春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
叶うなら可憐にやさしく/嘆きのアクトレス
2009年 04月 28日 (火) 02:39 | 編集
20090428023942.jpg

信じられん!7時に退社できた!!


渋谷でフィルムの現像出してLUSHでシャンプー選んでお花買って帰れた。

まさか自炊できる時間に帰れるとは思わず、
家に野菜のストックがまったくないので
またカフェでひとりごはんです。




自分が好きな自分になりたいという傲慢

自分のペースでやればいいという怠慢

自分を掘り下げるという名の自分大好き

変であることに拘泥しないことも大切


願わくば、誰かのエンタメでありたいの。





一部では、もうすっかり注目アーティストな先輩。
おととい飲んだとき「有名人w」って冷やかしても
本人は少しも変わっていませんでしたが。


とおい昔、2年生の秋
先輩の作品にコマドリ女優として出たことがある
首から下、上半身のみの出演。包丁を握って、主に手の演技。

ゆーちゅーぶでは海外からもたくさんコメントがついている。

その作品につけられた英語のコメントに


I think the lady is actually a man.


というものがあった



つまりそれは



わたし、



女に見えないってことやね。。



厚みとかね(笑)


わたしはアカウント持ってないから観てないけど
先輩曰く、にこにこの方では


「ギャル男かと思ったら女だったw」



みたいなコメントもあったそうです。


日焼けした腕が、白いテーブルに映えてたもんね……ふふ。



ああ 可愛くなりたい・・・。



わたしがどれだけうれしいか書くのは
なんだか変な気がするから、書かない。

でも、21歳の私が無邪気に、でも本気で信じていたことが
少しずつほんとうになりつつある。
だから、21歳の嵐のような私に、やさしく声をかけてあげたい。



ふだんは自分のデスクでおのおの食べるランチタイムですが、
今日はマネジメントのお姉さんが一人だったので
制作の女子みんなでにぎやかしにお邪魔して、女子ランチ!


年上の女の人と話すのだいすき!
昼間からガールズトーク、まじで癒された。

失恋した先輩の壮大な復縁計画や、「28歳病」というものの存在について。
結婚してみての実感や、縁というものについて。

結婚式を控えた(私に家具をくれた)お姉さんは、
やさしさ、雰囲気、穏やかさ、すべてが憧れ。


憧れの女の人がたくさんいることは多分いいことだ!
どんなに自分のキャラじゃなくても。





こんなにつながってるのにその糸が見えないのはなんで?



ホセ・ゴンザレスをかけて眠りにつく

夢の中で乾坤の声を聴く

智慧の夜風に髪をなでてもらう
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。