春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
速達たなごころ/ゲリラ号泣
2009年 06月 21日 (日) 05:30 | 編集
"by hand"、的な話をします。


最近、密林書店で個人の出品者から安い古本を買ったりしてるのですが、
こういう商品は、手書きで差出人の名前が添えられて、丁寧な梱包で届きます。
(ヤフオクで落札した品物が届くときに似ている)

出品者の情報はネット上ではIDと過去の取引実績くらいしか公開されてないけど
商品が届くと「あ、女の人なんだ」とか分かったりする。

この前買った本は、思っていた以上に綺麗な状態で届き、
住所と女の人の名前が丁寧な字で添えられていた。

その人が買ったときの、名古屋の本屋さんのカバーがつけられたままで、
「汚れ防止のため、カバーをつけたままお送りします。
 このたびはお買い上げありがとうございました」
と、これまた丁寧な字で書かれた小さなふせんがくっついていた。

森見登美彦の描く大学生でなくとも、
綺麗で品のいいお姉さんなんだろうなー、とか
ああ、同じ趣味で同じ本(例によって、穂村弘)を読んだのだなー、とか
うっとりと妄想をしてしまいかねない・・・(危険)。


うれしかったので、
「出品者の評価」にはしっかりとお礼を書き込み、
その本は名古屋の本屋さんのカバーをつけたまま読みました。


アナログなやりとりについて、もうひとつ。


17年来の親友に、よーやく誕生日プレゼントを送ることができました!

同じ月生まれなのに、ステキすぎるキッチンセットを送ってもらってたのに、
6月も終わろうとしているこの時期に、なんたる遅れっぷり。
(でも、彼女は6月になって3週連続で誕生日プレゼントもらったらしい。
パラレルな「類友」かしら・・・笑)


住んでる町の駅にmonogramという写真のお店があるのでそこで選びました。
ラッピングにフィルムの切れ端があしらわれてて、可愛い!

IMG_4836.jpg


で、送るときに近況を書きなぐった手紙(びんせん5枚)を同封してたら、
火曜に受けとった彼女はその晩に返事を書きなぐり、水曜の朝にポストに投函、
なんと私は木曜の帰宅後、それを読むことができたのでした。
貼られていた切手は、コナンの「黒の組織」の人でした。

引っ越し直前もGWの帰省のときもタイミング悪くて会えずじまいで、
お互い近況が謎だったので爆発したのですね。

最初の方は彼女の最近の恋愛ネタで爆笑(ごめん)していたのですが、
4枚目にさしかかったときに、突発的に号泣してしまった。
いきなり背中をドン!って叩かれたみたいで、
その1秒前まで泣くなんて思いもせず、自分でも何でか全然わかんなかったのですが。

たぶん、その日に考えていたことにすごく関係があって、
そこに並んでいた言葉は、おそらく無意識下で言ってほしかったことだったのでしょう。
力をこめて語りかけられた励ましなどではなく、さりげなく綴られた文章なのに。

親友の力と手紙の力がすごいっていう話でした。


その日、寝る前に久々に長電話しました。
夜中1時を過ぎていたので無料!ソフトバンクの社用携帯ありがとう(こっそり)


「買い集めたレターセットがたくさん残っとるんよ」
「全部わたしに使ってくれ(笑)」


はりきって返事を書こうと思います!


*


密林に話は戻りますが・・・


1976年発行「グリム童話全集」2巻、3巻を
古本とはいえ衝動的にワンクリックコンシューマー(計4000円超)した自分が
こわい。


子どもの頃に読んでた1巻だけは実家にあるから、
こんど救援物資(たべもの)と一緒に、お母さんに送ってもらおう。


・・・でもほんと、なんなんだそのチョイス、自分よ。


「子どもにもどりたい」 いやそんな・・・まさか。
Comment
この記事へのコメント
久々に「書きなぐった」よ。勢いのままに。手が痛かった(笑)
手紙の力って、なんかすごいね。

切手は決めてたの。
コナンとかキッドとかもあるけど、君にはあえて彼。存在感あるでしょ。

2009/ 06/ 22 (月) 00: 06: 48 | URL | A奈 # -[ 編集 ]
ごめん、「書きなぐった」というのは対句表現ってことで。笑
でも書きながら考えてたことが勢いをもってリアルに伝わってすごいうれしかったです。
ほんと、あの量かくと手がいたくなるよね。返事かくね!

黒づくめ好きです。ウォッカよりジンが好きです。そのチョイス大正解です!!
2009/ 06/ 22 (月) 03: 29: 57 | URL | ばかなこ # gJLkRhyU[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。