春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カーネーションを積み立てた話
2009年 06月 10日 (水) 04:00 | 編集
そして今日の話に追いつくわけです。
別に毎日書く必要はないのですが。また4時だし・・・。


23時半、退社してから駅まで母に電話し、
その後、電車に乗って夕ご飯をテイクアウト(また松屋!)してから、
さらに歩きながら電話し、マンションについても話しつづけ、
行儀わるいけど夜遅いからご飯を食べながら話しつづけ、
1時すぎに、切りました。


これといって用はなかったのですが、話したかったのね。


ここ1ヶ月の私は


絶対ありえないと思い込んでいた終焉と喪失、
シンジケートによる奇襲と誘拐、ストックホルム症候群と帰還、
そして、もういない人を思い出す旅。
さらに、理想の人生への希求を煮詰めすぎて、もう長いこと自家中毒気味。


えーと、なんか勝手に一人で大変だったのです(笑)


でもひととおり話すと、なんか別になんでもなかったような気もする。
お母さんが「あらまー」「大変だったのねー」みたいなリアクションをしてくれると
「あ、なんかやっぱ大変だったのかも」と思えて、それで気が済んでしまいました。
かさぶたの多い人生であることよ。と思ったらそれでよい。


母は、5年間つづけたS友のパート(婦人服売り場→M印良品)をやめる。
それで改めて、家計ピンチかつ姉妹2人が大学生という大変な時期に
母が支えてくれたことに感謝の気持ちが深まって
あらためてありがとうと言うことができました。


あと、このタイミングで、
去年から母の名義でこっそり1年間続けた某百貨店友の会の積立が
ちょうど先月末で満期になったことをカミングアウト!
6万5千円ぶんのお買い物カードをプレゼントできました。

思えば、去年の初任給がバイトだったから全然プレゼントっぽいことができず
毎月の積み立ては、その代わりに思いついたものでした。

1年間、早く言いたくて仕方なかったです。笑

もったいなくて使えないって言ってたけど
今や私は無事に正社員となり、これからもまた贈り物とかはできると思うのです。
だから、手取りが笑えるくらい少なかった頃からの積み立ては
今のうちに使ってほしいなあと思います。旅行カウンターもあるから旅行にも使えるし!


すっかり元気になってしまった私は
お弁当用に鶏の照り焼きをまとめて作りました。2時に。


お母さんが辞めちゃう前に滑り込みでM印で何か買ってもらおうとか思ってる、
結局ゲンキンな長女でした。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。