春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
完食の野望 その6/エビスビール
2009年 10月 31日 (土) 05:01 | 編集
IMG_5056.jpg
もらったワラサを漬けにしていたやつを、さっき焼きました。お吸い物は永谷園さ。


深夜2時、会社を出たら、西麻布交差点周辺には
ハロウィンでとちくるったひとたちがたくさん楽しそうにしていました。
外国人のお姉さんのセクシー系仮装は、反則だ!


タクシーで帰ってきました。運転手さんがいい人でした。
そして、魚を焼いたわけです。美味でした。ありがとうございます、社長!!

ついでにビールも飲んだわけです。
課題ですから。いや、飲まなくても書けるけど。
というか完食は無理っぽいですが!



会社で、今できてるところまでプリントアウトして持って帰ったので
あしたできるところまでやったら、送り出して完了。


「夢にむかって!きらきら!」なんて取り組み方では全然ないです。


なんでこれやらないといけないんだっけ

んー

なんでやろー

わからーん



でも去年よりたくさん出せそうだからいいや。。


IMG_5059_2.jpg



あああああ 何て書こう(涙)
スポンサーサイト
完食の野望 その5/ キッコーマン 特選丸大豆しょうゆ
2009年 10月 31日 (土) 04:38 | 編集
IMG_5054.jpg

(課題番号などは割愛します)



IMG_5051.jpg

社長にもらったワラサの刺身を食べ比べることにしました。
黒い方は、さしみ醤油です。九州のお醤油です。



感想


しょっぱい。



お刺身は美味しいんだけど、塩辛さが舌に刺さってしまう気がする。
もうこれは、完全に育ちとか慣れの問題ですね。

ああわたし、絶対関東ではお嫁にいけない。。



*



賞の具体名を書くと、やっぱり検索されてしまいますね。。


はじめて荒らされたよ。笑




検索ワードを見たらやっぱり賞の名前を書いてしまっていたせいでしたが

去年まで、この賞は本誌を買わなければ課題が分からなかったのですが、
今年の応募期間の途中から、なぜか主催者のホームページで確認できるようになりました。
だからネットで捜さなくてもよくなりましたよ。。そして今日は締切前日ですよ。。



モチベーションを上げるために、食べ物のだけ一人でおもしろがって書いてたんですけど、
それが、何になるのかって言われたらよくわかんない笑



わたしは社会人2年目で、今の業務についてからは1年未満なので
もちろん、すごく未熟であることは間違いありません。
が、ひとつ真面目に反論すると、
わたしは、読みやすさ、分かりやすさは大切にしたいと思っています。
そのせいで普通になってしまったとしても、平明な文体になればいいかなと。



これは学生のときからだらだら書き続けているものだから、仕事とは関係ないけどね。



あーーーもーーー 何て書こう。(つづく)
モーニングコール・スクランブル
2009年 10月 30日 (金) 02:46 | 編集
KLS11_200907sola400_0003.jpg
My Brother, My Sister  岩手のなんとかダム。7月。
Fuji KLASSE S / Solaris 400


あまりのことだから、書き留めておこうと思うのだけど

今日の晩ご飯、なんか、気分的に、体に悪いものを食べようと思って
ローソンで買ったのが

焼きそばパン、カップヌードル欧風チーズカレー、レジ横に売ってるコロッケ。


どこからつっこんでいいのやらって感じですが
まず、このほぼすべてを炭水化物で占められた隙のないラインナップ
深夜1時であること、麺類がかぶってること、ソース味とカレー味しかないっていうこと、
そして、いくら店内でそんな神経だったからといって帰宅まではタイムラグがあり
帰り着いて、レジ袋から取り出してテーブルに並べたら正気に返りそうなものだろうに



全部食べた。



さすがに死ぬかと思った。

うう。


つかれて肩とかバキバキになってて、腕を十字にしてワンピースを脱ごうとしたら
肩がつった。いたい・・・!

そして今、部屋には欧風チーズカレーの香りが漂っている。



きのう、妹から転送されてきた写メ。

弟が送ってきた、実家の猫たちだ。

20091030021902

仲良しなんだか牽制しあってるんだか、猫の関係ってほんとうに不思議。


ちなみに、この弟→妹のメール、本文はこうだったという。


「数学学年ドベとったよ\(^o^)/


おいーーー!!!



今朝、お母さんと話したかったので
通勤で歩く10分ちょいの間に電話をかけたのだけど
結局、妹と弟の話しかしませんでした。なんかそれで気はすんだが。笑


夜、メールがきてたので帰り道に妹に電話。
わたしが退社する時間は、妹が寝てしまう時間なので
出ないかもなーと思ったら、出た。

ひとしきり、だらだらせつせつ喋る。


「もーお姉ちゃんは何がしたいとよー」
「いやっ、だから・・・世界をっ・・・」


もう、支離滅裂である。
しばらくして、妹は眠くなったといって強制終了。

いい加減、呆れられていることであろうよ。はあぁ。



そして冒頭のローソンにつながるわけだが。
自分にすんごくいらいらして、どうしたもんだかと、思っている。
ダメ人間なりのしあわせってなんだろう。。



ちなみに世界をどうこうっていうのは物騒な比喩で、
国家転覆とかそういうんじゃないです笑



もう今日はほんとにくたびれた 寝よう
最近、朝おきれなくてこまってます
家族にモーニングコール頼むという手もあったけど忘れました。。


ここで、誰か電話してねー♪、なんて書いたら、
誰から電話かかってくるか分からないという、
えも言われぬ緊張感のただよう朝となること請け合い。


あ、8時半でおねがいします笑
完食の野望 その4/御菓子御殿 紅いもタルト
2009年 10月 30日 (金) 02:05 | 編集
IMG_5042_20091030015456.jpg

スゴイダイズが、手に入らない!
コンビニはけっこう廻ったしスーパーも見たんだけどなぁ。。

というわけで飛ばします。いや、もう、あさってなんですけどね締め切り(爆笑)


IMG_5043_20091030015456.jpg

これ自体は、買ったの先月です。
あほだから、日本橋三越に北海道物産展のためだけに行ったあと
銀座のわしたショップに行ってこれを買ってきたのです。

その日の日記にも書いたけど、北海道→沖縄、地下鉄でわずか30分の旅でした。


箱に書いてあるとおり、レンジであっためてみました。
お茶も入れましたよ。ほっほっ。


IMG_5044_20091030015456.jpg


なんか、パッケージより、濃いんですね、紅くないんですね、色。笑


お味は、甘すぎず、ほんとうに紅芋ってかんじでした。
そうそう、さつまいもとかよりも甘くないよね?多分。


わたしはこれを会社に持って行き
コピーライターの先輩たちに「宣伝会議賞の課題です!」といって1つずつあげた。
上のひとたちはさすがにしないけど、私を入れて3人がチャレンジしてます。
わざわざ買ったんかい、とつっこまれつつ、味は好評、だったと思う。たぶん。


これで賞がとれたら、焼き肉とか、ですよね!!


