春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雪に送る
2011年 03月 06日 (日) 04:52 | 編集
2009_2010winter_0006.jpg
夏油高原(げとうこうげん)というところ。
おばあちゃんちから車で30分のスキー場。
Nikon EM / Nikkor 50mm F1.8


従兄は週末、スキーのインストラクターをしている。
たくましくて、雪焼けしている。そして祖父母と暮らしている。

従弟はハタチだ。千葉の従姉の家にいそうろうして、
バイトをしながらジャズピアノの勉強をしている。





1月のあたま、雪のふる町のちいさなマンションに、
大切なひとたちが集まったことを書いておく。




わたしはライターさんにお願いして取材を代わってもらい、ネットで格安航空券を探した。
いつも東京へ行くときは旅割で合計3万円ちょいで飛んでいたので、
直前予約の値段の高さに、くらくらした。



5時台、まっくらな中、母に見送られてタクシーに乗る。
弟がセンター試験前で動けなかったので母も残ったのだ。
父は前日に北上に着いていた。
妹はわたしとほぼ同じに東京を出るから、先に着くはずだ。

離れているせいかもしれないけれど、母と義父母の関係はよかったように思う。
だから行けないことには特別のつらさがある。
出発前日の夜、母が甘く焼いてくれた卵焼きを食べながら、2人でぽつぽつと話をした。

駅のホームで反対側に白く光るものを見つけて、なんだろうと思ったら月だった。



急いでいたのには訳があって、
うちの田舎は葬儀と火葬のじゅんばんが逆なのだ。

飛行機や新幹線で7時間の行程。
すべての乗り換えがうまくいけば、儀式がはじまる直前くらいに着くはずだった。
飛行機の遅延で一発アウト。
定刻到着でも、モノレールの発車まで15分、その後東京駅の乗り換えに10分。

始発の飛行機は遅れずに着いた。
動く歩道を無視して、キャリーを引いて全力疾走した。
東京駅のみどりの窓口には、ものすごく手慣れたお兄さんにあたった。親切で、速かった。
タッチパネルを叩く少し大仰であざやかな手つきに、どれだけ励まされたか分からない。
「次のやまびこは、23番線から40分の発車です」



駅に着いてからの時間がないので、最初から喪服を着ていた。
でも普段の服装用にブーツだった。座席で、黒いパンプスに履き替える。
このやまびこに間に合っただけでも奇跡だ。窓から、きらきらと富士山が見えた。



窓の外はほんとうに、すこしずつ雪深くなってくる。
静かな駅前に降りると、その白さに息をのんだ。

タクシーに乗ると、斎場からのバスが2台先に見えた。
父と妹に連絡がとれた。



そうして、お別れが間に合った。
キャリーを引き、息を切らして火葬場の入り口に立つと
「間に合ったね」「かなこ、間に合った」と
かなしそうにうれしそうに迎えられた。



翌日、東京から従弟も来た。
もともとこの週末が成人式で、2年ぶりに帰省する予定だった。

そして彼の言葉が、ものすごく重要なことを、明らかにすることになる。
≫ "雪に送る" の続きを読む...
スポンサーサイト
今夜、B棟に待つ/resuscitation of a housing complex
2011年 03月 05日 (土) 14:44 | 編集
2009_2010winter_0003.jpg
選択とはいつ如何なる時もくるしいものなのだよ、君。 
Nikon EM / NIkkor 50mm F1.8 目黒区碑文谷


まじめに言うが、だれかとおつきあいするなら言わないといけんことが3つあるのだ


死と歌と未来


好きになるかどうかも怪しいのだが


どれも言えそうにないぞ
あきらかにあさはか
2011年 03月 01日 (火) 02:58 | 編集

「あいされるかあいされないかなんて、
 これくらい白黒ついてるもんなのよ、よのなか」


さっき帰って来た。

タクシーで。


今日も馬鹿をやった。

日付をまたいで残業中、

ついったーで仲良しのひとたちとやりとりをしていて、

わたしは、いたくおなかが減った。


夜中のカロリー過多を指摘され、

それはわたしにラーメンを思いとどまらせるだけの効き目はあったものの、

いざ退社してみると、

そのままタクシーに乗ってしまうのはつまんない気がした。ほんとうに腹ぺこだったし。



ラーメンはやめて

ウエストのうどんへ。


しかし

それまでの文脈を踏まえるならば

そこは「わかめ+おぼろ昆布」とかでカロリーを抑えておくべきだろう。


なのに

なのにどうして


「ごぼ天+温玉」に天かすを入れてしまうのか。


食べたかったっていうのは、分かる。


しかしね、君。


胸に手をあててご覧。


ちょっとでも


ほんの少しでも



「こっちのほうがおもしろいし」



とは思わなかったか。


写真アップしたろと思ってiPhoneを構えたとき、

その見栄えのために天かすを投入しなかったか。


いいかい、君。


胸に手をあててご覧。


そんなの、おもしろくもなんともないぞ。

ただ自分がひとしれず太るだけで、誰もなんとも思わないんだぞ。


胸に手をあててご覧。


そんなことをしているうちは、

あいされるターンなんてえいえんにまわってこないんだぞ。


胸に手をあててご覧。


ほんとうは、

可愛くなって会いたい誰かが、いるんじゃないのか。


胸に手をあててご覧。



ほんとうは。



分かってるよな、ほんとうはじぶんが、どうなりたいのか。



ほんとうは。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。