくてすごいよかった。私もお姉さん大好きだ。


20090501043319.jpg

今日もわりかし早く帰れたので、久しぶりにご飯つくりました。
八百屋でズッキーニが68円で、
同じく68円のしめじと組み合わせると100円だと言われたので
生まれて初めてズッキーニというものを買い、調理してみました。
ナスと一緒にオリーブオイルで炒めてやると、
最初から兄弟であるかのような態度をとります。おいしいので好きです。

そういえば昔、大橋のお気に入りダイニングHi-Fで食べたパスタに入ってたな。
わたしのリアクション 「すごい、きゅうりが入ってる!」



今おきてるのは、いつもの夜更かしとは少し違って
22時半くらいにベッドで転がって寝てしまって、2時半に電話で起きたからです。
電話で起こされるのは、なかなか悪くない。
でもやっぱり仕事あるし、もう一度寝た方がいいよね。


買ったばっかの化粧水のボトルを倒した。テーブルに海ができた。
1滴ずつ出てくるタイプじゃなくて、口径が1.5センチくらいある。
1週間分くらい、こぼれてしまったかも。クリニークで、高かったのに。
たぶん、テーブルが半端なく角質ケアされて健康な肌を取り戻すんだと思うよ。




間合い/あはひ/ことよす/ひょん



何かにことよせる筆

曖昧な世界のエンタメ

ああ、思考がノイジー


小学校1年生でみんなが取り組む「先生あのね」
私の書いた量は、異常でした。
1回1ページくらいでいいものを大量に書き散らした「あのねノート」は通算6冊。
先生も困るっつーの!
それにしても三つ子のたましい百までってやつよね。




間合い、という言葉は、実に深い。日本語すごい。

人は、いろんな人といろんな物事の間合いを測りながら生きている。


胸がかきむしられる/胸がつぶれそう
っていう表現もすごい。




「春には雨を 和尚には沢庵を」は
本当に存在する史跡「春雨庵」で遊んだもので、気に入ってはいるけど、
ここの説明にはなってないのが問題。


コピーつくってみた

果てしなき思索と写真でつづる日記風駄文エンタメ

情緒とシズル感がまったくない・・・。 没!!




ひょんなことからの「ひょん」って何で出来てるんですか?


可愛げの使用期限ってまだ残ってますか?


絡みづらいのって治るんですか?
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。