春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
春のやどかり/崖っぷちハウジング
2010年 03月 29日 (月) 07:06 | 編集
IMG_5638.jpg
これから手伝わされる、かわいそうな妹。


いろんな人と会ったり飲んだり、ものをあげたりもらったりしています。

きのうは大学の子たちと六本木で飲みました。
最終的にわたし含めて5人で雑魚寝。
男子ふたりが布団にならび、
おんなのこ3人は、ベッドにオイルサーディンのように横たわる。


ええと、今7時現在、荷造り、おわってません。。。

正直にこくはくすると、さっき、寸胴鍋をとりにきてくれたゆまちゃんと、
ちょっと、行きつけで、飲んでました。

引っ越し屋さんは、午後にくるのですが。

うんめいや、いかに。


IMG_5647.jpg
てきとうな姉を尻目に、かいがいしく箱を組み立てはじめる、かわいそうな(略)

IMG_5644.jpg
会社のカレンダー、気に入っていました。

IMG_5649.jpg
たくさん、飲んだんです。

IMG_5651.jpg
じゃがいもの芽が、天を目指して10センチ以上のびていた。



ああ、考えるから箱に仕舞えないんだ。
ぜんぶひっくりかえしてしまいたい。
とっとくか捨てるか考えるの超苦手。

そして、このまま実家で箱をあけてカオスになるのが目に見えている。
あああ、引っ越し、なめてた。


いまから2時間だけ寝ようかな・・・


〈「海にでも沈めなさいよそんなもの魚がお家にすればいいのよ」 穂村弘〉

スポンサーサイト
たまごサンドの降る夜/昆布だしに揺れる夜
2010年 03月 26日 (金) 01:11 | 編集
IMG_5084.jpg
これはねー、1月に酔っぱらって中野で撮ったの 全身オレンジ、貴重!!
一周忌の飲み会で、M原さんとへろへろで移動しながらわたしはPASMOをなくしました



ぐずぐずと暗い部屋に、たまごサンドが降ってきた
サンドイッチはすきだけど、じぶんではあまり選ばないたまごサンド。

ぽよんとしたパッケージを眺めつつ、あしたのこと、あさってのことを考えていた。


(ひとみさん、卵サンドじゃなくて、たまごサンドなんですよ、ね!)


先輩、「手紙魔まみ」は、あした返してくださいね。




最後から4ばんめの日は、ロケに行った。
ハチ公前で待機するロケバスに10分前についたけど、遅い方やった。
香盤表に記載されてる集合時刻より5分も早く、バスは出発した。
ええと、もういちどだれか、ロケの正しい集合の仕方(ふるまい?)を教えてください。。


さいしょで最後のロケ。たのしかった。
日曜のスタジオ撮影でもなるべくがんばったけど、
流れに乗って、何かを読みとって、過剰でない程度に動く。まだまだむずかしい。


取材相手のひとは皆、すべての動詞の前に「快く」ってつけたくなるほど
とても協力的で、やさしい、いい人だった。



きょうは最後から2ばんめの日で、夜は社長とごはんに行った。

わたしは最後から3ばんめの日に信じられない失態をおかしていて、
そのせいできょうは一日しゅんとしていた。


「正直、君が社員やったら、もっと厳しくあたったんやけどな」


・・・ですよね (心当たり、ありすぎ)


会社と別れなければならないこと、それでも福岡で待ってる会社があることを思うと、
ぐずぐずというか、めそめそというか、うちひしがれていると言ってもいいほど
もう悲しい。おしぼりがよけいに湿る。

「あしたが思いやられるなあ」と、社長。


何かが出来るようになったとは思わないけど
何にも出来ないんだなーということは、よーく分かった1年だった。

「今は正直、武器も盾もなんも持ってへんけど、たたずまいは、まあちゃんとあるからな」

たたずまいとは、人そのものが持つニュアンスとかそういうもののことを言うらしい。
よくわからない。


正直、この会社での日々が期限付きでなければ、
とっくの昔に「辞めたるー!!!」って絶叫してたんじゃないかってほど
しごとはつらかったけど・・・


いつでも帰ってきたらええやん、という言葉は真に受けないようにしつつもありがたく。


わたしは結構、社長のことがすきでした。
この会社の試験を真っ正面から受けてもパスしなかっただろうと思うけど、
よそから押しつけらるようにやってきたわたしのことを、受け入れてくれてうれしかった。

お造りと湯葉とおでん、ごちそうさまでました。


12時ごろ、わりと早く帰宅したのですが、きょうはいろいろとやることが。
買いそろえてたレターセットの束などを取り出しつつ。。
ああ駄目だしめっぽすぎる。エステーの除湿剤くわせたろか!!
桜の気配/カリフォルニアロールの微分
2010年 03月 23日 (火) 02:26 | 編集
IMG_5444.jpg
最近、お日様はこのくらい左に戻ってきました。

