春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Time-Trip SMN35-001 2008 11-12
2009年 06月 14日 (日) 04:05 | 編集
smn35_200811_ntr1600_0001.jpg
実家の近所、紫の夕暮れ LOMO SMENA35 / Fuji NATURA 1600  

がんばりました

ためにためた、フィルム写真のスキャン 半年分・・・


量が多すぎたのと、時間がたって冷静になったことで
スキャンされて日の目を見る写真は、だいぶ厳選されて少なくなりました。
これは多分いいことだー。

スメさんが7本で20枚くらい
クラッセが4本で30枚くらい

ワークショップが始まってからはクラッセに専念してるので(貸出中は使い倒す作戦)
スメさんのは、今のところ今年の4月で止まってますが、
とりあえずスメさんとタイムマシンに乗って、今回は11月と12月のもの。

*
smn35_200811_ntr1600_0002.jpg
Fuji NATURA 1600 最初の写真と同じとき


smn35_200811_ntr1600.jpg
Fuji NATURA 1600 下大利駅、ピアノの帰り。


smn35_200812_ntr1600.jpg
Fuji NATURA 1600 阿蘇の近くの食堂

これは阿蘇クリスマスバルーンフェスタを目指したけれど
雨に降られて中止になって普通の徹夜ドライブになった!という日のお昼ご飯。
ああ、ほんとならこのフィルムは色とりどりの気球だらけになってたはずなのに(笑)


smn35_200812_vns400.jpg
Fuji SUPERIA Venus400 渋谷 金王坂

smn35_200812_vns400_0001.jpg
Fuji SUPERIA Venus400 東京の銀杏は12月が見頃だった

接待と家探しの東京出張。
このとき私は友達とたいへん楽しく酔っぱらっていました。
歩道橋の手すりがまっすぐだったから喜んでバルブ撮影をしたのでした。

これってあくまでも出張で東京に来てるときの目なんだよねー。
今だったら撮らないかもしれない写真。不思議ー。

この後、すぐ近くのホテルに戻るとちゅう、
サラリーマンにナンパされました。「ふらふらしてたから」と言われました。
東京こえーと思ったけど酔ってて幸せだったから深く気にしませんでした。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。