春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切り結び、輝き、ぶつかって、まとめる2009
2009年 12月 31日 (木) 23:59 | 編集
20091231231908.jpg
おおみそかを彩るお寿司と、それを狙う猫(残像)


ことしも終わりますね。

すごい、すごい一年間でした。

真顔で言わずにはいられない。それくらいの年だった。


年明け早々に引っ越してから、1年が過ぎようとしています。
就活では選択肢にも入れず、まったく住むつもりのなかった都会に暮らし
たぶんわたしは、違う人になったってくらい、かわった。





引っ越して2週間で、
大学時代の半分以上を一緒に過ごした人がとつぜん居なくなりました。
別れるまで楽しかったことばかりだったはずなのに、悔やむことのほうが痛烈に残ります。
いまさら何をしてみても本人のためにはならなくて、
どんな「ごめん」も自己満足としてひるがえり、わたしの頬をぶつのです。

それはとてもおおきかった。





去年は「書くこと」について考えた1年でしたが
今年も方向としては同じで、それに毛がはえたって感じです。

今の会社で肩書きはカタカナのそれっぽいものになりましたが
それよりもー、ちゃんと役に立つ人になりたーい、なれてないからがんばるー。


半年前から、突然あたらしいことを始めました。
なんではじめたのか、今ではよくわかんないです、忘れた。。

右も左もわからないのに飛び込んだ歌誌で、たくさんのひとと出会いました。
あの場所にあたたかく優しく迎え入れてもらえたことが、へたれな自分を変えた。
それとは別に新聞歌壇に投稿を続け、2009年の秀作に選んでもらえました。

これからも、なにかの形になるまで、続けていきます。





2回、ふられました (爆笑)





「決定済み」の前に、自分の力が及ばないことが多かった。


わたしはいつも
分厚く冷たい氷の壁の前で、自分だけのピッケルをさがして、
泣いたり悔しがったりしながら生きています

向こう側に突き通せる何かを、生きているうちに見つけられたらいいのですが
いま手に持っているものが、佳作量産の日々に終止符を打ってくれるとよいのですが

これ以上道具を拾うのは愚かだとおもっているので

でもわたしは、念ずれば多分通ず、と、ばかだから信じています





こんなにめんどくさいわたしですが、
それなりにちゃんと生きていられるのはまわりの人のおかげです。
いつもありがとう。これからも仲良くしてくれたら、ほんとうにうれしいです。





あっっ     年賀状・・・・・・。
スポンサーサイト
カードを切れ、めくれ、祈れ、明日の水色はどっちだ
2009年 12月 31日 (木) 02:09 | 編集
鏡餅のCMではじける高橋英樹を見ると、年の瀬を感じますね。

スーパーで大量に並んだ黒霧のパックとサトウの丸もちを見ると、地元を感じますね。
(こっちのお雑煮は、切りもちじゃなくて、丸もち。うちのは違うんだけど)


いま実家です。壊れてないまっくぶっくで書いている。


こわれた子は、とりあえず実家に持って帰ることにしたのだけど
空港で手荷物を預けるときに、お姉さんに聞かれた。

「中に壊れやすいものはありませんか?」
「あ、ノートパソコンが・・・」
「カメラやパソコンなどの壊れやすいものは機内へのお持ち込みをお勧めしておりますが」
「えーっと、いいです(壊れてるし)」


濃かったこの1週間をシャッフルする


・年の瀬なのに進むプレゼン、調べものざくざく
・終電とかそんな日がつづく
・デザイナーさんにはげしく迷惑をかけるミスをやらかす
・あやまる。めっちゃあやまった。ううう。

・歌会とクリスマス会
・ひとみ姉さんと愛に満ちたイブ
・池袋でシュールなクリスマス
・あみちゃんとほっこりする
・大学の友達とちまちま連絡をとる
・大学の先輩の作品の、記録撮影など

・お酒のプールに浮かぶ
・涙のスープに溶ける
・やっぱりどうしても

・「やめとけ」
・「やるんやったら、とことんやらなあかんて」
・「夢中になれる何かがあるのはええことやと思うで」


・数年にいちどしか言わないセリフ


・行動開始が飛行機の3時間半前
・助けて中央特快
・帰ってきたら、洗面台の水が出しっ放しだったという恐ろしい事実
・「40分で支度しな!」
・食べきれなかった冷蔵庫の中身、クリスマスイブが賞味期限の卵(3個)など
・顔だけ洗って、コンタクトは30時間入れっぱなしで、ぐちゃぐちゃに荷造りして飛び出す
・助けてエアポート快特
・16:30、機上の人となる。おみやげも、買えたんだぜ。。


飛行機に乗ると、いろいろと考えてしまう

うすいラベンダーの夕霞の中を、ゆったりと飛び立つ。
東京湾に浮かんだ十四夜の月が、まっしろに明るい。
西へ向かって飛ぶということは、終わらない夕焼けを追いかけること。

飛行機から眺めるマジックアワーは本当に綺麗で
ああ綺麗だ綺麗だ、と思いながら

綺麗なもの、心震わすようなものに、魂を売ってもいいとか思う





実家にひさしぶりに5人と2匹がそろって、今夜はすき焼きでした。
わたしが味付けをしたらしょっぱくなりすぎて、
2回目、お父さんと妹がやり直したら甘くなりすぎた。

家族で、のだめ23巻を回し読みしています。





ところでわたしは、カメラが扱える子でよかった、技術的には甘いけど
今回ほどカメラやっててよかったと思ったことはない
でも今回の帰省、カメラ1台も持ってこなかった
なんだか、いっぱいいっぱいで笑





あっ  年賀状・・・

口説き文句の話・ファイナル
2009年 12月 30日 (水) 14:02 | 編集
はい、やってきました最終回!
これまで、いろんなひとにこの話題を出して
貴重なアイデアや生のセリフを聞かせてもらいました。
みなさん本当にありがとう。
もう一生分口説かれた気分です☆


さて、おさらいしますと


「きみといると、おちつく」

「きみといると、たのしい」

「きみといると、おもしろい」

「きみは、おもしろい」


のどこを目指すべきか。

好きなキャッチコピーを見つけたのを発端に考察を始め、
前述のとおり友達に聞いたりして、様々なパターンが集まったのですが

わたしのなかでは、はっきり結論がでました。


つい先日、わたしは

「会うのはたのしい」

って言われたのです。


でもね文脈から言って、このセリフのうしろは、簡単に補完できてしまったの。


「会うのはたのしい(でも好きじゃない)」


というわけで!