写真展で、ベランダの朝焼けばかりあつめたアルバムを展示しました。
全部フィルムのプリント。並べてみるとけっこう、派手な仕上がりでした。


ちゃんと写真展のまとめとかを書きたいのだけど、
なんか搬出も打ち上げも行けなくて終わった感がないといえば、ない。笑

飲み会は、やっぱり写真の話を一切せずに、男と巨乳の話で盛り上がった、
とメンバーからのメールを会社で読む。

デジカメで記録を残しているので今度のせますね。
来てくれたみなさん、ほんとうにありがとう。



金 西麻布
土 学芸大学
日 西麻布
月 吉祥寺


よう飲んだね。


日曜は、撮影で全身ばきばきになっていた。
(実際の動きよりも、緊張などによるもの)
それなのに飲むし。とにかく、とにかく、くたびれていた。眠かった。


ワンピースもタイツもぬがずに、ふとんにたおれる。
無味で、無意味で、ひたすら深くあたたかく。
ほんとうにひさしぶりの、やさしい眠り。ありがたかった。


意味のないことって、意外とやさしいんだな。


6時間半も寝られて、よかった。
そのせいで歌会は遅刻したけど。


商店街でたい焼きを買って、ホームで東横線の上りを待つ。
井の頭線の日当たりは半端ない。細く開いた窓から、ほんのり風が入ってくる。


この乗り継ぎで吉祥寺に向かうことはもうないと思う。
何度も何度も繰り返した休日の歩き方を、たしかめるように、たいせつに。


歌会はいちおう、確実に来られるのは最後ということで・・・

いろんなものを、いただいたりしました。うう、ありがとうございます!
短期間でこんなになじめたのが今でも不思議。受け入れてもらえるって本当にしあわせだ。

ときどきは飛行機で来て歌会に出ようって本気で思ってます。





1こ信じられないのは・・・
自分が7月につくった出来損ないの作品が、
遠いところで愛情をかけてもらって育てられ、
すっごい素敵な音楽を連れて帰ってきました。いったい何がおこったんだ。

ぺろんと焼かれたディスクを再生して、びびって、ひとり鳥肌をたてる。

これとは別に、ちゃんと売られてるCDもいただいた。サイン入り。
ジャケット写真には、ちょー可愛い女の子がふたり、微笑んでいました。
聴いてみたらすんごい好きな種類でした。たいせつにします。ありがとうございます!



あしたは6時起きでロケです。遅れたらころされます。

たぶん最後になるかと思うのだけど、お母さんにモーニングコールを頼みました。。

最近うちの実家には
弟の友達がよく集まるようになり、みんなごろごろ泊まってくそうです。今日は4人。笑

春休みだけど補習だから学校はある。朝ご飯まで食べさせて学校に送り出す母。
高校生の男の子のお母さんって、大変そうだけどなんだか楽しそう。。
強風に花びら、静かに重ねてゆくパネル
2010年 03月 22日 (月) 01:32 | 編集
写真展おわりました!きのうだけ会場にいました。
いろんな人に会えました。素敵なものをもらったりしました。
コメントもよみました。うれしかった。ありがとう。
きちんとしたお礼が全然まにあっていません。


きょうは朝から取材と撮影で、しかも会社に戻らなければならなくなり
搬出も打ち上げも行くことができませんでした。ごめーん!!!!



いろんな何かにしっかりありがとうを伝えます、かならず!



そして今、タクシーで西麻布に向かっている人がいるから
わたしは会社を出て、お酒を飲みにいくのです。
foggy and eternal
2010年 03月 20日 (土) 05:17 | 編集
西麻布のホブソンズでラムレーズンアイスを食べていたのが2時間も前だ。
それからずっと歩き続けて、いま霧の駒沢通りにいる。さすがに明るんできた。


祐天寺からは一人。
きのうはタクシーやったから駒沢通りがずっと続いてほしかったけど、
いまはさっさとうちに着きたいー。


今日は23時から、チームそろってご飯だった。おそらく最後。わたしのリクエストだった。
イタリアンのコースを平らげて、白ワインをいっぱい飲んだ。
今までで一番、西麻布らしい宴席やった気がする。


会社からお店に向かいながら、チームのボスと話した。
わたしは、うちのボスが大好きだ。25歳にして早々に理想の上司に出会ってしまった。

めっちゃ仕事できるだけじゃなくて、知的で、おもしろくて、おおらか。
発言も書くものも真っ当で、いるだけで周りに安心感を与えている。


年が明けてからは担当物件が違って、いま正直ボスのディレクションが恋しい。
細かい手助けするのが無上の喜びだったのだけど、今はそれもなかなかできない。
どうでもいい話をして、げらげら笑ったりできる隙間が、ちょっと救いだ。

