春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テレビを買う女
2009年 04月 14日 (火) 02:17 | 編集
しごとの話題。


このまえ、おつかいでテレビ買いに行った。

渋谷センター街の「さく○や」で、
出たばっかの37インチフルハイビジョン機種を指名買い。
20万近くを現金で支払い、「今日ほしいんです」と配送を断り、
店員さんに台車で運んでもらってタクシーに積み込み、
「西麻布までお願いします」


どこのセレブ小娘だ



ああおもしろかった。
家電音痴なので、すごくいい勉強になりました。


家では21インチのまるいブラウン管を見てます。



「もったいない」、「あったまいい」、「ちょうどいい」
(ソニー、ソニー、ホンダ)

感動詞的に口をついて出るような
あたりまえの感覚的な言葉なのに「そのとおりだ」と納得できる、
という感じのコピーをよく見るような気がします。
「ちょうどいい」の二番煎じは、もういくつか見たし。

元々誰のものでもない普通の言葉だったのに、
こうやって目立っているっていうことは発見した人の手柄だよね!



考察する暇があったら・・・・以下省略!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。