「きみといると、おもしろい」を目指して努力するのは、
たぶんやっぱり、ちがった!(笑)



月曜が仕事納め。納会には仕事が長引いて遅れて参加。
3次会まで飲み続けて、2時をまわる。
残ってたのはほとんどコピーチームの先輩ばかりだった。
さんざんいじられ、携帯にいたずらメールをされ、まんまと引っ掛かって笑われ、
しまいには、満面の笑みで「ま、どーでもええねんけどな!」と言われ。


これまでとこれからがあるひとに
今をかえりみてはもらえなかった。

が、

わたしはあたまがわるい。あきらめもわるい。



「きみといると」

の続きに、
今まで聞いたことないような、すごい言葉をいつか。


最強の口説き文句は、引き続き募集中です☆



*backnumbers

史上最強の口説き文句とは
続・口説き文句の話
まだ続く・口説き文句の話
うねり、かわき、見つめること
2009年 12月 28日 (月) 03:06 | 編集
・25時、池袋
・チャリのうしろに立ち乗りで、歓楽街を走り抜ける
・黒服、黒服、ネオン、中洲を思い出す

・おのおの、自由すぎる飲み会
・先輩と少しだけ会社の話

・わたしは「中村工房」1巻を読みながら淡麗を飲み、ホームパイを食べた

・つまり12月25日にどうしようもなかった人間が吹き溜まっていたのだが

・家で音効の仕事をしてる友達の家だったので楽器と器材があり

・超ぐっだぐだなセッションをした

・ふとんに寝たままギターを弾く先輩

・コードに7とかつくと途端に弾けなくなるわたし


・5時半、劇場通りを先輩と歩きながらがっつり語る

・がらがらの副都心線でいちゃつくスーツの男


・土曜の夕方、経堂へ。歌誌の友達、あみちゃんを訪ねる
・改札を出ると「品のよいほっこり」がコートを着て待っていた
・商店街探険。経堂すてき、いいところ!
・ふしぎなレコード屋さんでおじさんとしゃべる
・雑貨屋さんで小鳥のピアスを買う
・台湾カフェでごはん。かたりつくす。
・ドトールでお茶。おかわり。


・その帰り道、たいへんなことを忘れていたことに気づく
・チケット(その1)の引き取りに間に合わないかもの件で友達(T氏)に迷惑をかけた
・ずぼらを死ぬほど反省した


・25時、帰り道、迷子になる。近所なのに…。
・駅の反対側にはめっぽう弱いのだ
・自分ちと同じ駅名を冠したマンションが並ぶ中、まったく方向が分からない心細さ。


・ライアーゲーム再放送を見ながら写真の整理をしていたら5時に
・爆睡
・昼前、友達(H氏)の電話で起きる。ランチが決まる。
・自由が丘のカフェで、「ふれあい文化センター」なんて単語が出てくるとは
(春日市の施設のことである)


・渋谷文化村でチケット(その2)を引き取る
・向かいのドンキで、帰省用のキャリーを激安で買う
・道をはさんで、信じられないほど違う世界


・全日本フィギュアをみる
・先に帰省して実家でみてる妹とメールでああだこうだ言いつつ

・鈴木明子のストレートラインステップで泣く

・「全日本に臨ませていただきました」という、アスリートにしてはやや過剰な謙譲語は、なんだか芸能人がよくやる「出演させていただきました」的な言い回しのようで、長年メディアに注目されつづけてきたから、きっと仕方ないんだよなぁ、ミキティ。

・真央ちゃんの終了直後の「無事によかったので…よかったです」にはものすごい実感がこっもていた。本当によかったね。


・15歳の村上佳菜子に激萌え
・始まる前、立ち位置を間違えてカニ歩きしてた。かわゆす。。
・素直でのびやかで、活躍が楽しみ。
・漢字がまったく同じ。無条件で応援決定。


・ああもういっかい鈴木明子のフリーが見たい。。


・靴磨きは癒し
・でもやり始めたら止まらない、夜中なのに
・むだにつやっつやになった5足
・達成感を味わうべく、何となく部屋に爪先を向けて並べてみたり




・あっ、年賀状…
池袋ジプシイ
2009年 12月 26日 (土) 01:15 | 編集
山手線終電に運ばれている。

クライアントが29日まで仕事だからプレゼンが進んでしまう。。
きょうも鬼のように企画書のページがふえた。

相変わらず、マンモス狩猟団のはしっこにいるだけやけど、
前と比べると、
ハンターの先輩と並走して、研いた石器をタイミングよく手渡す、
みたいなことはたぶん上手になったよ。。

仕事がでかすぎても、自分なりにできることがある、
それはわたしは居てもいいということだから、うれしい。


でもやっぱり日付こえた。出前のカルビ弁当たべた。。



きのうは、ひとみ姉さんと行きつけの焼き鳥屋で2時まで飲んで、
散らかった我が家にお迎えし、クイックルかけながら、おふとん敷きながらおしゃべり。

クリスマスプレゼントにもらったポーチはさっそく会社に連れてゆきました☆


散らかってても友達を呼べるくらい、一人暮らしにこなれてきました(笑)
だって、おしゃべりしながら片付ければいいんだものー。


いま、「ゆっくりする」ベクトルがしんでるのかも。

今から会社の仲良しの先輩と、その友達と、池袋で飲む☆


池袋って降りたことないやー。なにが待っているのだろう。
レバノン杉の下で待ってる
2009年 12月 25日 (金) 00:32 | 編集
20091225003156.jpg
ファミマ。

きのうの記事を携帯でうちながら寝てしまい、
はっと目覚めたらアラームの鳴る前で、
エアコンもクリップライトもつけっぱなしで、
なんかもう、がさがさで、げほげほでした。


実は
仕事の動きを睨んだ結果、きょうは21時にはあがれるのではと思ってて
歌誌のお姉さんと西新宿でレバノン料理を食べて
ベリーダンスを観る約束をしていたのです。

ところが。。

20時ごろ、楽観が間違いだったと知る。

作業をどっさり残し、
「クリスマスだから早くかえってね」と言い置いて去った代理店のひとを少し恨んだけれども

そのひとは数分後、
西麻布交差点のホブソンズでアイスクリームを買ってきてくれる。

サンタさんや(笑)


アップルパイ味のアイスを食べ終え、自分の作業も片付けて、
チーム全体の作業を待っているあいだ、
暇だったから、アイスクリームについてきたドライアイスを
水に入れて、遊ぶ。

20091225003158


先輩たちも、ひとしきり煙をすくったりして遊んだ。


全部溶けきって静かになった水を片付けようとすると、
うちのボスが
「それ、飲めるよ」
と言う。


「ええ!無理です!」
「いやほんまやって、飲んでみ」

うっすら炭酸だった。…ペリエ?