六本木通りの坂を一歩一歩踏みしめながら、

「わたし、いっぺんFさんとまじめな話がしたかったです」

と、切々と訴えたものの、

「俺はまじめな話はせえへんでー」

と、笑って一蹴される。ばっさり。


どうやったらボスみたいになれるんだろうって考えてしまう。
9歳も年上だから、当たり前なのか。そうじゃないはずだ。


今の物件のつらさは、いよいよ募っている。きのうは午前3時に怒られたし。
しかしあと1週間しかない。ずっとこのチームに居たい。
バルサミコのソースをかみしめながら、脈絡なく泣きそうになる。
いよいよアンビバレント。


外苑西通り、明治通り、駒沢通りをだらだら歩く。
去る者へのさみしさを必要以上に向けられるが、わたしは悩んだり困ったりしない。
突っぱねるでもなくああそうですかという態度、でも要らないもんは要らない。



いま、歩きながらNUJABESを聴いている。
このジャンルはあまり得意じゃなかったけど、もう4年くらい飽きずに聴いていた。
ああ、しんじゃったなんて・・・かなしい。
大納言あずき先生/写真展、あと3日やってますよー
2010年 03月 19日 (金) 05:16 | 編集
IMG_5519.jpg
準備にとりかかる前、片付けてテーブルを動かして、
プリンタとつないだりしたところ。左に積んであるのはアルバムと写真の束。
この後、10時間くらい作業おわらず。
いろんな作業を割愛した結果、ほとんどプリンタは使わなかった。


あっ、こんな時間ですがご心配にはおよびません。
今日は3時までしごとだったからあしたは昼出社でよいのです。
それにしても本当にのこすところ1週間です、連休もあるし、撮影もあるから
会社に出向くのはあとちょっとだわ・・・。しんじられん。


コンビニで大納言あずきもなかを買って、指先を冷やしながら外苑西通りを歩く。
食べ終わってからタクシーをひろう。
夜のタクシーでうつらうつらと運ばれるのが好き。
小雨がぱらついていて、真夜中だと、最高にすばらしい。
路面の薄い水の膜。タイヤがすべる音。ああ、永遠に駒沢通りが続けばいいのに。





さて、現在開催中の写真展の話を少しします。
中押しして、ちょびっとお客さんが増えたらいいなという魂胆です。


horoyoi_web_2.jpg

「ほろよい日和」カメラ日和学校卒業生グループ展  3/15~3/21 @学芸大学

告知の記事はこちら
学芸大学で買い食いの案内はこちら

月曜の11時、ほぼ徹夜明けでふらふらとギャラリーに立ち寄ってみんなに作品を託し、
わたしは遅刻して会社に行きました。休んで搬入はどうしても無理だった。
でも8人中6人ものメンバーが、シフトを工夫したり有給とったりして集まってくれた。

会社で、搬入おわったよおつかれさまのMLを読んだ。うう、みんなありがとう。


そのとき、他の人に比べて私のはパネル展示が少なくて見栄えが悪いことがわかり
急遽、手元にあったプリント(ヒント:この記事の写真)を自由が丘のお姉さんに郵送し
パネル貼りをして展示を追加してもらうことになりました。

それ以外にも、みんなのに比べてわたしの写真が全然可愛くないことが不安だったのだけど
お姉さんのおかげで今日の夜パネルが増えて、わたしは会社でその写メを見た。
可愛くなってはないけど素敵成分はプラスされたような気がして、ほっとしました。



ギャラリーから1キロ以内に住んでいるのに、幹事のくせに、まだ展示を見れていません。

が、みんなが手をかけて組み上げたのだからきっと素敵だと確信していますので、
金曜から週末までの残り3日、気が向いた方はぜひいらしてくださいね。
そして、今日までに来てくださった方、どうもありがとう。


わたしも早く見たいなー。みんなの写真がすきなんです。
spring dust #2
2010年 03月 18日 (木) 04:36 | 編集
春は、空気がうごく。


たとえば、
自分の部屋で、カフェで、ひとりで過ごしているときに地震がある。
かたかた揺れるカップ、波打つ紅茶。わりと大きな揺れだ。
ひとりで地震にあうと、この同じ揺れを感じたであろう誰かに
「地震だ」ってメール送って、共有したくなる。

わたしは妹に、送りました。



日曜日の夜、部屋をいったん片付けて、
テーブルを動かしてプリンタに寄せて、マックをつなぎ
写真の束やアルバムを広げて作業をはじめた。
(そのときは、まさか徹夜しようとは。。)

あんまり寒くなかったから部屋の窓をあけて、ちょっとだけ風を入れた。
寒くなくなるって、いいなあ。春の夜気って、好きだ。

展示は、引き延ばした写真と、アルバム。
ポパカメでプリントが仕上がったのは日曜の19時だった。何もかもが出来ていなかった。

写真を貼ったパネルにスチールの定規を当てて、
慎重にカッターの刃を入れながら、 ああ、誰か来るかもな、と思った。


さっきまで駅前でご飯を食べていたのだ。
うちの場所は、分かりやすい。わたしはやかんにお湯を沸かす。




月曜、会社のライブラリに積まれた週末の新聞の山を触る。
もう日曜の日経は、読んだあとがあった。




今日になって、
ここも読まれて、歌までばれてしまったと分かった。
長い間ずっと秘匿してきたものがいっぺんに白日のもとにさらされて、
やっぱり多少はショックというか、いきなり毛布をはぎ取られた心地。それはきつい。


