春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そういう貴君がアルデンテ
2009年 05月 28日 (木) 03:34 | 編集
IMG_4720_20090528025647.jpg
よく熟れたトマトのエッジがつんつんしてくるんです。


なんで台所の写真が不穏になるのか。


台所、今日買ってきた重曹で、
鍋やかんシンク排水溝、全部けちょんけちょんにしてやった!
やりだすと止まんなくて、気持ちよかったー!

が、排水溝のバスケット掃除の詳細は筆舌に尽くしがたいのでやめておく。
ぬゆぬゆしたものは、ためてはいけない・・・。




帰り道、どうううしてもトマトパスタが食べたくなって
家でトマトソースの一人分とかしゃーしいだけなので
商店街のパスタ屋さんに入った。
2階のお店で、通りを見下ろすカウンター席があるのが見えていたので
ひとりでも入りやすいかなーと思ったのです。


お客は一組だけだった。若い男の子と女の子。
男の子はだらっとした格好で、
女の子は明るい茶髪で、服装はまさにキャンキャン系であった。


聞こえてきた話から察すると、

彼らはどこかの大学2年生で、同じテニスサークルの友人同士らしい。


「新歓でマジ金ないんだけど」
「グループでつるみたがる1年生の中に入ってくのしんどいよね」
「てかうちらも去年は絶対そうだったけどさー」
「なんか、今みんなモチベーションさがってるっていうか」
「テニスの練習は大好きだけど、人間関係でごちゃごちゃしてくるとねー」
「4月にやる気モードになって、今はちょっと停滞期なんだよみんな」



若 !!!



わたしが気になったのは、
男の子が、同学年の女の子に対してめっちゃ上から目線でしゃべってたことです。
それが標準語なもんだから、私としてはものすごーく耳っていうか鼻につきました・・・。


先週末も、下北沢のカルディ(世界中のめくるめく食材をあつかってるお店)で、
118円のホールトマト缶に食いついていたら
これまた男女の会話が聴こえてきて、

「パスタ家で作るときはさー、塩とオリーブオイルで9割決まるから。これマジだから」

と、男の人が連れの女の人にすごい通っぽい自論を披露していて、
近くで聞いてたわたしは、なんか脇腹のあたりが、むずむずむずした。

その人が家庭におけるパスタ作りを極めてるのは本当かもしれないけれど

・・・なんか、自分には、
「えーそうなのーすごーい」的な高いリアクション返せない感じというか!


男の子ってみんなそんなにえらそうだっけ?

それとも、東京の男の子が、っていうことなのか?

私は東京の大学に行ってたら男友達できんかったんじゃなかろうか。




標準語の話題ついでに、

私は東京にきて敬語でしゃべってればそれは標準語だと思ってました。

会社の先輩たちと方言の話になったときに、私が

「長崎とか鹿児島はイントネーションが違ってなまってるけど、
 福岡は単に方言を使ってるだけでなまってはない」

と自信まんまんに主張すると、

「どの口が(笑)」


と、失笑されました。


イントネーション、違うらしいよ・・・!
指摘された今でもぜんぜん分かんない。由々しき事態。ショックだ。笑



ちなみに

冒頭の店で出てきたパスタは、

おいしくなかったです・・・。

アルデンテを越えてバリ固で、

半分過ぎたくらいにちょうどよい食べごたえになった。




ああ、ポモドーロ行きたいっ!!!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。