そんなこんなでデザイナー含め全員の作業が終わり、イブ残り10分。


だいぶ待たせてしまってやきもきしていたけど、
さっき帰れて、いま駅前。
これから行きつけで飲んで、片付けてない我が家に流れます(笑)

メリークリスマス☆
糖分いらない
2009年 12月 24日 (木) 01:23 | 編集
朝5時まで妹と電話していた。かろうじて、10時前に起きる。


歌会の前に遠くに出かける。
そして、戻る電車に乗った。ほんの30分くらいのものだ。


歌会に遅刻して参加。
しゃべる評などに、冴えが足りんやった気がする。。あまい。

湯飲みやお菓子をまわしてもらえるのだけど、
いつもはあんまり食べなかったりするのに
今日はおろおろと黒胡椒せんべいばかり食べてしまう。


東側の大きな窓にひろがる空が、やがてしずかに暮れていく4時間。
駅まで走っていたときは妙にハイになっていた気がするけど、
ページを繰りながら、メモを取るペンをいじりながら、
ときどき、右手がじんじんするのを思い出した。


その後のクリスマス会であほみたいにワインを飲む。
編集長はおかわりを注いでくれながら、
「K井さん、鯨飲って言葉、知ってます?」

あと、また「よく食べるねえ」って言われた。

ほんとによく食べた(笑)



終了後、若手のひとたちとルノアールに流れる。
時間がたつにつれ、ずぶずぶと反応がにぶくなるわたし。
冷たい沼の生きものが、ぬるいシナモン・ティーをすする。
お姉さんの肩にもたれ、お兄さんに目の前をぶんぶんされて、
楽しいなあと思っている。にびいろに光るめちゃくちゃな時間。


私鉄をのりついで商店街に降りると、
思ったより冷え込んでいて、コートのフードをかぶって歩く。


玄米茶をいれてみかんをふたつ食べて、もう寝る。
今日貸してもらったマイケル・フランクスを低く流して
無印のアロマのあれで気分だけ加湿。


今日の所感は
やっぱり、ひとをなぐるのは、よくない
という当たり前の反省。
冬至に夏至ごろの写真
2009年 12月 23日 (水) 00:26 | 編集

鎌倉の鶴岡八幡宮。六月。夫婦。巫女さん。不穏。 Fuji KLASSE S / Kodak PortraNC400

サーバにアップだけしてた写真を見つけたよう(涙)
スキャンしてた写真は全部飛んじゃったようーまだたくさんあったのにー


写真のない春雨庵なんて。
チョコレートのないアーモンドチョコレートと同じだ。


いま、会社でるところ。よかった。
とちゅうの待ちが長かったので、何日かかけて書いていた卒論の続き(笑)を
アップすることができました。意味不明な長さになりましたとさ。


J-WAVEの嫌がらせ(クリスマスソング乱れ撃ち)にもめげず
先輩に「ケーキとか買うの?」と聞かれても「喧嘩うってんですか☆」と返し
きょうも、がしがしまじめにはたらいた!!たぶん。
そして、あしたの休みが決まった!さっき!


帰ったら予習しよ。うふふ。
でもそのまえに終電に間に合わねば。。
ネバーエンディング卒業論文/野村萬斎「国盗人」
2009年 12月 22日 (火) 23:53 | 編集
1221.jpg

「国盗人」 世田谷パブリックシアター(12/12 昼公演)


この前見た「国盗人」を、卒研のつづきのつもりで考える。(ええー!)





わたしの卒業研究は「シェイクスピアの現代化」というものでした。
でも、もともとわたしは大好きな悪役の研究がしたかったので
悪役が登場する「リチャード三世」とか「マクベス」を選びました。

で、今回観たのは、「リチャード三世」を昔の日本に置き換えたもの。
卒論のメインだった四大悲劇のひとつ「マクベス」も、春に野村萬斎主演で上演されます。
これはなんと、現代版なので、まんま、卒業研究にかぶるのです!わくわく。

(うっかり、発売開始から2時間後に電話したら全公演1階席売り切れ。ぎゃふん)

東京でシェイクスピアの劇はしょっちゅうどっかでやってるだろうに
なんで野村萬斎のばかり観るかって、それは、好きだからです。笑




【配役ざっくり】


リチャード三世 → 悪三郎(野村萬斎)

マーガレット(破れた赤薔薇一族の王妃)→政子
エリザベス(白薔薇一族の王妃)    →
アン(リチャードに口説かれてうっかり再婚)→杏
皇太后(リチャード三世の母)           

→ぜんぶ白石加代子が衣装をかえて演じる



【物語のはじまり】

原作は、15世紀イングランド、薔薇戦争のあと。
この作品では、野村萬斎の演出らしく
戦国時代の日本を思わせる時代に置き換えている。

ステージには、奥行きのある能舞台を模したセットが組まれている。

冒頭、客席の通路からパラソルの女(これも白石加代子)がふわりと現れ、

「夏草や兵どもが夢の跡」

とつぶやくと、
舞台は現代から数百年の時をさかのぼり、
その場所でかつて繰り広げられた血の戦いがよみがえる。(で、本編スタート)





ということで以下、いくつか見出しを立ててぽろぽろと考えてみる。
そしてさすがに、折りたたむ。じんじょーじゃない長さやん。。





【もくじ】

1 ひとりで「女」を全部演じると、どうなる
2 わたしたちも共犯
3 影法師の活躍、そして「馬はどうするんだ?」の答え
4 野望の行き着く先とは?
5 でもちょっと分かんないこと 呪いと鬼とロザリオ
6 強引にまとめるっていうか


泣き濡れ魚卵パラダイス
2009年 12月 22日 (火) 01:25 | 編集
20091222012532
ぬあぁぁぁん


なんで終電なのー!