午前3時、テーブルの椅子に体操座りをして、頑として動かない。
わたしには、ふたりで住んでる人の寂しさは共有できないし、共感したくない。
その言い方は自分だって身に覚えがなくはないけど、その手のもやもやは、
別名をつけたりするのは意味がなくって、非常にたちがわるい。


ふだんはもっとおおらかで気にしない、でも
今のわたしにとってはそういうのが一番いやだ。


わたしだって欲しいものはあるけど、それは然るべき人からもらいたい。



春は、空気がうごく。

強い風に吹き上げられて居なくなる、春の埃とはわたしのことである。
spring dust #1
2010年 03月 17日 (水) 04:15 | 編集
春は、空気がうごく。
強い風に巻き上げられた埃といっしょに、ふわあと誰かがやって来る。

なんやかやで、お客様の多い週末であったことよ。



金曜夜、仕事が3時半にまで及ぶ。

先輩はラジオを切ってCDに切り替え、あかるいフレンチポップをかけるも
「なんかちゃうわ」と言って結局レディオヘッドに。

残ってた人たちと一緒に6時まで飲んだ。
咽頭炎だったので、ビールはやめておいた。
というかこの時間に体調がどうこうっていうのは超越していた。
お酒を飲んだため、薬を飲まなかった。優先順位おかしい。
店を出たら、明るいっていうか朝だった。


土曜日は、昼に妹と待ち合わせる前に、
午前中から写真展のためにどたばた動くはずだったのだけど・・・


11時、

ばーん!とドアが開いた。

「おねえちゃん。」

がば!と跳ね起きると、廊下のドアにあきれ顔の妹が立っていた。
妹は、どうせおねえちゃん起きんやろと思って電話して、
案の定出なかったから来たのだった。

「あー合鍵もっててよかったっ」

おかげで午後の予定には事なきを得るも、、、ランチも食べ損ねて、ほんとごめん。


渋谷文化村の、コクーンシアターへ。
伝説の舞台「上海バンスキング」を見に行った。
これについては、後述。見に行けて本当によかった。


そのあと渋谷をぷらぷら歩いて、桜ヶ丘で飲みました。
いちお、20代会社員の姉妹なので、
ほら、ちょっとこじゃれたイタリアンとかが正解な気がするんだけど、
・・・2回連続居酒屋です。

ここのお店はリピートです。お酒もご飯もていねいな味で、おいしい。
どの席も雰囲気がよくて、はずれがない。カウンターもよろしい。
さすが、会社の先輩に「合コンでよく使ってた」と
おすすめいただいただけのことはある。

「こういうカウンターは、ちょっと気になる人とのデート向きやね」

・・・妹に言っても、ちゃんと彼氏いるし、あんま意味なかった。


妹は田園都市線なので改札で別れ、わたしは東横線に乗る。

その電車の中で、大学の先輩とタイミングよく連絡をとりあう。
30分後に飲むことになった。光速。
先輩は武蔵小杉に住んでいて、家が近いのもあるけど
飲みに対するフットワークの軽さは、きっと東横沿線で随一である。

ちいさいバーでだらだら飲む。ここのマスターは金髪である。

大学の厚生棟がなつかしいという話になる。
廊下の崩れかかったソファで、けばっけばの畳の上で、
安い梅酒を紙コップがべこべこになるまで飲んで、きたない毛布をかぶって寝たい。

お、おご、おごってもらいました・・・っ ごちそうさまでした!!



あかるくなるまで起きていた。

やっぱりわたしは、酒飲みで宵っ張りなのだなー

火曜なのに、週末のことを書こうとしている。
でも今日は、あまりの眠気に、寝る。
写真展「ほろよい日和」、はじまりました/買い食い学芸大学
2010年 03月 16日 (火) 03:08 | 編集
horoyoi_web_2.jpg
「ほろよい日和」 カメラ日和学校卒業生グループ展  告知のエントリはこちら



今日から学芸大学のギャラリーで写真展がはじまりました!

ということで、今日はめずらしく情報のようなものを書きます。
来てほしいがために、このまちのいいところをいっぱい見せようという魂胆です。


IMG_5496.jpg
会場はこちら! monogramの2Fです。ほそい階段をのぼってきてね。 
おひさまのいっぱい入る、明るいところです。monogram ギャラリー

「が」のフラッグは、がくだいの、「が」。


IMG_5497.jpg

その斜め向かいは、カフェのLo Spazioです。
フライヤー置かせていただきました。ありがとうございます。 Lo Spazio
めっちゃかわいいラテアート描いてくれます。