ただ、ぐずぐずしていたので、持って行ったのは今月に入ってからのことで、
その日は、賞味期限の、次の日だった。

ちゃんと、伝えました。笑



あー、何て書こう。 (つづく)
緑玉の消息、もしくは、子猫の三角巾
2009年 10月 29日 (木) 03:23 | 編集
EM04_200909FJvns800_0005.jpg
シャッター1秒くらいかかってしまった 中野の路地
Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Fuji SUPERIA Venus 800


ふにくり ふにくら ふにくり ふにくら

あー

うー

なんなんなんなん

ふふん



先月くらいから、会社のマネジメントフロアに毎日来ていた猫が来なくなった

「ペットロスやねん。」

マネジメントのお姉さんは真顔で言っていた。



クロネコ便のお兄さんが近所で聞いてきたという話によると

どうやら、あたらしいお家に飼われているんだって

麻布十番あたりだという。



あのあたりのお屋敷なら、きっと、ふかふかの羽布団におさまって

きっとおいしいものを食べて幸せにしているんだ。

緑の瞳の、ふわふわの毛のあの子。幸せにしてるなら、いいんだ。



こないだ行った文化村のミュージアムショップで、展覧会とは全然関係ない、
ゾーヴァの絵はがきを買った。三角巾で前足をつった子猫がふりかえっている。たまらん。
ひかりのループ、あるいは、惹句屋の倦怠
2009年 10月 28日 (水) 04:12 | 編集
EM02_200909PTRnc400_0002.jpg
あの、奥の、あかるいほうに行きたいんですけど・・・あ、だめですか
Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Kodak PortraNC 400

テーマ記事のストックがいっぱいあるけど、ふつうに日記をかく。


朝。
ちょっと寝坊したものの、カーテン越しの青空にびっくりして跳ね起きた。
台風一過。なんか、猛スピードでかけぬけてゆきましたね。

信じられないとは思いますが、わたしは今コテを使っています。髪の。
今は、生えてくるままの、味もそっけもないストレートなので、内巻きにしてます。
面倒ですぐやめるかと思いきや、どっちかというと面白いので続いてます。。
そういえば、このまえ、ようやくヘアブラシも買いました。


お昼ごはん。
お弁当に、おとといの夜つくったポトフもどきを持ってった。
これに、コンビニのサンドイッチです。気取ってみました。

タッパーでチンして、白いボウルに盛ると、なんかそれっぽくなる。

デスクを通りかかった人に
「お、何食べてんの」「おしゃれやねー」とか声をかけられるので
なんとなく、のろのろ食べた。うふ。

しかし、社長が週末に釣ったワラサ(出世前のブリ)の刺身がここに飛び入りし、
おしゃれランチのふりは、あっというまに終了。

刺身、うまかったです。




晩ご飯。残業で、お弁当の手配。

デリバリーには、いろんな選択肢があるのだけど、
みんなとくに希望を言わないので、私が決めなければならない。
でも、いろんな案配を加味した上で(前とかぶらないとか)、
すみやかに、当たり障りのない、でも喜ばれる選択をするのは、むずかしいのよ!

今日は中華を選んだ。おかずが5種類から選べたので、

エビチリ、麻婆豆腐、回鍋肉

の3つを選び、同じ数だけ頼んだ。


このラインナップ、なんとなく

目玉、王道、押さえ

というバランス配分で選んでいた。
そして、無意識のうちに一番食べたいと思ってたのはエビチリであるのは間違いない。


受け取りを済ませ、目上の人から選んでもらえるようになんとなく声をかけ
みんながお弁当を選んでいくのを見守る。

予想通り、エビチリがぶっちぎり、麻婆が順当に売れる。

ということで回鍋肉を食べたのだった。
やっぱ豚コマとは違うわ!おいしかった。


濃いめのタレがよく絡んだ、やわらかい肉を噛み締めながら、遠くに思いをはせる。
ああ、すごい組み合わせ。あ、食い合わせか?
なんか、この懸案、進行形、とかよりも、渦中、とか呼ぶべきなのか。
水たまりの中でも光を仰いで、強くしなやかに生きたいわ。


奇跡的に22時台に電車に乗って、そわそわし、
やっばい帰って何しよう、1週間以上してない床掃除とか?とか色々考えすぎて
逆に、うちについたら何もできずにぷっすま等を垂れ流してぼーーっとしてしまい
気づいたらお弁当も作らないまま、いつもの帰宅時刻になってしまいました。笑


だから就寝時刻もおなじくらいです。ああ、寝よう。


ちなみに、床掃除は、しました。ほめてっ。
メリーランドのブラックバード/老師とラーメン
2009年 10月 26日 (月) 22:17 | 編集
20091026222302.jpg
ろっぽんぎ ろくろくに?


秋だというのに季節はずれなお話で恐縮ですが

ライラックはフランス語ではリラ、
日本へ紹介したのは、サラ・クララ・スミス女史。



らくるいのたより

あおいふちどり

ねむるひばり

つまり

すかいらーく、閉店。



ヴェポラップのことを、ヴェラポップだと思っていたよ。

エルメンライヒは、紡ぎ歌をロックにアレンジして、楽しそうです。

このごろ、フレンドベーカリーの直径がこぢんまりしませんでした?



はやあしルピート、ふたまたさるすべりの枝で、ひややかに笑う。

老医師は、ラジオの鳴る台所で、冷凍くりごはんを暖める。

うちのリードボーカルは、六甲おろしのメロディを知らない。



ラ行の美しさを信じている つまり、ラ王のしもべ。

そろそろ小腹が鳴る頃です。ラーメン食べたい。会議はよ終われ。

せめて嵐の宿題くんまでには、帰れたらなー。
溶けない魚と、ミセス・ジャン・デルヴィルへの敬慕
2009年 10月 26日 (月) 04:12 | 編集
20091026032154.jpg
planets of the plates 


13時すぎに起きた。着歴を見る。

11:31に電話あり。きこえなかった。
11:44にメールあり。「まだ寝てるだろうけど」。きこえなかった。

そういう風に電話やメールをくれた人たちっていうのは
ブログを読んで、就寝時間を知り、多分、「あー」とか思ったりしてくれている。。


電話の主は妹。そのころの、妹とその彼氏との会話

「お姉ちゃん起きたー?」
「んー、出らん!起こしに行く!」

ということで、かけなおした頃には妹は電車に乗っていた。


お風呂に入ってると妹が合鍵で玄関に。
コーヒー牛乳とパンを買ってきてくれる。わたしの好きな薄皮シリーズ!

服や本の話などしつつ、たらたら身支度をし、約束どおり出かける。

駅前でダンスのお祭りに遭遇。写真とる。
パレードってたのしいなあ。


渋谷文化村に「ベルギー幻想美術館展」をみにいきました!

行きたかったのにぐずぐずしてたら最終日だったのでした。


館内は最終日で混んでいたけれど、
きちんとおだやかで、重厚で静かで、とても見やすい雰囲気だった。
わたし、騒がしい人がいるとすぐ気がそがれちゃうので、よかた。


もともとマグリットしか知らなかったのでそれ目当てだったのですが
思いのほか好きな絵とたくさん出会うことができました!