先週の凪はまぼろしかー!


23日の休みも危ういって……

歌会行けなかったら憤死してしまうー!


明太茶漬けも泣いてるぜー!

同時に肉まんも食べてるけどなー!

納豆も食べるけどなー!
ほっつき飲む
2009年 12月 21日 (月) 03:45 | 編集
週末、毎日おもしろおかしく飲んでました。
こっちに来て成長したところは?と問われたら、肝臓、と答える。


土曜はアパレルのお兄さん方と、渋谷で合コンでした。

↑春雨庵史上、1、2を争うチャラい文章(笑)

仲良しのデザイナーの先輩に、会社で、木曜にさくっと誘われた。
誘われたら断らない!が今のスタンスである。
それでどうなるかというと、はげしく飲み代が飛ぶことになる。

みんな、ワンピースにブーツでした。
わたし、ダメージがっつりのデニムでした。
カシスオレンジとか、飲めばよかったかな。
生をおかわりしてました。


お兄さん方は、わたしより7~11歳年上でした。
全員ひげでした。
「もやしもん」で、何かと沢木の面倒をみてくれる寮の先輩2人組がそのまま居ました。


どうしても電車で帰りたい理由があったので、先に先輩には断っておき、

「いまから妹の家行かなきゃで、中央線のるんで!」(うそ)

と言い置いて、先に抜けさせてもらった。


きょうは、三茶のお姉さんの家でクリスマスパーティーだった。
たこ焼きパーティーのメンツが半分くらいで、また半分くらいが初対面。10人以上いた。
きのうの合コンにいた女子が揃ってたので、その後の顛末をきく。
おしゃれたこ焼とかトマト鍋とか自家製のつけ麺(超美味!)とか、いっぱい食べた。
途中で、よく食べるねえ、と言われた。

うん(笑)

ビールを飲みワインを飲み誰彼となくしゃべり続け
プレゼント交換してケーキ2種類切り分けて食べて、
終電早い人たちは先に帰り、近所組で片付けをして解散。

こっちに来て成長したところは?と問われたら、胃袋、と答える。



思ったんですがー
わたしはお酒飲んでたら、しゃべれるようになるし、基本けたけた笑ってるのよー
彼氏探そうなんて思ってなくても飲み会は楽しめてしまうわけで

しかしもういい加減、「福岡に帰らなきゃなんです」って言うのには、飽きた。
とたんに遣唐使になってしまう。


怒涛のように初対面のひとと話して
世の中にはまだ会ったことがないひとが途方もない人数いるのだ、
つまり王子様候補は星の数ほどいるのだ、と思う一方で
あーやっぱりそんなひとはどこにも居ないや、と思う



間違えて、寝違えて、
チャージをすり減らしながら、
へなへな笑いながら、毎秒傷つく。
ああ、世界を変えたい。



いかん、あした朝会やった、寝らな。



酒が抜けん!
まだ続く・口説き文句の話
2009年 12月 18日 (金) 21:14 | 編集
まだ続きます。
ひとに会うたびにアンケートをとってるのです。
ひまだな!


こないだ一緒にご飯を食べた友達は、同業で、近所の会社にいる。
なんていうか、可愛いのに、とてもおもしろい。


その子が、かつての彼氏に、
自分がしばらく不在で、戻ってきたときに言われたというのが


「きみがいなくても寂しくなかったけど、つまんなかった」


これは、すごくうれしかった言葉らしい。分かるなあ!

「寂しくなかったけど」、っていうのは本心ぽいし、
そのあとの「つまんなかった」を際だたせているよね。


しかし彼女は別のひとに


「おまえ、おもしろいけど、おかしいよ」


と、言われたこともあるという・・・。

あれ、なんか、身に覚えが・・・。



その夜は、なんかこういう話で酒も飲まずに盛り上がってしまったのでした。




しかし決定版はこれではないだろうか。


「きみといると、なぜだか、おちつく」


チームでいちばん年の近い先輩と、だらだら新聞のスクラップ作業をしながら
この話題をふってみて返ってきた答えが、これ。


先輩の意見をまとめるとこうである。


・おもしろい、は一方的だ
・今の世の中、おもしろいものはたくさん溢れている
・存在として、代替可能かどうかが問題。↑つまり「おもしろい」の場合はどうだろうか。
・「なぜだか、おちつく」の場合、「なぜだか」に言語化できない何かが込められている
・それはつまり代替の不可能性である



「あー」とか言いつつ全部うなずいてしまった。敗北。


ちなみに先輩は、長いこと同棲をつづけている。


敗北!!!





モンタナ・ジョーンズっていうNHKアニメが好きだったのだけど

主人公モンタナのいとこで相棒・アルフレッドの台詞

「モンタナ、きみといると命がいくつあっても足りないよ」

が好きでした。



これは口説き文句には・・・・ならない!



♪ひゃーくまんどるでもー 愛は買えないー (ALFEE)





今朝の地震はこわかった。さすがに目が覚めた。寝呆けてNHKつけてまた寝た。

いまからチームでご飯たべて帰ります。
身も蓋もなだれこんで雪の香
2009年 12月 18日 (金) 03:21 | 編集
20091218032130
22時帰宅。健康で文化的な生活。


食べ物の写メが並んで、まるで女子のブログってかんじ!


福岡で初雪って、ほんとかいな!
こちらもさむかったので、ご飯は鍋もどき。


鍋はすごい。昆布だしは世界を救う。あとゆず胡椒も。
春菊もおとうふも鶏肉もねぎもしいたけも、みんなやさしくしてくれる。
最後にご飯と卵で雑炊つくったので、あしたの朝ごはんにする!
味見したらおいしかった!いまから楽しみー。


えっ、こういうの一人鍋っていうの?
食べて歌って飲むことの
2009年 12月 17日 (木) 00:54 | 編集
20091217005410
今日が楽しすぎて

あっでも水曜なんだわ

早く帰れるっていいなあ


歌誌のひとたちと吉祥寺でごはん。
2月にある批評会のためにお店の下見をした。
わたしは仕事次第だったので、参加できてよかった。

このハンバーガーはひととおり料理を頼んだあとの、シメなのだ。でかい(笑)