126556770114.jpg


IMG_5498.jpg
そのとなりの古本屋さん「本とうです。」 ←名前です。
でもレジのお兄さんは、電話に「はい、本とうです。」と答えます。本当です。


IMG_5494.jpg
monogramの十字路から線路側を向いたところ。
ガードの奥にあるのが老舗ケーキ屋さんの「マッターホーン」


IMG_5487.jpg
IMG_5489.jpg

どれくらいにぎわっているか、伝わるでしょうか。マックのお兄さんまで居ますね。

「濃厚」とか「繊細」とか「洗練」とは違うんだけど、
とにかく美味しい!ふつうに幸せのためにあるケーキ。
値段は300円前後というすばらしさ。喫茶室も広くて静かでおすすめです。



続きまして、西口へ。わたしはこちら側に住んでいます。だいぶ歩くけどねー。


IMG_5454.jpg
昼から予定があるときは、だいたいぎりぎりまで起きられないから
たい焼きを買って、駅へ。ホームで食べて、お茶を飲んで、電車に乗ります。
歌会のときとか、いつもです。


IMG_5452.jpg
たこ焼き&たい焼きがおいしい、「白川」

IMG_5456.jpg
おすすめは絶対に豆乳小倉!こればっかり食べてます。


たい焼きも食べたんだけど、たこ焼きも食べたくなったので
数十分後、また来ました。お姉さんが「あれ」って顔してました。


たこ焼きは碑文谷公園で食べることにします。
おおきな池があって、モルモットやポニーが居て、休日には親子連れでにぎわいます。

IMG_5465.jpg
ボート乗り場には、順番待ちの列が。漕ぐ音が騒がしいくらい、ボート祭りです。

IMG_5470.jpg
池に面したベンチがたくさんあります。そのまわりに鳩。
隣のベンチではおばあちゃんたちがおしゃべり。
足腰の健康と、近所の医院のうわさばなし。標準語でおっとりと話す声。


IMG_5464.jpg
うらうら、のんびり・・・写真展の作業、おわってないのに。


作業もあるし、いったん家にかえりましょうかね。
商店街に戻ってきます。

IMG_5509.jpg
「やなか珈琲店」でコーヒーを飲む。カップは小さいけど、180円で飲めるよ。
というのをスタバの向かいで言ってみる。そう、店の構えはスタバに向いている。

IMG_5514.jpg
王将もあるでよ-!これは午後撮ったけど、夜は激混みだぜ。


他にもたくさんあるけど、
とりあえずギャラリー周辺と、商店街の買い食いをメインにしてみました。
ひとりで来てもぷらぷらできて、たのしいよ!ぜひお越しくださいませ。


日曜日、引きのばしのプリントを注文とかをして
午後はこのように、デジカメ片手にだらりんと食べ歩きをしてしまいました。
あったかかったし、ちょうどよい日和でした。


そうやって昼間たらたらしちゃったから、
夜、作業のしわ寄せにくるしんだのは、言うまでもないのでした。
いんげん豆とペンライト
2010年 03月 11日 (木) 13:10 | 編集


今しがた、食べ終わったお弁当です。 撮影は、夜です。


きのうの1時半、舌の付け根から奥が腫れ上がってるのにマクドナルドにいて
あがあがしながらポテトを噛んで飲み込んで
これ完全なる不正解やろ、あーこれはもうぜったいあれするわ、やばいわ
と思って、
帰ってから、なけなしの蔵出しおかずコレクションを使って
とてもとても久しぶりにお弁当を詰めたのだった。

いつも日曜におかずを作って冷凍してたけど、ここ2週間できてない。
かぼちゃの煮付けと、いんげん豆の塩ゆでを、使い切ってしまった。
もう野菜のおかずがない。。復活からたった1回で万策尽きる、悲しきフリーザー。


あとは、豚肉と舞茸の昆布炒めと、ハニーマスタードチキンです。
なんでこんなに自分のお弁当っておいしいんやろ
自分の料理がうまいというわけじゃないのだ・・・
同じおかずラインナップのお弁当が、コンビニに売ってても、違うような気がするの。



病院に行ったら咽頭炎だった。
会社から徒歩30秒のちいさい内科。顔全体で話をきいてくれる、よい先生である。
こういう先生のときだと、電子カルテってとても素晴らしいよなと思う。
かんたんにクリックするだけだから、こっちの方を向いてくれるもの。

わたしは多分、お医者さんという人種がすきである。
それはおそらく自分かわいがりの一つのかたちだとは思うけど。
でもその分、感じ悪いお医者さんに当たるとすごく落ち込む。

わたしはよくお医者さんに水分をとりなさいと言われるので
今日は給湯室に常備されてる「お~いお茶」の粉末緑茶を大量に飲んでいます。


処方されたカプセルの青やオレンジがビビッドすぎて、
まじまじと見てしまう昼休み。
水溶性理論/fragments #2
2010年 03月 10日 (水) 04:23 | 編集
雨はみぞれになって雪になって、雨に戻った。


