春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うずちゅう
2009年 01月 30日 (金) 00:03 | 編集
会社の帰り、ごはん何つくろうと思ってチャリこいでたら


こけた


歩く人が立ち止まり、車が止まり、3人もの人に囲まれ、心配された。

東京の人いいひとや。


チャリで近所を探検したときに、わりと近くに医療センターがあるのを見つけてたので
タクシー初乗りで来ました。

夜間・救急受付にいたのは
ロン毛を後ろでまとめた濃い顔の兄ちゃん
場所さえ違えばターンテーブル回していそうなゆるめの雰囲気。


1時間がすぎました


受付から聞こえる私語を延々と聞きながら、
働く人にとっては日常で、訪れる人にとっては危機という鉄の壁がある以上、
そりゃ不祥事の諸々も起こるわな、と大仰なことを思った。

血ーたれてるんですけどー!

なんか理不尽を感じてもひたすら神妙に待ち続けるのが
時間外診療受診のための心得ですね。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。