今の不安を
だーいじょうぶたよ!と笑い飛ばしてもらいたかった。
そして笑い飛ばしてもらえたのだった。


お兄ちゃんやお姉ちゃんが欲しかったせいか、年上のひとに可愛がってもらってばかり。
今日もまた然り。


とくにこっちに来てからは、5歳くらい上のお姉さんに仲良くしてもらうことが多い。

自分の少し先を生き生きと歩く人の姿は、
今が不安でぎらぎらしてるわたしにとっては、希望そのものだ。


水曜なのに酔っ払って、電車のりついで、しあわせで、
電話魔になろうとしてやめて、商店街を歩いている。

23時すぎて摂取したカロリーについては、考えないことにする。
ケミカル流星ブラザーズ
2009年 12月 16日 (水) 03:40 | 編集
その夜遅く

ふたごの兄が星を投げつけ

ふたごの弟が星を投げつけ

わたしの上でもきらっとしたのかもしれませんが

フールゆえに見上げることも忘れ

きらきらと白い息を撒いて駅のほうへと

駒沢通りを走っていたのでした


今日は近所の会社にいる友達に誘われて
ご飯を食べて帰ったのに、なんかお腹がすいて
電車を降りて商店街でふらり寄り道マック


100円のハンバーガーを食べたら
パティの中身がミディアムレアだったのは
わざとだって思っておこう

兄「食中毒は1年に1回にしとけよ」
弟「ふとるよ」


ウールのセーターを、手洗いしたんです、エマール使って。
エマールはいい香りだから好き。

ところが、すすぐ頃になって、異臭がし始めた。

顔をつけてみると、エマールの香りどころか、
着用していたさっきまでには間違いなくなかったにおいを発している。

いかんとも形容しがたいのだけど、
中学の理科の実験でうっかり鼻を近付けてにおってしまった
ぱらじくろろべんぜん、とか
遠い気がするけど、きつめのパーマ液のような。。
とにかく、あきらかに、化学反応めいた危険な香りであった。

いまベッドの近くに平干ししている。ややにおう。
乾いても、着られないかもしれない。。なんでだー!



兄の流星に右頬をぶたれ
弟の流星に左頬をぶたれ

にっこり笑って
おやすみなさい
真冬のまっしろニルヴァーナ
2009年 12月 14日 (月) 12:20 | 編集
週末あそびすぎた。濃かった。

金曜夜からいろんな人に会って、いろんなものを見て、倒れるように寝た。


日曜
高校の友達に誘われてチアリーディングの大会を見にいく。
前の用事が押したので残り1時間ちょいだったのだけど
シード校が出はじめるところだったのでちょうどよかった。

友達は吹奏楽部で一緒だったのだけど、大学に入ってチアを始めて、
今も社会人のチームをつくってがんばっている。
母校の応援で東京に来ていたので、「まだ東京やったっけ?」って声をかけてくれた。


代々木体育館はへんなかたちだ。 
ほんもののチアを生で見るのは始めて。
大学のOGとか家族とかチアを見なれた観客の多い中で、
「えー!?」とか「わー!!」とかすっとんきょうなリアクションを連発。
てっぺんのひとが、飛んだり回ったりしている・・・
あのポジションを、友達はやっていたわけである・・・。ありえん!

1回リフトで落ちちゃったチームのときは、
その後の大きな技のときに悲鳴のような応援をしてしまう。
あんなに元気よく楽しそうに演技をしていても、やっぱり危険と隣り合わせだ。

友達は、
「わたし、あばら折ったことあるよ」
とさらりと言った。

優勝常連の日本文理大学の演技は圧巻だった。
唯一男子が入っているチームで、点数にはいちおうハンデがあるらしいのだけど
今年もぶっちぎりで優勝。会場の盛り上がり方も違ったなあ。


そういえば、一眼に105mmレンズをつけていっぱい撮ったんだけど
(ファインダーのぞいてるとオペラグラスのように大きく見えて便利でした)
入場するときに荷物検査でカメラをチェックされて
「150mm以上のレンズではないですか?」と聞かれた。
なんでだろうと思ったのだけど、友達によると、
そういう目的で望遠レンズを持ち込んでよからぬ撮影をする輩がいるせいらしい。
会場をユニフォームで歩けなくなったのもそのせいらしい。なんてこった!



その後、原宿のカフェでお茶。

すごーくむかーしの話をすると
わたしが19のときからつきあっていた彼氏は
その子の彼氏の、クラスメートだったのだ。つまりは紹介。
4人で花火大会行ったこともあるんだぜ(遠い目)

彼女は当時の彼と今も続いていて
なんだかいろんな昔話をしてしまったのでした。
ひさしぶりでたのしくて、長いこと話し込んでしまった。


友達と別れたあと、表参道のイルミネーションを撮ったりして
ふらふらしながら帰ったら10時前で
それでも執念で


カレーをつくった!!


水曜くらいからずっとカレーを作りたかったので
あきらめるわけにはいかなかったのだ!
が、完成は12時を過ぎていた。


今日も
寝坊したけど執念で朝カレーしてやった。

そしてお弁当も、カレー。

もうほんと、執念である。




ところで
2週間ほど前に家のまっくが壊れて、しばらく携帯とか会社から書いてたんだけど
どうやら、ほんかくてきに逝ってしまっていたようです

お父さんに送ってもらったディスクから起動しても
本来のハードディスクが見あたらない。し、しんだ?


ずさんな性格がわざわいし、

バックアップなにそれおいしいの

状態だったわたしなので

東京に来てからのデジタル写真と諸々のテキストがぜんぶ死んだかもしれない笑


きっかけは文字入力中のちょっとしたスリープで、
ちゃんと治ると思って楽観していたのだけど
まさか、こんなにほんかくてきに壊れてしまうとは・・・。



〈目覚めたら息まっしろで、これはもう、ほんかくてきよ、ほんかくてき  穂村弘〉
恍惚オンステージ/恋愛錬金術
2009年 12月 13日 (日) 01:30 | 編集
20091213012959
すべってころぶピクトが好き。ヒール靴は、レア!


金曜

早く帰れて嬉しかったものの、そわそわ。
遅くなる可能性が高いから金曜に約束とかできない分、
うっかり早く帰れてしまうとうろたえてしまうのだ。
こういうときは同業の友達に連絡だ!