今朝、起きたら血液型選手権で(いつも出る時間)、途方にくれた。

そのままベッドに座り込んでいたら、謎の中国人から電話がかかってきた。
市外局番は042。東京の西の方から、異界は日常へと忍び込む。



西友の新生活キャンペーンのCMには、本当にびっくりした。

「西友にとりあえず行けや」

という歌詞の中で、あからさまに「ニトリ」と「IKEA」を歌っている。
メロディの強まる、シンコペーションのところに配置してるあたり、絶対確信犯やろ。

あえてライバルを意識にのぼらせることで、逆説的に自社の安さを訴求しているのね。
うーん、度肝ぬかれた。



火曜なのに、12時なのに、中目黒の和民でくだをまいてしまう。

シーザーサラダ、唐揚げ、豚平焼。ビールおかわり。

仕事でちょっとストレスをためてしまうことと、まだ帰りたくないことのアンビバレンス。

先輩は相変わらず辞めると言っている。



日曜の朝、おばあちゃんから電話があって何事かと思ったら
載ってたよってわざわざ電話くれたのだった
しばらく選外が続いていたからなぁ。。

「お彼岸には、帰ってこれない?」

わたしは岩手に一度も住んだことがないけど、
おばあちゃんはやっぱり「帰る」って動詞を使ってくれるのだった。
東京いるうちに、うんと寒いときに、あと1回くらい行っときたかった。。。



写真展、最終日まるまる取材撮影かもしれん。
搬入どころか搬出も行けない幹事ってどうなの。
くそう。。仕事がんばるぞ。。


3時半、細かい雨粒に冷やされながら、駒沢通りでタクシーを待つ。
寒くて眠くて、フードをかぶって、目をとじている。


「ごく一部の人にはすごくもてると思うよ」

って、うれしくない。

わりと興味は持たれるけど、好かれないって
ちょっと自分で分かってる。


少しだけ積もった雪が、雨に濡れてしゃりしゃりで、あしたは水曜。
レインコートに流れて/fragments ♯1
2010年 03月 09日 (火) 15:05 | 編集
雨の交差点を渡りながら、いろんなことがこぼれていきます。忘れっぽいの本当に。

もうさすがに時間があきすぎて順番に書くことができないわ。
印象だけをられつします。


金曜に、終電をのがしたMえくみが来てくれた
お酒と、きゅうりのキューちゃんと、ロールケーキを買ってきてくれる。
でも、結局行きつけで飲んでしまう。ハツは売り切れてなかった。喋り倒して4時半。

パジャマを出して、好きにしてていいよ、寝ててもいいよ、と
次の日早いからわたしはお風呂に入って、そうっと戻ってくると、
Mえくみはもう寝てて、枕元には、本棚にあった穂村弘「整形前夜」。・・・萌えた。


人のせいにしてはいけないけどー
またボイスが埋まってて見る気をなくしたので
友達が病院で点滴を受けたっていう書き込みを見逃して
夜ふつうにメールを送ってしまった。。気づけたらよかったんだけど・・・。うう。



テーブルの上にあったもの

歌誌の2月号と一眼レフの交換レンズ(Nikkor 110mm F1.8)と
引っ越し屋さんの名刺と飲み終わったヤクルトと、プリクラ。
あ、ドライヤーと魔法瓶もある



日曜
写真展の会議で、自由が丘に住んでいるお姉さんのおうちに行く。
お姉さんは一番年上で、結婚していて、すてきなおうちに住んでいる。


間取りだけの状態で購入し、自分たちで好きな内装に仕上げる
「コーポラティブハウス」というタイプらしい。
愛情をかけてじっくり作り上げたのが、とても伝わる。

雨だけど、大きな窓がたっぷりと明るくて、ラグにすわりこんで落ち着く。
みんなでほわほわとお茶を飲み、自由が丘ロールを食べ、写真を並べた。

前日にてんぱりぎみのメールを送っていたので、みんな気遣ってくれた。
なんか全然、だいじょうぶそうだ。
わたしは搬入に行けないけど、みんながやってくれます。


そのあと都合のつくメンバーといっしょに
渋谷に出て、ハンズで買い出し。(←って1回言ってみたかったの!)
スチレンボードの厚さを、3ミリか5ミリかで吟味、議論。
雨のセンター街はあるきにくい。泥水がほんかくてきに泥水、傘袋まみれの渋谷。
4人でプリクラを撮ったら、自動的に目がおおきくなっていた。今時のはすごいね。



格言って言うとぶっとい墨文字が思い浮かぶけど
アフォリズムって言うとなんか、ふわふわする。


・「あるある」と「ありがち」は違う


・無茶ブリには、ハッタリで返せ (仕事のはなし)(←いいのかよ)


・学祭ラブから社内恋愛まで、そんなことが起こるのは、要素がそろってるから。
 
 →「共有」と「共感」

もちろんタイミング論は織り込み済。




冷たい雨です。会社の近所で、また芸能人が捕まりました。

次もまた印象断片。仕事しよ。
よくない春雨庵の例
2010年 03月 07日 (日) 03:47 | 編集
メールの返事ができてなくて申し訳ないです…


金曜に終電をのがした後輩がわたしを頼ってタクシーで来てくれたこと、
イケメンの男友達を撮影し、西麻布でブランチをしたこと(おっしゃれー!)

