春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日和見鶏、ひそやかステップ
2009年 07月 10日 (金) 03:29 | 編集
福岡から専務が来た

びびってたわけじゃないけど、
なんだかちゃんとしなきゃと思って服を選んだら
OLのなりそこないみたいになってしまい
「今日どうしたの」ってたくさん言われた。
カジュアルなほうが、今の会社では落ち着くわ・・・。


ひたひた。


いつ帰っても、やっぱり役に立たんのだろう
と思うと、
三者面談よりもこわい
いや、怖い面談みたいなものではなく、自信のなさで勝手に怖いだけなんやけど


専務と、東京事務所をあずかってくれてる仲間の社長さんと、
麻布十番でご飯を食べた。

うちの社長と、チームの人みんなに快く了解してもらえたので
7時には会社を脱出!ひさしぶりに12時コース回避。ごめんなさい。

日が落ちたばかりの路地をくねくねと何度も曲がり、
携帯の地図をくるくる回しながら、元麻布の裏路地を20分歩き続ける。

坂道、豪邸、大使館、坂道、大使館、なんとかレジデンス、豪邸、東京タワー。


ひたひた。


カジュアルで品のいい懐石料理。コンビニご飯から、とんでもない昇進である。

最初はビールを飲んだけど、専務が梅酒をすすめてくれたので
身内だし、いっかと思って、梅酒ばかりを飲んだ。

最近ぜんぜん梅酒を飲まなくなったのは、他にも飲めるものが増えたからで
きらいになったわけではなかったらしい。久しぶりで、おいしい。

「強いね、飲めるねえ」
「梅酒はジュースみたいです」

こういう場で、にこにこと上手に飲めるというのは、
ただのええかっこしいである。
美味しかったし、楽しかったけど。



結局日付をまたいで帰る

酔ってて幸せだったので、駅から歩きながら、電話をかける

何も求めないと、やさしくなれるのだな

超絶技巧曲のテーマ部分をまことになめらかに歌う

酔ってるのに舌がまわること

その曲をわたしに教えてくれたのは、誰やった?



ローソンでピノを買って、L25をとって帰る。
L25の後ろの読み物がほむらさんの週で、よろこぶ。


ひたひた。


郵便受けを開けたら、前住んでいた人宛に、旅行会社からDMが来ていた。
こういうのどうしたらいいんだ。
でも前住んでたのも女の人で、なんかよかった。
開封しないで捨てちゃおうと思うけど
透明な封筒の裏側から、ハワイの文字がちらちらした。 はわい・・・。



玄関に帰り着いて、サンダルを脱いだ。おろしたての1日が終わる。
たくさん歩いた1日だったけど、本当に、どこも痛くならなかった。
ソールはクッション入りで衝撃を和らげてくれるし、
足にぴったりすいついて離れなくて・・・

これって怖い話じゃないよね?




「雨がふってきた」


東京アメッシュでは、分からない場所の声

雨雲は週末に追いつくのかな


雨は東へ
嘘つきは西へ


ピノは、4個食べて2個しまっとこうと思ったけど(貧乏性)
おいしくて全部たべちゃった。
ハートのピノは、入ってなかった。



月は少しダイエットした模様。
Comment
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/ 07/ 10 (金) 05: 20: 00 | | # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。