象徴主義のデルヴィルやクノップフにうっとりし、
アンソールのシュールな絵は、ときどき声をたてずに爆笑してしまい、
「鏡の国」という言葉の元ネタを知り、そしてやっぱりマグリットの点数の多さに感激。


20091026.jpg

マグリットの「ジョルジェット」を、ガラス越しでなく、じかに見ることができた。
ジョルジェットは、マグリットの幼なじみで、最愛の妻である。
画集で写真見たことあるんだけど、明朗な印象の美人。

顔を近づけて見た。1回もどってまた見た。
ジョルジェットの表情、髪の毛やまつげの先に至るまで、筆致の細かさに目を見張った。
丁寧につむぎあげた、豊かで繊細な描写は、まさに、愛する人への眼差し。
なんか、もう、感動してしまった。

まえから大好きだったけど、変な話、はじめてマグリットの絵を美しいと思った。


最終日なので、図録売り切れ。
そして、一番ほしかった「ジャン・デルヴィル夫人の肖像」の絵はがきだけ、売り切れ。
やっぱり展覧会は、お早めに・・・とおもいました。



そのまま文化村のカフェでお茶をした。いちじくのタルトがおいしかった。
目の前で、刻一刻とサザエさん症候群を深めてゆく妹。
妹の話を聞く。わたしはちゃんと、姉らしく振る舞えているかしら、と思う。


H&Mをひやかして出てくる。

妹と別れた後、ネックレスを買う。
淡水パールとスモーキークォーツが半々。ひとめぼれ。

駅に戻って、駐輪場に2週間放置していたチャリをこっそり引き取る。
「清算して下さい」の赤い札がついていたけど、もう無人の時間帯。
むしりとって、ずらかる。

家の前にできたT急ストアの閉店は早い。
しょうがないので、遠くのあんまり安くないMルショウに行く。
その帰り、駒沢通りでHるちゃんとばったりすれ違う。スーパーの話をする。笑


明日からの最悪な食生活に供えて、料理をたくさんした。


ミキティやったね!真央ちゃんくじけないで!プルシェンコ神!お帰り!!



都道府県別のアクセス数を見ると、ここ半年くらいで、
東京都が福岡県を抜いて1位になっていた。
何県だっていいのです、ありがとうと言います。ありがとう。


あ、ということで
「百道浜」は、「ももちはま」って、読むのですよ。
Get out of the lonely Friday & Saturday/フランスパンと百道浜
2009年 10月 25日 (日) 05:24 | 編集
会社の先輩に先端恐怖症のひとが2人居る。
彼ら曰く、とんがりコーンは怖くない、と。

「だって、美味しいって分かってるから。」


久しぶりに日付をこえなかったので
先輩たちとご飯を食べて飲んで、
西麻布の焼鳥価格に、個人的にどん引きするも、先輩がさらっと領収を切る。



仲良しのデザイナーの先輩(29)と渋谷まで歩き、
毎度のことながら別れがたくて、田園都市線の入り口でぐずぐずしてたら声をかけられ、
可愛くておしゃれなひとと居たらナンパされるんや、と思ってウケてたら、
歳を聞かれた先輩が35と答え、わたしは爆笑し、
「三茶いくんで」と言って田園都市線に乗っちゃった流れで
先輩んちのある三茶まで行く。
カラオケ行ったら楽しすぎて閉店の5時まで。
AKB48だってなんだって歌ってやるぜ!


20091025052406.jpg


DAMの映像に福岡がロケ地のやつあるよね。
百道浜のやつとか。フランスパンの袋が出てくる。

「まちぶせ」の歌詞は、じつはとてもこわい。



20091025052409.jpg

ふたりともお腹すいたので
5時に朝定食が始まったばかりの松屋で
ソーセージエッグ定食を食べてしまう。たらたら語り続ける。
眠らずに朝ご飯食べちゃうこの感じ、修学旅行や合宿の、グロッキーな朝を思い出す。
胃袋に「意味分からん」と言われつつ、完食。
ほの明るい環七を飛ばし、890円でタクシー帰宅。



7時、母にメール。モーニングコールを依頼して寝る。11:15にお願いする。


11:15、携帯が鳴る。名字は同じだけど…妹やん。

「きょう、13時に吉祥寺やろ?起きないかんのやないかと思って」


頼んでないのに電話くれた。。すごい…。

お母さんも電話くれた。
みんなありがとう、
自立してなくてごめん。



歌会。4時間あっても平気。だいすき。

評でうれしいのは、ほめられるよりも
「もっとできるはずなのに、もったいない」
という類かもしれない。もっと酷評されたい。がんばる。


夜、駅前の超行き付けの飲み屋で、後輩(mekm)と飲む。ガールズトーク止まらず。
日付こえてからその彼氏(tkb)合流。4時半前に解散。

よく考えると、20時から飲みはじめたので、
わたしは8時間くらい飲み屋に居たことになる。。
これで会計が破壊的金額にならないところが、このお店のいいところ。コスパはだいじだ!


20091025052411.jpg

4時半、解散して駅前を歩き出したものの
なんか寒かったのでマックなんかに居る。。
店内の席で電子辞書ひきながら眠くて失神しかけて、あわやガチ居眠り。
Your order will be with you soon.
あなたの欲しいものは、きっともうすぐあなたの側に。



いま、雨に濡れた商店街を歩いている。
うすら寒くて、夜明けまであと少し。



首がすごくさむい。冷え込みがまた深くなったらしい。

さみしいということは多分なくて、わたしはぜったい誰か他のひとたちに生かされている。
求愛チーズグラコロ
2009年 10月 23日 (金) 01:25 | 編集
20091023012516
こんなご飯に誰がした。


今週は日を追うごとに、きてますねー。

松屋もコンビニも拒否したわたしはマクドナルドを選びました。

チキンタツタは食べそびれた。結構前におわってたんだね。。
右手にポテト、左に携帯。これ書きおわるまでポテトを食べ続ける。


グラコロって冬の季語にしてもいいんじゃない。


グラコロや恋人三日分の価値


こころの一句がたくさんできてしまう(笑)

なんか、寒いよ!
カボチャの船にアブダクション
2009年 10月 22日 (木) 04:17 | 編集
20091022035111.jpg
ゆりかもめからお台場を見る。携帯しかもってなかった。


仕事でビックサイトの展示会に行った。

先輩たちと仕事の時間を調整したから1人。気楽。ルートえらべるし。
だから、りんかい線じゃなくてゆりかもめに乗ってやった!!
あれは、交通手段というより、おもしろい絶景アトラクションだ。

帰り、浜松町まで水上バスに乗ってやろうかと思ったけど、さすがに自重した笑


クライアントのブースをしげしげと眺め、成果に少し感慨をおぼえる。
ああ、この仕事は私が書いたものはことごとく斬られたんだよなーと思いつつも
たった1つ生き残ったフレーズがあり、数えたら7文字でした。笑



今日も遅くなって、あーもーと思ったので
ツタヤに行って今さら感の漂うCDばかり4枚1000円で借りて、
セブンでかぼちゃプリンを買って帰った。


帰宅してすぐ観測を試みたけど、きょうは流れ星は発見できず。
20分くらい粘ったんだけどなぁ。うーん、ざんねん!
深夜2時にベランダの手すりから顔を突き出して、身をよじって空を見上げてるような人、
少なくとも、うちのマンションには居なかったようで・・・。


出ない流れ星を待つのは、他に何もできないし、じりじりする。
こういうときに人は煙草を吸うのかなあと思いつつ1本だけ吸う。
やっぱり首がいたくなる。


あきらめて部屋に戻る。コンポはつけっぱなしだった。
借りてきたレディオヘッドが、部屋中をでろーんと支配していて、上等じゃないのと思う。
これ聴いたのは3年くらい前だ。すごい前だ。


半分こしたカボチャの中に入って、もっかいくっつけて密閉して、
ずーっと、いっぱい寝たい。毎日ねむいなぁ。。
星屑書簡/オリオンの忠犬
2009年 10月 21日 (水) 04:04 | 編集
前略


秋も深まる今日このごろ、夜風にさそわれて筆をとった次第です。
変わらずお元気でいらっしゃることと拝察もうしあげます。

とくに事件もない毎日を過ごしている私ではありますが、
こうしてお手紙を差し上げて、今日のできごとなどお伝えいたしますことを
笑ってゆるしていただければ嬉しくおもいます。