など、楽しかったこと、うれしかったことはたくさんあるけど


きょうの出勤は、気持ちがくじけた。。

そう、撮影とブランチが西麻布になったのは、
休日出勤が決まって会社の近くじゃなきゃ無理だったから。


今日も一日中、否定されつづける。


楽しみにしていた飲み会を、わたしのせいで潰してしまった。
6人も集まるはずだった。申し訳なさすぎて泣きそう。

写真展準備にいよいよ穴をあけそうだったから、MLでメンバーに激務を告白してしまった。
本当は忙しいって言いたくなかった。みんな忙しいのに。
そしたら一番年上のお姉さんがすぐにメール返してくれて、泣きそうになった。



仕事があるから好きなことをできるのは分かってて

でもやっぱり、それで誰かに迷惑をかけてしまうのはいやだ。だから今日は悲しかった。



どうせ電車もなかったし、先輩とホルモン屋で飲んで帰る。
いま組んで仕事してる先輩とは毎日12時間以上一緒にいる。
ダメ出しを浴びつづけるのは体に悪いけど、
関係ない話をするのは楽しい。


差し向かって粛々と焼く、カルビ、ハラミ、コプチャン。
七輪の上に異様な気迫のただよう、真夜中の焼肉。




ついに、箸の持ち方にまでダメ出し。
雨とジョナサン
2010年 03月 05日 (金) 04:45 | 編集
雨だから、終電に走らずに、先輩と広尾のジョナサン。


きのうがかなりきつかったので、今日がその上をいくつらさだったことに
びっくりして絶望してしまった。

ハンバーグを食べながら先輩(今は案件かぶってない)にせつせつと訴え、
今の案件がつらい理由は、理解できた。

が、ざんねんながら、解決策はないので乗り切るしかない。
最後がこの案件というのには、意味があるんやろ、きっと。。

最後にボスと仕事したかったと何度も言ってはたしなめられる。



写真展のフライヤーは、水曜に代引きで会社に納品された。
激安の投げ込みネット入稿。チェックなし。データ作成にミスはなくて安堵。
でも、写真の色校正したかった。あああ、色があー!

届いた日の午前中はしばらく「色がー」って思ってちょっとおちこんでいた。仕事しろよ。

せっかく届いたのに、メンバーに発送できていなかった。
いつもなら抜け出して郵便局くらい行けるのにな。


ジョナサンの大きなテーブルで、先輩に仕分けを手伝ってもらって、
わたしは封筒にせこせこ宛名書き。

あした超速達みたいなやつで絶対出すんだ!



3時に話を切り上げて帰宅。寒くて雨がつめたくて、タクシーでよかった。



タクシーの中でmixiにログインしたら、ボイスが10件連続同じ人で、萎える。



ロイクソップしか聴きたくない。

洗っても洗っても流しにカップがある。

ヤクルトとチョコラBB飲んだくせにエクレアを食べるという不可解な行動。

一人暮らしになってから、これだけはやるまいと決めていたのに、
今週着た服が積み上がって、月曜から順に地層になっている。。



ああ、最後がここまでとは予想してなかったよ、参った!!
日比谷線ホームは揺れて
2010年 03月 04日 (木) 00:41 | 編集
ゆられております。晩ご飯は会社で食べました。
菜の花のサラダなんて洒落たものが、コンビニで手に入る時代でございます。


きのうはね
「君に届け」に間に合ったけど
王将には間に合わず

ざんねん。


具合のわるさを数値化して、
ある一定の数値を越えたら、その人の机のMacが爆発する
とかいうインフラが会社に整備されたらよいのに。



輝くルート

かるがると

やっぱり首が痛いだけ




あしたは朝もはよから、カンプ撮影です。また撮られて、別人と合成されます。


着る服が、肩出しです。


この鬼いそがしいときに……肩っ……女子はたいへんなんだよ!!
おんじき日記
2010年 03月 02日 (火) 18:05 | 編集
なんでこんなに飲み食いするんだろう。飲んでも食べてもしあわせで困る。



金曜
駅前の大好きな焼き鳥屋で、友達と飲む。

まずたいてい生と枝豆を頼んで、串をいくつか、あとは煮物や小さいコロッケなど。
生をおかわりしたら、あとは「富久娘」のお銚子350円を飲み続けるパターンである。
今回は、ハツと、黒糖そらまめが売り切れ。ポテトサラダは、おかわり。

