春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Tell me about her
2011年 09月 27日 (火) 01:08 | 編集

the Gulf of Kinkou / iPhone

白ワインを飲んだ。
20年つきあった人が自分から去り
すごくうろたえたという男のひとを眺めながら。

その失恋の話をするときの彼が
とても人間くさくて好きだ。
わたしはその話を聞いているとき、
ありていに言えば、余裕が生まれる。
カウンターに並んで座る彼をいっしんに見つめ、ちょっとだけわくわくして、耳を傾ける。
多分、少しいじわるな気持ちになるのだ。

彼女から離れていくことはないと思っていたのだろう。
そんな確信を、彼はたしかに持っていた。
他の誰かが現れるなど、微塵も予想していなかったのだ。
それが崩れたとき、取り乱し、嫉妬もしたというそのひとを
阿呆だなあ、ありえないなあと、
とても愛しい気持ちで眺め、そしてワインを飲むのだ。

スープ・ド・ポワゾンに浮かんだパン が
褐色の濃厚なスープを吸い込み、徐々にやわらかくなっていく。
ソムリエが、少し遅れてワインを注いだ。

今でも未練を持っていてくれたらおもしろいのになあと思う。
アンチョビソースのかかったアスパラを、機嫌よく齧る。
わたしはつくづくといじわるだ。
スポンサーサイト
ゆびさきであまぎごえ
2011年 09月 24日 (土) 01:01 | 編集
print201008_0009.jpg
応答せよ 応答して してよ  Nikon Em / Nikkor 50mm F1.8


きょうはとても休みらしい1日。
午前中から舞台の映画を見て泣いて笑って。
Eりかとイタリアンのランチ。
いったん帰宅、ひるねを経て
夕方からはA奈とカラオケ。

ぜんぶ電車に乗らずにやりとげた
郊外住みだけど Eりかに送ってもらったりしてるけど 
なにはともあれ ばんざーい


「わたしたち、なんとかしないと、このままでは、地球の平和を脅かしかねない」



いま、iPhoneアプリのFingerPianoであそんでいる。

メールを送ったけれども返事がないので

さみしくて指いっぽんであまぎごえを弾いている。

だれと飲んでるかよく分かってるんですけど。


まいあがりー ゆれおちるー


指いっぽんで弾くとまったく迫力に欠けるが

まあこんくらいがちょうどよいと思う。

だいたい、似合わないし。
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。