先ほどまで、ベランダで流星群の観察に挑戦しておりました。
ニットの上着を着て、マフラーを巻いて、なぜかブルガリア飲むヨーグルトを飲みながら。

東向きのベランダは、今回の流星群の観測にぴったりの方角ではありますが、
品川方面の灯りに邪魔されて、星が見えるのはてっぺんのわずかな範囲。
しかも、帰宅が遅すぎて2時に観測を始めたので、
オリオンはほとんど南中してしまって上の階のベランダにひっかかり始めていました。

それでも、嬉しい事に、1つ見つけることができました。
ねがいごとは、おくまんちょうじゃになれますようにとか、そういう感じです多分。
明晩は、2つくらい見つけられたらいいなと思っています。


火曜の夜の楽しみといえば、この前から観ているアニメ「君に届け」です。
風早くんという男の子がそれはパーフェクトな好青年で、
いつもの私なら「こんなやついねーよ」とか悪態をつきそうなものなのに、
これが、すっかりめろめろなんですよねえ。人間、都合良く、できてますね。
主人公の爽子を応援しつつ、風早くんの笑顔にもだえつつ、
コンビニの海藻サラダと3日前のスープとともに、堪能いたしました。


冬の夜空といえば、やはり今回の主役・オリオン座ですが、
その下に寄り添うシリウスも、本当に綺麗ですね。

わたしはいつも、まかがやく一等星のような、きらきらした光に憧れて
一生懸命に何かを希求しているような気がします。
だからいつもいつも、首がいたくなっちゃうんですね。


同封の写真は、おばあちゃんちの近くで撮ったものです。
北上川のあたりを、弟と散歩したのです。
田舎のコンビニって、本当に、駐車場がでかいと思います。
はるか北にあるこのセブンにも、今日食べた海草サラダはあるのでしょう。


とりとめのない文章となってしまいました。

朝晩の冷え込む季節となってまいります。
くれぐれもご自愛くださいませ。
あしたからも、健康で楽しい日々でありますよう。


かしこ




KLS12_200907FJvns800.jpg
Fuji KLASSE S / Fuji SUPERIA Venus800
メリーさんの羊、ハレーさんの塵
2009年 10月 20日 (火) 02:57 | 編集
IMG_5030.jpg
1週間くらい前の朝焼け。休みの前日だったからよかったものの。


週末に寝だめなんかするもんじゃないです!
多分、6時くらいまで眠れませんでした笑
上の写真は違う日のだけど、きのうもうっかり朝焼けてしまい
さすがに怖くなってカメラは出しませんでした。
眠れない焦りですごい変な汗かいて、浅い睡眠となりました。
ひつじ?数えてないです・・・!


それでも、週明けの緊張感で、月曜はなんとか起きれるし、乗り切れる。
わたしが一番たいへんくるしく思うのは、火曜と、水曜です・・・。


IMG_5031.jpg
さっきの写真は、あのあとこうなった。もうこんなに、北にずれていたなんて!



少しいいことがあった。

制作フロアは地下にある。ずっと座ってるとがちがちになるので
ときどき地上の空気を吸いに出て、手足をぶんぶん振り回したりしている。

8時すぎ、そうやって外に出て、なんとなく細い空を見上げると
白い線が、明るい夜空に走った。もしや、流れ星?
見間違いかもしれんけど。

今日あたりから、オリオン座流星群が極大を迎えるらしい。
でもまだ秋だからこんな時間にオリオンが南中はしないだろうし、
流れた場所は、うんと目をこらすとちょうどカシオペア座が見えるあたりだった。
(天文台のホームーページによると、放射点はとくに関係ないみたい)
んー、ほんまかいな。関係ないかもしれないけど。。

本当なら、外に出た一瞬、ビルとビルの間の細い空で見つけられたのはすごいかも!
そしてこのぬるい夜空で見えたってことはすごく明るい子だったのかも!

んー、いいことがあった!ということにしておく。

オリオン座流星群の正体は、ハレー彗星が近づいたときに残していった塵だそうな。
東京じゃきついなあ。夜空がきれいなところで見たいなあ。星野村に行きたいわ。。



日曜に新聞に載ったのを、月曜に見つけると
まるで、名前を呼ばれて
「今週も生きてていいから頑張りたまえ」と
言ってもらえたような気がする。
おおげさかもしれないけれど。しみじみとしんけんにおもう。

ちりあくたのようでも、がんばるのだ。



暗い水をかきわけて

墜落した星を捜す

海底のドアを押し開ける

お帰りなさい

Welcome back to the black room.



晩ご飯を物色するローソンで、店内のラジオが1時って言いました。

それ聞いて、納豆巻きとねぎとろ巻きを手に、すっごい嫌な顔をしてしまいました。

あしたもがんばるんだい。
Roll the dice, Change your life/惰眠にアボカドの葉を浮かべて
2009年 10月 19日 (月) 03:12 | 編集
EM04_200909FJvns800_0004.jpg
It's my game.  下北のへんなカフェ。ガラステーブルの下にがらくたがごろごろ
Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Fuji SUPERIA Venus800


この週末、合計20時間くらい寝たと思います。
ええ、土曜日は、ブランチが終わってから起きたのですよ・・・。


土曜、新宿で酒席をハシゴ、ダブル幹事!


高校のブラスの友達と飲んだ!私を含めて3人こっちにいるのです。

部長だった男の子が呼びかけてくれたのだけど、
彼は当日になって、仕事が長引いて来られなくなってしまいました。
幹事引き継いどって良かった。。今度は3人で!

結局、女2人で盛り上がってしまいました。
彼女はフルートの子で、裁判所の書記官の試験に受かって研修のために東京にいる。
ほんとうに何年ぶりっていうくらい久しぶりで、うれしかったなぁ。

その子とは仲良しだったし、もともとおもしろいっていうのはもちろんだけど、
自分がまったく選ばなかった仕事の話を聞くのは、ほんっとうにおもしろい!


「書記官ってどこにおると?」
「裁判官がいる段の下の段」
「そうなんやー!テレビでみたことある!あそこかぁ!」
「ちょこっと映ったことあるよ。」
「記録って、手書き?」
「ううん、昔はそうやったけど今はちがうよ」
「じゃあパソコンなんだね」
「それがさー、裁判所のパソコンって、ワードが入っとらんとよ!?」
「えーなんか特別なソフト?」
「ううん・・・・一太郎。」


(以上、守秘事項ではないと確認とりました。笑)


彼女は寮の門限があるので早めの解散。
ほんと、たのしかった。また飲もうねー!



きらきらした新宿三丁目の交差点を、伊勢丹の角めがけて、次の自分へと歩き出す。

新宿はワンブロック歩くだけでぜんぜん違う街になる。


ちゃんとしたバーのジントニックは、口当たりがやわらかくて好き。
ジビエのエゾ鹿をぺろりんと食べる。
すみれのカクテルをちょっとずつ飲む。
東京の夜景を空撮した映像を、ぼーっと眺める。


終電めがけて、歌舞伎町を爆走。

「ホームまで、7分です」

と、バーテンダーは笑顔で送り出す。



歩いたこと、走ったこと、電車に揺られたことを刻みつつ。

アボカドの種のくぼみに、醤油とわさびと何かを混ぜて。

なるべく、できるだけ、怖い夢を見ないように。



誰かの助けになりたいと、強く思います。



ほんと、わたし、よく飲んでますね・・・。
完食の野望 その3/キムチ鍋の素
2009年 10月 19日 (月) 02:26 | 編集
IMG_5039.jpg

賞の締め切りまで2週間しかないんですけど笑

まだやってますこの企画。。完食できるかなー!