ということでHるちゃんと地元駅で飲んだ。
豆乳鍋→バーはしご。気付けば2時。
友達とテーブルをかこんでビールを飲んだとき
働いていてよかった、友達がいてよかった、と思った。


土曜

三茶に向かいながら、電話で友達の恋バナをきく。
世田谷パブリックシアターでお芝居を見る。
野村萬斎の「国盗人」。シェイクスピアの「リチャード3世」の翻案です。
卒業研究のテーマに関係があってすごく見たかったのです。
悪役が大好き!そして野村萬斎も好き!(笑)

おもしろすぎて感動して泣いた。
レポートにまとめて指導教官のKタムラ先生に提出したい。


そのあと渋谷に移動して妹と待ち合わせ。
トクマルシューゴ、高野寛などのライブに行く。
4組たっぷり4時間、全員が個性爆発のステージであった。
トクマルシューゴは、繊細さを感じさせる細い体で、
まるで逃げるようにぴょん!とステージからはける。

みんなあまりに自由すぎたので、
「あー、おもしろかった」「いやーおもしろかった」
と言い合いながら帰る。



もともと高野さんのサポートで出ていた、ママレイドラグの田中氏が目当て。
わたしは高校生のときから彼に恋をしている。

せっかく活動再開(ひとりだけど)したのに、わたしも東京に来れたのに、
たまのライブが平日夕方ばかりで行けなかった。
本当に久しぶりだったけど、まったく変わらない田中節。
フロントマンじゃありませんから、という体で職人のように
つややかなクリーントーンを飄々と響かせる。陥落。

妹は生で見るのは初めてだったのだけど、魅力を分かってくれた。
が、
パフォーマンスが終わって開口一番、

「絶対、つき合うと苦労するタイプやね」

たぶん、あってるのだろう。
中学からずっと一緒だったベーシストとついに袂を分かってしまい、
いまひとりでバンドを続けているのだから。

「なんか、独特の色気があるよね」
「やろ!?そうなんよ、歌とか演奏もやけど、佇まいが!」
「もしこういう人がおるとしても、わたしやったら危険を察知して距離をとるなぁ」
「なんで?」
「近くにいたら引き寄せられそうな魅力があるけん、でも好きになったら絶対やばいもん」
「えー…、でもお姉ちゃん、そういう人が好きなんやけど」
「分かっとうよ、やけん幸せになれんとよ」
「……!」


パスタ屋とカフェをはしごし、12時すぎにそれぞれの改札で解散。
身内と終電ギリギリまで遊ぶのってシュールだ。


いま、電車に揺られている。
4年くらい使って壊れかけているiPodには
ママレイドラグが50曲入っていた。
久しぶりに、ぜんぶシャッフルで聴いている。



「選ばれて在ることの、恍惚と不安よ」

(「国盗人」より)


誠実な悪役であれ。



ああ
堺雅人と小林賢太郎と佐々木蔵之介と野村萬斎と田中弘邦を
ちょっとずつ混ぜたような王子様、どこですか!!

(増えてるし。)
続・口説き文句の話
2009年 12月 11日 (金) 20:00 | 編集
どうもこんばんは!
日経うーまんを読むとなんだか落ち込むTるいです!なんていうか女子力のくだりが!

今日はなんとこれで仕事おしまい!いま残ってるのはわたしだけです。
もうちょっとしたら戸締まりして帰ろう。うれしいな。



mixiの最新日記一覧に、じぶんのあだ名を発見してびっくりしました。

Tなさんよ、ぜひ可愛い後輩を口説いてください!!期待してます!笑


そのネタの続き。

本文で書いたものや、コメントで挙げてもらったものなど、
「きみといるとおもしろい」の、別バージョンの口説き文句を並べてみよう。

その前に、
「おまえほんとかわいいよ」は、ほめるベクトルが違う
「きみといるとしあわせだ」は前回の記事で触れたように微妙に種類が違う
妹の挙げた「きみといると人生がおもしろい」は、本当にプロポーズだと思う

よって、この3つは、除外。(ちくしょーぜんぶ言われてみたいぜー!)


すると、こんな風に並べられるのでは。



きみといるとおちつく   【安らぎ、いやし】

きみといるとたのしい       ↓

きみといるとおもしろい      ↓

きみはおもしろい     【エキセントリック】



Jみーの「おちつく」にはわたしも納得!いやしオーラやもん。
妹も、わたしと逆だから、「おちつく」寄りだ。

こう並べてみて思ったよ。。
やっぱり・・・「きみといるとおちつく」ラインを目指すほうが
女子としては正解なのでは・・・。


「きみといるとおもしろい」→「きみはおもしろい」の先にあるもの。

それは多分

「きみにはついていけない」

だと思うからです笑


「きみはおもしろい」を内心おいしいと思っているわたしは
路線変更をまじめに検討すべきなんだと思います。。



王子様!ひろって!!
できたら
堺雅人と小林賢太郎と佐々木蔵之介と野村萬斎をちょっとずつ混ぜたようなひと!

(全員、似たような・・・)
史上最強の口説き文句とは
2009年 12月 10日 (木) 00:00 | 編集
cm_2.jpg

「きみといると、おもしろい。」


ちょっと前のリプトン(500mlパック)のCMのコピー。
馬にのって、海辺をさわやかに駆け抜けるヘルシーな美女たち
という、シチュエーション(よく考えると、CMとしてはよく分からないんだけど。)

ここでは、
女の子同士が、共に時間を過ごすはつらつとした情景が描かれている。
みずみずしい友情がすなおに表現された言い方は、同性として共感できる。
わたしは、このコピーが好き。


ところで、

このコピーは、史上最強の口説き文句でもある、とわたしは思う。


このコピーのシチュエーションを
女の子同士の友情→男女の関係に置き換えてみて、
仮に、男の子が女の子に言ったセリフだとしよう。

「きみはおもしろい。」だと、
単なる客観的な観察になってしまい、その男の子の本心を表しているとは言い難い。
「きみといると、しあわせだ。」だと、
「しあわせ」であると結論を導くまでに、頭を使ってしまっているので、やや理屈っぽい。

「きみといると」に、ふたりの時間と関係を感じることができ、
「おもしろい」に、男の子のすなおな実感があらわれている。

一緒に過ごせることの喜びをそのまんま表した、素敵な口説き文句ではないだろうか。


どうですか女子のみなさん!
「かわいい」って言われるのとどっちがうれしいですか。

いやもちろん、「きみはおもしろい。」だと、ややイタいですよね、
しかしどうでしょう、「きみといると、おもしろい。」だと。
「おまえほんとかわいいよ」とかと比べると、どうですか?
(いや、わたしは、そっちを言われてみたいですけどね、まじで)


