春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Deep Blue Dahlia /虚空に親書/餃子に恋文
2009年 05月 16日 (土) 02:58 | 編集
110ED_0006.jpg

信号が変わったところ。わらわら! Canon 110ED / Fuji SUPER G 100

この交差点と例の犬付近に溜まる群衆には、いろんな人がいる。
濁流のように動く人波の中で、
直立不動で何かを見ている人、一心不乱に何かを撮ってる人は
たいてい外国人のお兄さんですね。「どーもくん」のTシャツを着てたりする。



好きな言葉は、「なぎはらえ!」のTるいです。こんばんは。


夜7時から、渋谷で好きな作家さん(ナオコーラ氏)のサイン会があったのですが
やっぱり行けなさそうだと判断し、近くで飲み会があった妹にお願いした。
こういうの、行けたらよっぽどのラッキー、くらいに思ってないとね・・・。


ところが、奇跡的に7時半に会社を出れた。
妹はすでにサインをもらったとのことで、
その本はとりあえず持って帰ってもらったのだけど
みれんがましく会場の書店に行ってみたら、もう最後の数人で、
なごやかにサイン会が終わるところだった。

ものすごく惹かれる文章を書く女の人の、雰囲気だけでも垣間みれてよかったです。
私は近くの平積みの新刊をチェックしながらこそこそする、変な人でしたけど。



今ほしいもの


・帰り道の商店街で、ひとりで王将に入る勇気
・帰り道の商店街で、ひとりで松屋に入る勇気


松屋のテイクアウトならきのうクリアしたんだけどな・・・。

今日、王将は「本日餃子売り切れ」って手書きの張り紙が出てて、
入ろうとしてたカップルが、すんごいショックを受けていた。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。