先週末つくってみた。
作り始めたらデジカメのバッテリーが切れたので、途中は写メ。
まあ、ある意味、ネタっぽい臨場感はあるかもね。


20091019021234.jpg

いきなり水にこれ入れちゃうんですね。 濃縮タイプというのが売りらしいです。
1対2って書いてあるけど、てきとう。

具は、ボトルに書いてあったレシピのものをほとんど揃えました。たしか、ニラ以外。
豚肉、白菜、豆腐、葱、えのき。

20091019021226.jpg

よく煮えてますねー
ここまで煮えて味見したところで、豚肉を入れ忘れたことに気づく。
豚肉が入ってないと、売り文句通り、魚介の風味が感じられました・・・。もろに。


豚コマの冷凍を突っ込んで煮えたら出来上がり。(雑!)


IMG_5033.jpg

できあがり。(デジカメの充電復活)


ごはんがすすみますね。

そういえば、実家で鍋のときは、キムチ鍋はやらないので、
キムチ鍋ってだいたい、大学生の思い出なんだよなぁ。ふう・・・。


秋の夜にキムチが染みる一人鍋  あっ、こころの一句になってもうた!



ほんとうは普通のキムチ入れるほうが好きだなぁ・・・。
これで390円くらいなので、濃縮だし、何回も作る、と思えば悪くないのかも。
一人暮らし的には、野菜をかなり食べられるし簡単だし、いいのかも。
サイトには応用レシピが山のように載っていたので、試してみようかな。



あー、何て書こう。 (つづく)
一億総ペダンティック/コラーゲンに願いを
2009年 10月 17日 (土) 05:04 | 編集
EM01_200908kdkGLD400_0004.jpg
真剣に生きる  下北沢  Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD 400
わたしは大学のときのバイトで、2年間いけすに親しんで過ごしました。



さっきのは、ちょっと前に書いたテキストだったのですが
今、妹に借りた本を読んでると
「読書」に対する作者の考え方が人物のセリフを借りてはっきり主張されていて
あ、タイムリー!と思いました。恩田陸の本です。
ペダンティックって言葉も、この本で覚えたの!
(すぐ使ってみたがるところが、ペダンティック。笑)


今週が終わってほっとした。来週も再来週もこんなかんじなのか。。
わたしは病弱ではないけど頑丈にできていないので、
こういう仕事でも元気にやってく方法をしっかり確立させないとなあ。


合コンのピンチヒッターのお誘いを受けるも、開始までに退社できないと踏んで断念。
こうしてまた、未来のおむこさん候補を見失った。


今日が返却期限なのに見れなかったDVDを、意を決して返しに行く。
帰宅してから見ようと思ったけど、あきらめてしまった。
3時半に、夜道を歩く。寒いので11月みたいな格好で出かけた。

めっちゃ残念でくやしいけど・・・やっぱ延滞払わなくてすんでよかった!!
楽しみを後にとっといたってことで、また借りよう。



あしたはブランチが始まるまでに起きよう
いや、うーん、ブランチが終わる前に・・・。笑
「ごめん、読んだことなくて。。」について
2009年 10月 17日 (土) 02:14 | 編集
KLS06_200906sola400_0001_20091017021142.jpg
近所の古本屋。relax、復刊してくれー。。 Fuji KLASSE S / Solaris400


読書の秋ですね。

本を読むことについて、情けない話をします。


わたしは、カフェとかで本を読むのがすき。
でもこれは、「おっしゃれー」的な欲求よりも、
こうでもしないと読めない、という切実な理由による。


わたしが家で本を読めないのは、生来集中力がなく、とにかく気が散るから。

あー、そこに落ちてる服をハンガーにかけなくちゃ
そういえば、スピーカーの上のほこりが気になる
ていうかいい加減、たまった家計簿つけないと
やっぱりここの本の並びはこのほうが
これ、いつ現像した写真だっけ
今ってテレビ何やってたっけ
あ、洗濯機が終わった
あ、のどかわいた
あ、携帯が



それから、じつは、電車でもそんなに読んでない。

電車で読むのは好きだけど、通勤の半分以上が歩きで、乗り換えはさんで4駅だけ。
用事があって知らない街に地下鉄で出かけるようなとき、
30分とか乗ってるから読めるけど、実は乗り過ごすのが怖くて話半分である。
さらに、わたしは電車で立っているのが下手で、そのくせヒール靴大好きなので
座れないときに安全を保ちつつうまくページを繰るのは、じつはむずかしい。
言わせてもらえば、福岡の電車より揺れる気がするのだ。



生きていると課題図書ばかり増えていく気がする。

いつかは読もうと思っている本はたくさんある。
文豪の名作、燦然と輝く古典、今さら読んでないと言えないあれとかこれとか。
でもつい、先月出たばっかりの本を、よく親しんだ人の本を手に取ってしまう。
だって、初めてのドアを開けるレストランは、緊張するでしょ。
顔とオーダーを覚えられちゃうくらい通いまくった居酒屋のほうが怖くないでしょ。

そうこうしてるうちに、過去の名作に手が伸びるときなんてあるのかなー。

(ないような気がする・・・)



有名な女性誌でも、毎年、読書特集が組まれている。
モデルさんや女優さんが愛読書を紹介してたりする。私は1冊も分からなかったりする。
ただでさえきれいなひとに、知的な品がくわわって、もう鬼に金棒だ。
ただでさえびじんじゃないので、もう勝てない。。


わたしだって、自分の本棚が好きだ。
読み終えた背表紙が親しげに並んでいると、ほっとする。
友達が来て、本棚を見て「これ読んでいいー?」みたいのは、全然大丈夫。

でも、会社の子と、「いま何読んでる?」みたいな話をしたとき、
「んー、安部公房とか」って返ってくると、びびりあがってしまう。
ご、ごめんなさい、ぜんぜんわかりません・・・。


世界中の本を読んだ人は多分いないから、
本屋に一歩足を踏み入れたとき
「ここにある9割9分9厘の本を読んでない」
なんて絶望することはないと思うんですが。


買ったけどまだ読んでない本も、借りたけどまだ読んでない本も、
半分くらいで読みかけの本も、たくさんある。

あと、ものによるけど、読んだ本はかたっぱしから筋書きを忘れてしまうので
同じ本を読んだ友達と話が全くかみ合わないことがある。・・・ごめん。


あ、どんどん情けなくなってきました。。


とか言いつつ、やっぱりきょうも、
読みやすい、好きな本を鞄にいれて出かけて、読まなかったりして帰ってくるのでした。
凍えるひまわり
2009年 10月 16日 (金) 03:04 | 編集
EM04_200909FJvns800_0003.jpg
夜風に秋のひまわり ゆうに2m・・・っていうのが林立してた。シュール。下北沢。
Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Fuji SUPERIA Venus800(スキャンで白フチがずれた)


きゅうに冷え込んだねぇ。ついてけてるかな私。。

喉の「ひょるん」を防止するためにも、なにか巻く。ストール好きだ。
こないだ買った、ファーのティペット(つけ襟)が気持ちいいの。そして可愛い。


今週はずーっと日付越え。。がんばるー。
冷たい金木犀、紙パックの梅酒、隣のカレー
2009年 10月 15日 (木) 03:49 | 編集
EM04_200909FJvns800.jpg
夕暮れ、三日月、中野駅  Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Fuji SUPERIA Venus800


この季節、いつも、空気にキンモクセイの香りがうっすらまじっている気がする。
地下鉄の出口にも、駅のホームにも、商店街の路地にも。
1年のうちにちょっとしか味わえない、すごく好きな空気です。

