春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しのびあし、ひとりあるき
2009年 07月 09日 (木) 11:10 | 編集
朝から書くとさわやかになれるか。


今日、新しいサンダルで出かけた。
黒いつや消しの皮で、麻巻きのウェッジソール。

大学3年のときに買ったサンダルが修理を繰り返してもう4年目で、
靴っぽい見た目で会社にも履いて行けるし
すっかり足になじんで引退させがたいのですが、
こればっかり酷使すると今年の夏のうちに崩壊するかもしれん、
と思って、ほんとうに久しぶりにサンダルを買った。

なぜかベージュ系の靴ばっかり持っているので、黒にしぼって探した。
何足も履いてみた中でおそろしく足にぴったりだったので
予算超えちゃいましたが、服をあほみたいに買った日でしたが、決めてしまいました。
(セールだというのに、1まん2せんえんもした。)


初めて履いたのに、徒歩区間の長い通勤なのに、
つま先もかかとも、どこも痛くならない。
ウェッジのヒールは軽くて安定感があって、
ストラップの支えでぴったり足についてきます。
駅の階段でも、ぜんぜん音がしない。
初めて履いたというのに、忠実にひたひたと、私を会社へと連れて行きます。


ひい。


会社で気配消せるかな。



真夜中に

「帰ってきたら冷蔵庫が開いてて、中がだりだりやったんです」

ってわざわざ話したことの是非


ばかでした。



商品価値はおいといても存在価値は、涸らすな。
きょうもまじめにデスクにむかえ。



4年目のサンダル、すごいくさかったけん、
こないだ抗菌スプレー買ってきて、
インソールを大掃除してけちょんけちょんにした。


あと、足の甲を変な模様だらけにしないように(靴の数だけ版がある)、
日焼け止め、さぼらんように、がんばろう・・・。
すでに変な線あるけど。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。