春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考えるズッキーニ
2009年 05月 01日 (金) 04:57 | 編集
IMG_4692.jpg

これは先週末しごとで朝帰りした日の。
で、今現在、また外が明るくなっている!! でも朝焼けに愛される女になりたい。


また祝電を書いた。今度はお姉さんです。うきうき。
本当に誰からも好かれているお姉さんなので、みんなまとめるのに苦労した。
おもしろかったのが、コピーチームで私以外は男性だからか
先輩たちの文案には
「独り占めなさる旦那さんがうらやましい」云々といった一節が必ずあった。
一般的にも祝電のテンプレのひとつであるけど
なんか率直な実感ぽくてすごいよかった。私もお姉さん大好きだ。


20090501043319.jpg

今日もわりかし早く帰れたので、久しぶりにご飯つくりました。
八百屋でズッキーニが68円で、
同じく68円のしめじと組み合わせると100円だと言われたので
生まれて初めてズッキーニというものを買い、調理してみました。
ナスと一緒にオリーブオイルで炒めてやると、
最初から兄弟であるかのような態度をとります。おいしいので好きです。

そういえば昔、大橋のお気に入りダイニングHi-Fで食べたパスタに入ってたな。
わたしのリアクション 「すごい、きゅうりが入ってる!」



今おきてるのは、いつもの夜更かしとは少し違って
22時半くらいにベッドで転がって寝てしまって、2時半に電話で起きたからです。
電話で起こされるのは、なかなか悪くない。
でもやっぱり仕事あるし、もう一度寝た方がいいよね。


買ったばっかの化粧水のボトルを倒した。テーブルに海ができた。
1滴ずつ出てくるタイプじゃなくて、口径が1.5センチくらいある。
1週間分くらい、こぼれてしまったかも。クリニークで、高かったのに。
たぶん、テーブルが半端なく角質ケアされて健康な肌を取り戻すんだと思うよ。




間合い/あはひ/ことよす/ひょん



何かにことよせる筆

曖昧な世界のエンタメ

ああ、思考がノイジー


小学校1年生でみんなが取り組む「先生あのね」
私の書いた量は、異常でした。
1回1ページくらいでいいものを大量に書き散らした「あのねノート」は通算6冊。
先生も困るっつーの!
それにしても三つ子のたましい百までってやつよね。




間合い、という言葉は、実に深い。日本語すごい。

人は、いろんな人といろんな物事の間合いを測りながら生きている。


胸がかきむしられる/胸がつぶれそう
っていう表現もすごい。




「春には雨を 和尚には沢庵を」は
本当に存在する史跡「春雨庵」で遊んだもので、気に入ってはいるけど、
ここの説明にはなってないのが問題。


コピーつくってみた

果てしなき思索と写真でつづる日記風駄文エンタメ

情緒とシズル感がまったくない・・・。 没!!




ひょんなことからの「ひょん」って何で出来てるんですか?


可愛げの使用期限ってまだ残ってますか?


絡みづらいのって治るんですか?
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。