しかし、同時に、のどを冷やす季節でもあり、
ぜんそく歴のあるわたしは、気管が「ひょるん」と言い出すので、要注意。



そわそわする気温と香り。むかしの何かに関係あるような。
大学の、学園祭のじゅんび?・・・そんな、ベタな。。


大学で、学園祭のために厚生棟にいた頃が、一番お酒飲めた気がします。
ただし、もっぱら梅酒でした。今思うと、どれだけの糖分を摂取していたのか。
卒業してからは、ビールが少し飲めるようになって、
日本酒が好きになりました。30歳くらいになったら、ワインも好きになれそう。

そういえば、わたしは最近、ほぼ毎週飲んでる気がします。


今日のお弁当のはなし。
サトウのご飯は少なかった。冷凍しといたカレーは多かった。
しかも自分で勘違いしていたのだけど、このカレーは、
こないだ妹が作ってくれた、牛肉の美味しかったやつではなく、
その1回前に、豚ひき肉しかないときにわたしが作った、
しかもサラサラになった微妙なやつだった。ちょっとテンションが、下がる。

あっためてカレー皿についで、そろそろとデスクに運ぶと、
先輩が、ひとくち味見させて、と言う。

自分で作るときは鶏ガラや昆布を仕込んだりして、カレーに一家言ある先輩なのだ。
びびってしまい、「そんなにおいしくないですよ」と、先に断っておく。


一口食べた先輩は

「おいしい。よそんちのカレーってうまいなー」

と言った。 


ああ、それはなんか、分かる気がするなあ。
詩情欠乏症の処方
2009年 10月 14日 (水) 03:41 | 編集
窓の外を見たら、薄い月が出ていたよ。


今週は、狂乱のプレゼンウイークだ。あああ。
終電で帰れるのは、わたしにかけるタクシー代がもったいないからである。
どっちをとっても申し訳ない。

情けないことに、お弁当の注文でちょっと失敗した。
先輩に聞いたとおりの数を注文し、会議室に届けたら、
いつのまにか代理店のひとが増えていて足りなかったのだ。
制作フロアのひとの分をもらって先に会議室に届け、追加注文にて対応。
なんのことはない、会議室を自分の目で確かめにいけば防げたミス。

それにしても、コーヒーを出すタイミングに腐心し、お弁当の調達で手間取り、
ほんと、わらっちゃうくらい情けない話。
それくらい、完璧にこなそうよ・・・、自分。


はい。



きのうは

取り置きしてもらった美術展カタログを買いに、神保町に出かけました。


V_H.jpg



さかのぼること数ヶ月。
わたしは、ハンマースホイというひとの展覧会の図録がほしくて探していた。

昨年末にあって、東京出張の前日に終わってしまって行けなかったけど、
どうしてもそのひとの絵がすきで、画集でもないかしらんと思って探すと、
日本語のものは、その美術展のカタログしかないことが判明。

定価はたぶん・・・3000円くらいだったんじゃないかなー。

美術館では完売していて、神保町の、美術系につよい古書店に電話をかけると
「あー」みたいなリアクションで・・・どうも、人気のカタログだったらしい。

出たら、お電話しますね。と言われて、連絡先を伝えた。
とはいえ、その時点でもう5、6千円っぽかったので、
のちのち値上がりするんだろうな・・・そして出てこないだろうな、と思っていた。


先週、携帯の留守電に、入荷したとの連絡が入っていた。
電話をかけなおす前に調べてみると、
ヤフオクでは1万円、全国の古書店検索によると、名古屋に1冊、8千円。。
む、むおぉ。。


「入荷したとのことなんですが・・・あの、おいくらになりますでしょうか」
「6500円になります」

「買います」


この直前、「人として図録にいくら出せるか」というタイトルで
父にメールにて相談していた。父は古本好きなので・・・なんというか。
これまでは「また変な古本買ってからー」とお約束のようにツッコミを入れていたのだが。

「本は出会いだからそのときに手に入れることが大事」

父は、自分のこれまでの行いと娘のこれからの行いを、まるっと正当化した。
ああお父さん、わたしはあなたの娘です。。


はじめての古書店街は、想像以上に独特の空気を放っていた。
迷路のような店内、うずたかく積まれた茶色い背表紙、一様に首を垂れて何かを捜す人々。

「お電話いただけてよかったです」
「いやー、もっと長いこと出ないことも多いですよ」

本が持ち込まれたりして見つかることを、出る、出ない、というのですね。
カタログを無事に購入し、2、3店舗まわったけど、独特の「気」が強すぎて、
まだまだ小娘(例によってスカート)には敷居の高い異空間でした。笑


かんじんのカタログは、思ったより分厚くしっかりした装丁で、
解説も収録点数も充実していて、手に入ってほんとうに、よかった。。
近くの紅茶屋さんで、どきどきしながら読んだ。

絵は、やっぱりとても好きなかんじでした。
誰もいない部屋、なぜか後ろ姿ばかりの妻、椅子の足などが隠れる微妙なアングル。
たとえば、上にあげた絵、ピアノの足がなんか足りないように見えるでしょう。うふふふ。


とくに美術に造形がふかいわけではありませんが、
一番好きな画家というものを見つけることができて、すなおにうれしかったのでした。




はい。



ときどき、深夜にぼーっとノイタミナ枠のアニメを観ているのですが、
(※10/16訂正、日テレだそうです!タナさんありがとう。さすが。笑)
こないだはじまった「君に届け」に、わたしは


めろめろです。



さわやかで気だての良い高校生たちが織りなす心の機微に、やられっぱなし。
きらきら成分をチャージしたところで、明日のために眠らなければ。


あしたのお弁当は、冷凍してあるカレーと、サトウのご飯を持って行くつもりです。。
日曜日の女神
2009年 10月 12日 (月) 01:28 | 編集
smn35_200910ptrNC400.jpg
駐車場が、テニスとストラックアウトの会場になってました。自由が丘女神まつり。
Lomo smena35 / Kodak PortraNC 400

この写真は、撮影、現像、受け取り、スキャン、ブログアップまで全部今日。奇跡の1枚!

妹に貸してたスメさん、中身を現像に出そうとしたら2、3枚残ってたので、
これは、私が撮ったのです。このプリントだけもらってきた。



きのうは、千葉のイケメンと飲みました。
なぜか福岡県K日市と代ゼミ九大理系クラスの話になりました。笑

日付変わる前に解散し、商店街のマックに寄り道をしてひとりで本を読んで帰宅。
ブログのスタイルシートをちょこっといじったり(ご覧の通りです)
なんかごちゃごちゃと作業に熱中してたら朝になってしまった。
わたし、卒業した学科に似合わず、ほんとにHTMLとか分かんなくて
ちょっとしたカスタマイズに信じられないほど苦労します。
なんとか思い通りの表示になったけど、
無理矢理やったところがソースきたなくて、納得いかない。。

朝焼けを撮って、洗濯をして、干してから寝ました。すでに日は高々と、9時半。笑


2時間後、妹の電話で起きる。もっと寝てやろうと思ったけど起きれた。
きょうは妹と自由が丘で遊ぶことになっていた。

行ってみたら、自由が丘は、お祭りの日だった。
ステージがあり、出店があり、パレードがあり、たくさんの人、ものすごい活気。
うっすらナチュラルハイだったわたしはますます元気になってしまう。

免許の更新を済ませてきた妹を待つ間、前髪を切る。
(Tるいは今、ぱっつんなので、しょっちゅう切らなきゃなのです・・・)