翌日引っ越すのだと聞いて、びっくりする。
同じ駅に友達が住んでいることのありがたさを、東京に来たばかりの頃、噛みしめていた。

誰かと飲んでて去年の冬ごろの話になると、
今でも発作的にすごい泣き方をしてしまうことがある。

カウンターの隣の席のひとに、出身地を尋ねられる。
同じく九州人であった。ひとしきり話した。商店街の、王将の店長さんだった。

「夜って、12時閉店でしたよね」
「12時に来てもだいじょうぶですよ」

ああ、せっかく王将に物怖じせずひとりで入れるようになったのに、
引っ越すまでにあと何回行けるのか!(終電だと、間に合わない)
ぱりぱりの、きつね色の、餃子あぁ~。





土曜
妹と自由が丘でちょっと遊んだあと、ふたたび駅前で飲む。

今度は駅の西口側の焼き鳥屋。妹は、そんなにお酒飲まないのに焼き鳥は好き。
前日に行った焼き鳥屋がすごく安くて美味しいのに対し、
こっちはふつうにお金をはらうことになるけど、何を食べても間違いがない!

刺盛り、せせり、ぼんじり、アスパラ巻、厚揚げとひき肉の煮物、おひたし・・・
まだあるけどふたりして本当によく食べた。
最後に出てきたそば茶とともに、黒蜜きなこアイス。たまらぬ。

途中、30分くらいずっとフィギュアスケートの話をしていた。ひたすら熱かった。
ふたりとも、アルベールビルのころから、フィギュアが大好きなのである。
これを書き出したら止まらないので、やめておく。

姉妹レートで割り勘。

ローソンでプレミアムチョコロールケーキを・・・2こ買って帰る。誘惑に負けた。
うちに帰ったらフィギュアのハイライトを放送していて、また見てしまう。
ケーキのお供に紅茶を入れようと思ったのに、
NHKだからCMもなくて、お湯を沸かしにも行けずじりじりと見続ける。

写真展用に写真をひっくり返し、ああだこうだ喋って、布団をしき、4時就寝。





日曜
前回の記事ではまるで迷子になって帰れなかったみたいだけど
ちゃんとモヤイ像まで歩いて、しかるべき場所からタクシーに乗り、帰宅したのだった。

代官山を抜けて、目黒川を越え、するすると住宅街をすべっていく。
会社から帰るときとはちがうルートだから、おもしろかった。

きょうは東京マラソンに出た人を乗せた、と運転手さんが言う。
朝はみぞれまじりだったから、きびしいコンディションだったろうなぁ。

その後もおしゃべりに夢中になったせいで
運転手さんは道を曲がり損ね、少し遠回りになったので300円引いてくれた。





月曜
のこり1か月なので朝会で最終出社日をオフィシャルに伝える。
あああああ。

今一緒の案件をやっているアートディレクターの先輩は
たぶんわたしのことを最初はカウントしてなかったと思うけど笑、
この案件がはじまった1か月くらいで、たくさんしゃべれるようになった。
その朝会で、「最後までよろしくな」と、目を見て言ってくれた。うれしかった。





きょう
おかずの半分がウインナー(3本)という投げやりなお弁当を食べる。
コンビニが続いていたけど、いくら投げやりでも、お弁当のほうがお腹にやさしいなあ。


ほんとに最近、代謝が落ちてる気がする。やっぱり少しは気をつけないと。
朝食べる菓子パンだってクリーム入りばっかり選んじゃうし。。
夜だって、真夜中に商店街でカレーとか餃子とか喜んで食べてる場合じゃないでしょう。





もうすぐクライアントが来るのを待っている。
きょうは、絶対1時までには帰って「君に届け」を見る。


その前に、できたら、王将に寄る・・・寄ってやる。
くらげ中毒
2010年 03月 01日 (月) 03:23 | 編集
金曜も土曜も日曜も

飲んだ


給料入ったとたん吹っ飛んでゆきます…



歌会に爆弾ゲストを連れていく。
ほんとに、こうなるとは。

今日は議論があったまった日で、いっぱい考えることがあった

評について
・作品のためのものであり発言者のためのものであってはならない
・ふわっと耳ざわりのいいことだけを言って逃げてはならない
・分からないなら読み解こうと努力する真摯な姿勢を


自作については、覚悟の足りなさにくちびるをかみしめる思い。
そのブラウスは、チキンのあかしだ。
真剣であろうとすればするほど、くるしいものなのね。


歌会も、お茶会も、飲み会も、みんなに構ってもらってよろこぶものの
途中で何度か、口からくらげが出そうになった。


22時、なぜかまた、飲んでいた


井の頭線の、東横線に連絡する最終を、くだらなすぎる理由でのがしてしまう。

改札までへろへろ走って戻って、柵のところにしゃがんで向き合い
次の電車までの10分間、柵は柵のまま厳然としてありつづけた


わたしはやっぱりここから居なくなるべきだ
ふわふわ笑いながら、そのうちまっしろになってしんでしまうよ


渋谷で終電を降りて、かつんかつんと黄のパンプスで、
熱いキスの現場をすりぬけ、ナンパをかわし、

交差点を見下ろすスタバで、どっちむきにタクシーを捕まえたら良いのか




くたびれたから、今日はもう、寝るね。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。