春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンジブル
2011年 11月 16日 (水) 01:31 | 編集

グリーン、グリーン Shinagawa station / iPhone


このまえ、くるしかった賞の発表があって
予選通過を果たしたことを知った
600人応募して35人くらいだったと思う

最終選考ではまったく評がつかなかったことも分かったし
たいした成果でもないのに、おおげさかもしれない

けど、

福岡に帰ってから
雑誌の発売とともに明らかになる賞の発表の日が大嫌いだったので
(自分の手で落選すら知ることができないから。)

いじけきってどーしようもない自分を
一発はたいてちゃんとさせるくらいの力は、
じゅうぶんにあったのだった。


おもったのは、

がんばってよかった、

ではなく、

がんばっていいんだ。

ということ。


まっくらやみでじだんだを踏んでいたわけではなかった。

階段の一段目が、そこにはあった。

じゃあがんばっていいんだ。


そして、ほんとうに
わたしには、これをがんばっていく上で
これ以上のぞめないくらい、しんから味方とよべるひとたちがいる
恵まれていると、心からおもう。


この気持ちはまったく純粋ではないかもしれないけど

やっぱりたしは

がんばろうと思うのでした。
スポンサーサイト
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。