待ち合わせて、カフェで名物のオムライスを食べた。
お姉ちゃんの中学校~高校にかけての反抗期は、ひどかった。
という話をむしかえす妹。笑

にぎやかな街をそぞろ歩き。お店を冷やかし、ときどき写真を撮る。
天気もいいし、今日はどこにいってもおもしろかった。
お祭りのおかげで、スタバではホイップとカラメルソースが無料だった。



帰ろうと駅前に戻ってくると、
ロータリーのステージ前が、今日一番じゃないかってくらいの人だかり。
男の人たちのグループが、アカペラで歌っていた。

駅に上がると、最後の1曲でものすごく盛り上がっているところ。
東横線は高架で、下りホームからはロータリーがよく見わたせたので、
通過待ちをしている各停の窓に張り付いてちゃっかり鑑賞。音はじゃんじゃん聴こえる。

ロータリーを埋め尽くす人たちの、高くかかげた手拍子の波。
終わりに向かってどんどんあおって行くステージの6人。
すごい一体感で、離れたところから観ても、楽しめて、いいなあと思った。

その盛り上がりの波は、今日の街全体の空気にもつながる気がして、
あー、今日はたのしかったなー、やっぱ自由が丘はいいところだなーと思いつつ、
曲が終わり、おおきな拍手が広がって行くタイミングで、

「お待たせしました、各駅停車渋谷行き、発車いたします」

多幸感にふわふわしながら帰宅。いい一日だったなあ。
ぜんぜん寝てないのに疲れなかったし。女神様のおかげ?



ところで、
歌ってたのがRAG FAIRだったってことには、私も妹もまったく気づきませんでした。。
(今、しらべた。)
North Town Supermarket
2009年 10月 11日 (日) 03:06 | 編集
KLS11_200907sola400_0006.jpg
「おじいちゃんスイカ好きだから」と、叔母。 Fuji KLASSE S / solaris400


最近、近所ってかほぼ家の前に、スーパーができた。
これまで、近くにスーパーがなかった。徒歩10分くらいかかるところにしか。

しかし、T急ですよ。高いんですよ。でも、距離に負けて、行ってしまうと思う。


こないだ、写真をごっそりスキャンしたので
7月に、岩手のおばあちゃんちに行ったときの写真を載せます。
もうすっかり秋なのに。笑


今回は、スーパー。
叔母と、弟と、3人で買い出しに行ったときの。
地域が違うと、なんとなくスーパーの雰囲気も違うような。おもしろかった!


あと3枚。
王子様は、歩いて来ない
2009年 10月 10日 (土) 04:33 | 編集
(白馬でも来ない)


西麻布の交差点に小栗旬がいる、と聞いて、
マネジメントのお姉さんたちとすっ飛んで行った。

次の月9の撮影かな。
衣装はグレーのスーツで、とがりすぎないデザインの、ごく普通のサイドベンツ。
しゅっと、まっすぐ立っていて、過剰なオーラは出していなかった。
ひとことで言ってしまえば、なんか、感じがよかった。
遠くから見ただけなのに、勝手に好感度を上げる。たぶん、いいひとだ!(笑)

「ええもんおすそわけしてもらったなー」とか言いつつ、
お姉さんたちと、うきうき、会社に戻った。



王子様を捜索しなくては。

なめらかで、知的で、動じなくて、私のことを意に介さない人。

カードもタグも要りませんから。

ハロー、きこえますか。いまどちらに?




ライブラリで先輩と資料探しをしていて、
広告批評のバックナンバーに、ラーメンズが表紙の号を見つけた。2001年!

このころ、お笑いブーム前夜。わたしはまだ高校生だ。なつかしい。
若々しいふたりのロングインタビュー。すてきだ。


「ああ、小林賢太郎と結婚したい・・・」

「俺の友達、めっちゃ似てんで」

「まじですか!紹介してください!!」

「いや、もう結婚してる」



(泣)




夜中、会社でとったお寿司の出前のわさびに悶絶。

終電2本前、酔っぱらいとともに電車で運ばれて帰宅。

休日出勤、またも免れる。連休はちゃんと3日休める。


ツタヤでラーメンズのDVD借りてきたから、さみしくないぜ。
完食の野望 その2/アルトバイエルン
2009年 10月 09日 (金) 03:12 | 編集
IMG_5022.jpg

2こめじゃ。

伊藤ハムのウインナーです。

わたしはウインナーけっこう好きなのですが、
おっきい袋で390円とか、ラッキーだったら298円とか
そういうお徳用のしか、買いません。実家でもたぶん同じだったような。

つまりー、この商品って高級ブランドなソーセージなんですよね。
近所のスーパーで買い求めたのですが

2束組み合わせで

480円


高い!!!

同じ伊藤ハムでも、ふつうの「あらびきウインナー」だったら100円くらい安かった。
というか、日本ハムのライバル商品・シャウエッセンより高かった。


そんだけのことなら、きっと旨いのであろう!食べてやろうじゃないの。
ということで、いちばん美味しく食べれそうなボイルにしてみた(いちばん楽でもある)

IMG_5024.jpg

2本、タコさんになりかけて失敗した。
親友がくれた、一発でタコさんウインナーつくる道具なんだけど、これは技術がいるなあ。
(彼女のために言っておくと、そのときもらったプレゼントのメインは、可愛いキッチン秤です。)


IMG_5025.jpg

マスタードつけて、いただきます (わくわく)


ぶちっ


うまっ



値段だけのことはあるよ!お徳用ばかりを食べていた私にはびっくりだよ。
なんか、肉感っていうか迫力っていうか、食べごたえがいつもの1.5倍くらいあるよ。


ライバルのシャウエッセンは、昔からずーっと「パリッ」っていう音訴求ですよね。
こっちは、ぶちって言いました。


わたしは、タコさんで精一杯でしたが、
こないだ「あらびき団」で、伊藤ハムの広報のお兄さんが
「ウインナーアート」なるあらびき芸を披露していて、
ぞうさんとかぶたさんとか、手際良く作ってて、おもしろかったです。
そして、めちゃくちゃ伊藤ハムの宣伝になっていました。笑


IMG_5026.jpg

タコさんはその後、自分はタコさんであると精一杯主張しながら、お弁当に収まった。


あー、何て書こう。 (つづく)
嵐、街灯、未来の箱
2009年 10月 08日 (木) 02:36 | 編集
KLS09_200907agfa400.jpg
都営地下鉄の駅って暗い。。  Fuji KLASSE S / Kodak PortraNC 400

台風で止まったりせんかな、と思いつつ、東横線は西鉄ばりに強気らしいです。



ついに、お山が動いた。でっかい仕事がはじまったのだ。
春に打つ広告を、今から・・・・・・・・しぬ。

今日は、ひさびさにブレスト5時間など。うっ。。



きのうは家電メーカーのおまつり・CEATECに行ってきました。
各社がこぞって最新の技術を展示・紹介。会期中、20万人ものひとが訪れるのだそうです。

幕張は遠く、建物が大きく、茫洋と、雨で、さむかった。
黒々としたスーツの集団が、幕張メッセめざして行軍してゆく。

「20万人中、18万人が、まあ、義務やろな」

と、先輩は言った。


必要な箇所を、先輩としんけんに見て回った。最先端を学びました。

わたしの部屋のテレビは、おさがりの、21型のブラウン管です。


印象に残っているのは、マイナー企業が派手に作ったブースで、
きわどいコスチュームのお姉さんたちが扇情的に踊り狂うステージがあり、
わたしが見た中では、最も人垣ができていて、おおいに活況だったことです。

