春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
郷愁ねこまんま
2009年 03月 12日 (木) 23:02 | 編集
20090312224200.jpg

そして弁当を会社に持って行くのを忘れ、帰宅後に晩ご飯にした、図。


「BRUTUS」の猫特集を見てよだれを垂らしそうになりながら
猫シックをまぎらわしています。
お母さんがピンクの肉球の写真だけ送ってきたりするもんだから
よけいにたまらん。ぷにぷにしたーい。


行ったこともないのにただの強がりだとは思うけど
猫カフェとかに行ってしまったら、負けな気がする。なんとなく。
シャッターチャンスに鈍く、猫ナンパふられ歴15年以上の私は、
街で猫をみかけても後ろ姿しか撮らせてもらえない。


会社のマネジメント担当のフロアには昼だけステイの猫がいます。
出勤を待ち構え、入れてもらい、日がな一日そのフロアで寝て暮らす。
わたしも、オフィスでは触らせてもらえるんだけど
「退社後」の彼女に、会社の出口付近で会っても無視される。


うちのうめと同じもふもふ長毛タイプで、
性格も、ちょっかいが気に入らないと「なによう!」という感じが、
ちょっと似ているかも。

うめこは、どこぞの元お嬢で筋金入りの高飛車、
野良を経て、雨の日に母を泣き落とし、庶民家庭のT井家に流れ着く。
甘やかさない家族と、先住猫のエルマー(威厳ゼロ、隙だらけ)と
なあなあの社会生活らしきものを送るうちに、
その性格はわずかばかり矯正されたと、言えなくもない・・・。


猫さわりたーい。


福岡に帰るのは来年の春になりました。来年度まるまる東京!


猫さわりたーい!!!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。