いっしょに過ごす時間をこころから享受できること。
それは、相手のどこが好きだ、とかいう理屈を超えるかもしれない。
誰かに「きみといると、おもしろい。」と言ってもらえることは
とても幸せなことなのではないだろうか、と思う。


誰かと共有する時間は、それだけで楽しくていいものだけど、
工夫をすればもっとおもしろくなったりする。
だから、飲み会とかの幹事も好きだ。そして、もしよろこんでもらえたら、うれしい。

わたしはプレゼンターでありたい、と常々おもうのである。



さて CMから少しはなれるが。


わたしは
「話してると楽しいから」
って言ってもらえることがある


だがしかし
「話してると楽しいのに」
って言われたこともあるのだった



つまり


「きみといると おもしろい」と言ったひとが、
「きみのことがすき」だとは、限らないのである。



それでも依然としてこの言葉の魅力は捨てがたいものがある。
いつか誰かにこう口説いてもらえるように、やはりプレゼンターなじぶんを目指したい。
・・・言ってもらえたあかつきには、思いっきり、勘違いさせていただく。


参考リンク
日刊そうた 「きみといると おもしろい」



まちがっても「きみはおもしろい」って言ったらいかんばい!
かきまぜろ夕影
2009年 12月 08日 (火) 22:37 | 編集
EM02_200909PTRnc400_0003.jpg

きんじょ。寿司屋。
Nikon EM Nikkor50mm F1.8 / Kodak PortraNC 400



いま、うちのMacは沈黙中。
会社で書いて帰るので、写真がのせられない。
やはり地味になってしまうのう。

と思ったら、アップロードだけしておいた写真をみつけた。

しかし、たて、なのだ。

たぶんわたしは30枚に1枚くらいしか縦で撮らない。
なんか、うまく撮れないから。
撮っても、おさまりが悪いからブログに載せるには至らない。これが初だと思う。

縦って、むずかしいねえ。



今日、先輩に「ソラニン」という漫画を借りた。
ひさしぶりの漫画だ。おもしろそうだ。


あたらしい漫画も、音楽も、いつも誰かに教えてもらっている。
これは大変たのしいし、効率がよい。すてきだ。

こないだドライブに行ったときも、好きな曲がかかるたびに「これ誰?」って聞いて
メモして、ツタヤでさがして、借りた。

「知らないから教えて」って言うのはたのしい。



うちのチームはさっき終業した。
終わりがけ、ラーメン派とつけ麺派で激論が繰り広げられた。
福岡には、つけ麺の文化はあんまりないと思う。
ので、わたしはラーメンが好き。


あー、ラーメン食べて帰ろうかなー!
枝を折りとる
2009年 12月 07日 (月) 22:07 | 編集
今、会社である。
もう帰るところなんだけど
バイク便の手配をしていたら
今朝届けた封筒の綴じ方が開けにくかったという非常になさけないクレームを受ける。
はあ。がんばろう。



金土日、連綿とあそびつづけてどこが切れ目か分からず。


とにかく日曜はすっかり晴れて、
肩も背中もばきばきで、カーテンの奥に透ける空を見て、
ずっと見たかった番組の再放送をNHKで見た。朝10時から大まじめ。

コーヒーの湯気がおどり、28mmレンズが活躍し、
ぴかぴかした空気のなか、駅まで走ったりしたのだった。


中野サンプラザへ。よその結社の集まりに始めておじゃまする。
(秘密結社、とかではないのだ)
きんちょうしたものの、同じ歌誌のひとたちをみつけていっしょに座る。ほっこり。

その結社のボスの話をきく。御年八十一なり。
洒脱で、格好いい。おもしろい。とてもひきつけられる。

それにしても
「○○の誰々」である、と、所属を名乗れることの心強さよ。
仕事では会社名にあたるのかもしれない。
もちろん、なにかに所属しといたほうがいいぜ、という意味では全然ない。
が、わたしの場合、そしてこういう場においては、
ささやかな名札のようなものが、話したい人に話しかける勇気を少しくれるのだ、
と思う。
というわけで話しかけたりした。


懇親会には申し込んでいなかったので、夕焼けがほの暗く残る時間、中野駅へ。
やはり、28mmレンズが活躍する。
夕焼けと中央線をいっしょに撮ろうと思って、ホームから線路の奥をとらえて
一転透視図法的なかんじで電車が入線してくるところを狙ったのだが

・・・それは、なんていうか、撮り鉄なんじゃないの?



いったん帰ってチャリで出かけた。
三茶の先輩にたこやきパーティーに誘われたので。

先輩はいつもかまってくれるのでうれしい。わたしのおねえさんである。

初対面のひとがたくさんだったけどたこ焼きはとにもかくにも美味しく、
はじめてやったWiiはおもしろく、しかしマリオではジャンプにすら手こずる。


「なんかこれ、パイの実っぽい味する」
「あ、それパイの実入ってんで」


たこ焼きって何いれてもいいんだね。


近い業界の集まりで、あと、西日本のひとが多くて、なじむ。

やはり室内なので28mmレンズが活躍。


家主のお姉さん(29)と信じられないほど本と音楽の趣味が合って、
もっと話したかった
のだが
邪魔、してしまうシチュエーションだったので、じちょう。


午前1時半、なぜかまたビールの缶をあけている。

午前3時、よろよろと帰宅。おもしろかったー。


今日、会社で
きのう先輩が撮ってた写真のデータぜんぶもらったんやけど
先輩が気に入った子が誰か、すぐ分かってしまいました。
なぽりたん/放心うさぎ
2009年 12月 06日 (日) 00:22 | 編集
20091206002201.jpg
にんげんは、にんじんか。


金曜。
休日出勤の可能性がなくなり、帰り道は、遅くても晴れやか。

仕事で、
自分で調べて仕上げたものが、
まんまプレゼン資料に採用された。うれしいー!(地味)


1時半、商店街を歩く。

電柱のひとつひとつに、クリスマスベルの形の電飾がチカチカしている。

これ絶対みたことある!と思って考えたら
去年の今ごろ、家探しに来たときに見ていたのだ。
不動産屋さんと商店街を歩いてみて、わくわくしたんだった。
そうか1年たったのか。


カウンターにすわる。
ナポリタンを頼んだら、何、ご飯まだなの、とマスターが言う。

赤いナポリタンには、えんどう豆が入っていた。

お茶漬けまで食べたのに、
マスターは、ミスドあるけど、食べる?と言った。



吉祥寺、雨のなかを個展へ。

素敵な絵。ブリリアントな緑が、会場の空気をあかるくしていた。
所属歌誌の人とたくさん会った。


夕ご飯。小龍包の汁を飛ばしながら、野望について考えた。

口に出してしまったら大したことでもなかったような
でもかなりアグレッシブなことを言ったかも?
おおお。こわ!