そこのお姉さんに、うまい棒もらいました。




窓をちろっと開けて、台風を見てみようとする。

雨はじゃんじゃか降っているのだけど・・・見えないなあ。

姿の見えない嵐の中。つよくなれるか。
寝言
2009年 10月 07日 (水) 04:18 | 編集
しーてっくに行ったせいで疲れ果てて帰ってきて
ごはん食べて、ぷっすまスペシャル見てたら2時間くらい寝てしまった

ので、いま、ねむれない。。



本当の素敵が眩しすぎて膝が折れる

思い出しては、勝手に傷つく

水たまりから出られないまま天を仰いで

台風を待ちわびる



寝たい。
ライアン・ラーキンという人を知った。
2009年 10月 07日 (水) 01:39 | 編集
ryan.jpg

きのう、雨のスペイン坂の、小さなシアターで、
「ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション」を観た。

下北沢で観たやつといい、最近カナダづいているなあ。


若くして栄光をつかんだものの、その後、路上生活を送った天才アニメーション作家。
過去の作品と、ドキュメンタリーと、仲間によって完成された遺作など、
数本のフィルムから成る1時間ほどのプログラム。


やっぱり過去の代表作、
「ウォーキング」(1968)、「ストリート・ミュージック」(1972)がよかった。


「ウォーキング」は、水彩の色が鮮やかに明滅しながら、本当にひとが歩いているだけ。
でも、少しずつデフォルメされていたり、誰一人として同じ歩き方をしていなかったり、
「歩く」という動作をここまで凝視した、っていうことがすごいんだとおもう。

「ストリート・ミュージック」も、美しい線が流動的に動き続けて、
命を持った水を眺めているような気持ち。線はあるけど、輪郭はないんだなぁ。


この2つは、ただ動いてるだけで、プリミティブなのに、すごくおもしろかった。
動作そのものや、「音楽」がタイトルになっているように、
いわば、純粋な詩みたいなものだったんだとおもう。
「ウォーキング」の人々が、夢の中のような表情でただ歩くだけだったように、
本人も、ただやりたくて、夢中で作ったんじゃないかと思う。


この後、最後に上映されたのが、
35年ぶりに制作に取り組んだものの未完のまま残され、
仲間が完成させた遺作「スペア・チェンジ 小銭を」(2008)。
そこには、かつての作品に見られた動きのモチーフも再現されているのだけど、
なんとなく、前のにくらべて、少しつまらなくなっていた気がする。

それはたぶん、アニメーションに、意味や情報を盛り込んでいたから。
あからさまな意味のせいで、詩的な美しさとかドキドキする感じは失われていた気がする。
人物の表情は「こう思っている」という記号性を帯びて、やや平板だった。
恋人と宇宙に飛び出して地球を眺める、なんて題材は、すごく「ふつう」な感じがした。

途中で亡くなってしまっているので、どこまで本人が作ったものか分かんない。
でも、こうやって遺作が形になったのはすごい価値があると思う。


25歳にしてアカデミー賞にノミネート。
早すぎる成功が、彼を苦しめ、転落させた、という。
それも含めて、最後に観た遺作は、なんだか少し悲しい印象を残した。

初期作品から遺作までの軌跡と共にある天才の人生をたどる、濃密な体験でした。

今までぜんぜん知らなかったので、観れてよかった!
ふるふると秋雨
2009年 10月 06日 (火) 02:17 | 編集
IMG_5017.jpg
ちょっと前の花 もうバラは、吊るされてます(ドライフラワーになり途中)
アイビー(緑の蔦)には、無事に根っこが生えてきたのでこのまま育てます。


食べるのが好きなのでアホなことを書き始めましたが、
これは、日記。


仕事で、3Dテレビを体験してきた。

きわもの、やと思ってたけど、すごかったです。
臨場感が、はんぱない。映画とかよりスポーツのほうがいいのかも。

でも、いきなり前に、ぎゅん!って飛び出すような映像のときは、
思わず身構えるというか、「ひっ」って言ってしまいそうな。

かかわった広告が、会場の施設をジャックしている。はじめて見た。壮観だ。
あのおっきい幕のちっさい字、文字校正、わたしもしたよー!




今日はあほみたいに早くあがれたので渋谷で映画みてきました。
雨の渋谷は、かなり困難であった。ずるずると濡れながら交差点を渡る。

パルコの前で、転んだひとがいた。明日は、我が身。


観たのは「ライアン・ラーキン 路上に咲いたアニメーション」。
レビューは書き上げたけど・・・明日アップしよ。。



ぬれねずみのようになって帰宅して、きのうのシチューを食べて、
途中から、「世にも奇妙な物語」を観ました。

妹とメールで「クオリティ落ちたねー」と感想を言い合いつつ。


クライマックスで

意気揚々と「オチ見えた!」 ってメールしたら

妹は「開始5分で分かったよ」 って・・・。
完食の野望 その1/白い恋人
2009年 10月 06日 (火) 01:25 | 編集
IMG_5027.jpg


言わずと知れた北の名菓。
北海道は行った事ないけど、食べたことは、ある!

でも、買ってきた(笑)


こないだの連休で、物産展をやっていた日本橋の三越まで行ってきました。
北海道の物産展って、都内のどこかで常にやってるものらしい。

もちろん福岡に居たときも、大丸とか岩田屋に来てて、
ももち浜ストアとかで「絶品スイーツが!」「新鮮魚介が!」って言ってたけど、
学生にはあんまし用事がなかったんよね。。


はじめて行った物産展はすごくおもしろかったです。

試食しまくりました。

いかしゅうまい
昆布出し
韃靼そば茶
いかめし
いかの塩辛
ハンバーグ
ヤギのチーズ
生ハム
「じゃが豚」のスープ


全部おいしかった!

昆布出しは、おばちゃんに、まんま、出し汁を飲まされました。笑
そして一袋千円の「お徳用」昆布を買えと迫られました。



IMG_5028.jpg

肝心の白い恋人。シンプルなのにおいしくて、飽きない!
妹と私は同じ高校ながら、1個下から修学旅行先が長野から北海道に変わって、
同じスキー研修なのに、おみやげのレベルが激しく変わった。
妹が家族に買ってきた白い恋人は、私がたぶん半分くらい食べた。



物産展のすてきなおまけ

IMG_5021.jpg

でーん!1000円で市場丼!!テイクアウトして晩ご飯。おいしかった☆



あー、何て書こう。 (づづく)
完食の野望 序章
2009年 10月 06日 (火) 00:58 | 編集
仕事柄、取り組まなければならない賞があります

20090901_l.jpg

1行で100万円!がふれこみの、コピーの賞です。
商品や企業のキャッチコピーを考えてあわよくば100万円もらおうっていう賞です。
今年は70もの企業が協賛し、課題を出しています。
ああ、気づいたら課題発表からあんまり進まないまま1ヶ月過ぎてしまった。。


課題が載ってる本誌をぱらぱらめくっていて、食べ物のが結構あるなーと思った。

食べ物の課題を書き出してみました!(数字は課題番号)



(削除しました)



もちろん70もあるので全部やらなくてもいいんだけど、
食べ物のは、食べてみらんと絶対書けんよねー、と思って


締め切りまで、可能な限り、食べてみることにしました。



19の霧島酒造、黒宝霧島だけはパスします・・・。(健康用の焼酎)



・・・食べたから書けるってわけじゃないけどね!



ほんとに誰でもできる賞。あと1ヶ月あります!
締め切り日のゆうゆう窓口で、お会いしましょう(笑)



あー、何て書こう。 (つづく)
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。