春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長いあとがき
2013年 07月 02日 (火) 04:08 | 編集
かつて、自意識と自己愛をやばい感じにこじらせて、
こじらせたまま、寝不足になりながら、せっせと文章を書き綴っていた人がいた。
20代。すべてが過剰。毎日がいっぱいいっぱい。


その砂嵐が過ぎた今、ここから何かを書くとしたら、あとはもう、
ずっとずっと、長いあとがきだと思っている。


21歳からここにいろいろな駄文を書き付けながら
365日いっぱいいっぱいだった人がどうなったかというと、
仕事で文章を書くようになり、28歳の終わりに会社を辞め、
29歳になり、フリーランスの編集者・ライターを名乗るようになったのだった。
それとは別の形だけど、いろいろな運びで、
本も出版することができた。Amazonでちゃんと買えるんだぜ…。


恋愛ではひじょうにしょっぱい思いをしつづけ、
「興味は持たれるけど好かれない」。
変なところからしか声がかからないのは自分のせいだ。
といじけていた。
が、驚くようなことがあり、
11月に会ったばかりの人と11月のうちに将来を決めてしまったのだった。
(今年の11月に入籍します)





だから、これから何かをぽつぽつと書くとすれば、
それはこの「春雨庵」の長いあとがきです。

でも、ブログという独特の文体ながら、日々いっしんに言葉を綴り続けたことは、
間違いなく、現在のわたしの血肉になりました。
キーボードをえんえんと叩きつづけた、おそろしく無駄ともいえる時間の蓄積は、
わたしを支える大切な財産です。


長い年月と、この場所と、読んでくださった方々に感謝しています。
スポンサーサイト
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。