知らない町のロータリーを眺めながら、
いま、ひとりでマックのコーヒーを飲んでいる。


あー、1年で、いろんなことがかわる。

ホットカーペットがほしくなりました。
えくれあん
2009年 12月 04日 (金) 01:06 | 編集
夜中にコンビニで夕食を選ぶ人たちはみんな優柔不断だ。

棚の前で、首をかしげてうろうろ。

たぶんラインナップが気に入らないのではなく、
こんな時間にコンビニでご飯を選ばなきゃいけないことに
なんとなく納得いかないからだ。


なのでわたしも
真っ先にかごに入れたのはエクレア。


スイーツ買っても夕ご飯食べたら入んないからたいてい朝食になります。



グーで握った傘をうしろに振って歩く人がこわい

いつも正しい美人がこわい

エクレアたべたい

はやくねたい



あれ、今朝の朝食、エクレアやったような。
栗ごはんチェンジザワールド
2009年 12月 02日 (水) 03:27 | 編集
こんばんは、
宇宙人ジョーンズの新作・サンタクロース編と「君に届け」で泣いちゃったTるいです。


ピュアなものによわいのは、自分がその逆をいくから?


うちのMacbookが、起動しなくなっちゃって、
いや、あきらかにわたしがやらかしたんだけど、
あのシステムのCD(なまえなんだっけ)を入手するまで使えないのー


実家から送ってもらえばいいんだけど、
お父さんにカメラのレンズ送ってもらったばっかりだしなぁ。。

(こないだのふるさと便:米とみかんとNikkor28mm&105mm)


きょうは7時に帰れてしまい、内心パニックに。
こころを落ち着けて、必要な買い物を。

妹の誕生日プレゼントに、リクエストされていたピアスを探す。

東急東横店のアクセサリー売場をうろちょろ。

「お誕生日ですか?それでしたら、こちらは12月の誕生石となっておりまして…」
「あ、誕生日ちょっと過ぎてまして」
「ああ、11月ですね」
「いえ、9月なんです。。」


途中で、皆藤愛子も買い求めたという可愛らしいデザインを勧められる。

リボンモチーフで、華奢。たしかに可愛いのだが。。

もうひとつ、いいかもと思ったやつが別のブランドにあり
それはだいぶベクトルの違う感じだった。


妹に電話。

「ねえ、皆藤愛子と滝川クリステルやったらどっちになりたい?」

「そんなん滝クリに決まっとろーもん!」

やっぱり姉からみると、年下だし、雰囲気もぽわんとしているのだが。。
質問の肝は「なりたい」だったので、
いつか滝クリになれるといいねと思いつつもう片方に決めましたとさ。
いやいやセレクトには自信あるぜ、ふんぱつしたしな!(延滞料)


あと、こないだ買えなかったコートが再入荷したので
新宿のシップスで買った。


かようびとは思えん。


抗生物質はよく効いているなあ。

おじいちゃんは新聞で名前みつけてくれたかなあ。

枕元に歌集の山が。

栗ごはんの気持ちが知りたくて午前3時。

反省。Mac封鎖の意味なし。寝よう。。
環七ドングリ/さよならマスク
2009年 12月 01日 (火) 02:36 | 編集
真っ先にご報告

インフルエンザでは

ありませんでした!!!



大騒ぎしてごめんなさい。



昨日の夜から、数日寝込む覚悟で、家事をやりきってばったり倒れて寝た。

上司にも連絡していたのだけど、とりあえず朝もういっかい会社に電話して
またばったり寝て、午後から病院に行った。

昨日吉祥寺の病院にかかった時とおなじように
電話で「インフルエンザの疑いで」と連絡をしておく。マスクして来てね、と言われる。


でも、なんか、熱さがってきて、あれ?って思って


2キロちかく先の病院までたらたら歩いたけど大丈夫だった。
環七にぽろぽろとクヌギの葉っぱとどんぐりが落ちていた。
きょうはさむい。ポケットに手をつっこむ癖はなおらない。

きのうあんなに辛かった関節痛も引いたし、
熱がばーっと上がって引いたあとって、体がかるいのがはっきり分かる。

あれ?


診察室でお医者さんと話すときには
「どんな症状が」「いつから」を、順序だてて伝えるように努めている。

「急な発熱と関節痛があったのでインフルエンザじゃないかと思って」
と言いつつ、昨日の朝からお腹もこわしていたので一応言った。

若い頃はイケメンだったのでは、という貫禄のある内科医は、
わたしの話をちょっと首をかしげて聞いたあと、こう言った。


「ここ数日間で、鶏の生肉を食べませんでしたか?」



たしかに3年前、わたしは病院でまったく同じことを聞かれたことがある。



食べました。




鼻の穴にめんぼーをつっこむあの痛いやつを涙目で我慢して、
結果を待つこと15分、


「インフルエンザは陰性ですね」



あまりにも急激な症状だったから真っ先にインフルを疑って
お腹をこわしていることは自分のなかで

無視

していたのだった。。



またしても、カンピロバクターのせいだった。
大学4年の時に大当たりして、自分は他の人よりこの菌に弱いと分かっているのに

…なんで食べちゃうんだろうね?


帰り道は、マスクをはずした。


会社に電話。平謝りである。
インフルじゃなくてよかったねと言ってもらえる。が、やはりなんというか、恥ずかしい。


母に電話。


「学習しなさい!」



妹は、爆笑。

一緒に食べた先輩は、無事だった。よかった。


あとは、心配をしてくれたいろんなひとに連絡をしました。
ほんとうに、ありがとうございました。そして、ごめんなさい。
熱は下がったのでだいじょうぶです。


みなさま、インフルエンザと鶏の生肉にはお気をつけください。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。