春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せにさわれる土曜
2009年 07月 12日 (日) 04:08 | 編集
わたしの部屋の窓は、いつも、網戸にして開けっ放し。
いまも、換気扇に引っ張られた風で、レースのカーテンがふわんとなっている。

風が清くて、静かです。
いい夜ですね。

傍らでは、久々にひっぱり出したおきゃくさま用ふとんで、妹が転がって寝ています。
寮生活の中、19時前に帰宅し、23時過ぎには寝て、6時に起きるという
きそくただしい(驚異の)OLライフ実践中の妹は
ねむいねむいと言いつつ、さっきまで起きてました。 わたしのせいか?笑



今日は、先輩夫妻のおうちに遊びに行きました。
前夜祭'05のホーン隊と、吹奏楽班でとってもお世話になった2人です。


いつでもいいよ焦らんでおいで、という先輩(父)のメールにあまえ
昼に起きちゃったけど、予定通り、自由が丘に寄ってから出かけました。

2歳半と、3ヶ月のお姫様たちに、素敵なおみやげを選ぼうと張り切る。
木製の輸入おもちゃを扱っている「ニキティキ」にまっしぐら。
ここのおもちゃは、大橋の、通ってた高校のすぐ近くにもお店があって
上のお姉ちゃんが生まれる前に、プレゼントを選びに行ったのです。

木製の動物のシルエットがカラフルで可愛い「ひもとおし」と、
可愛い布でできた、平らなうさぎのぬいぐるみ。お腹を押すと「きゅう」と鳴く。

スイーツフォレストで、ロールケーキも買った。


1時間くらい電車に乗って、駅についたら、
先輩(父)がママチャリで待っていた。サドルの前の椅子には、2歳になったあの子が!!
生まれたてのとき、病院で会って以来である。かんげき。

先輩(父)は、ウレタンの丸い座布団を持ってきていた。
それを2つに折り曲げて荷台に載せ、「ほい、乗って」。

数年ぶりの、横乗り。乗り方は、忘れていなかった。びっくりである。

先輩の漕ぎっぷりは、抜群の安定感。
にぎやかな商店街を通り抜けながら、先輩に近況報告をし、
前から聞こえてくる可愛い声に合わせて、
「こいのぼり」を一緒に歌う。歌詞、うろおぼえ。


おうちに着いて、2児の母となっても全然かわんない先輩(母)と再会。
そして、ちょうど寝ついたばかりだという赤ちゃんが、ばんざいで平和を体現していた。

手作りの豆乳入りチョコレートケーキと、おみやげの岩塩ロールケーキを食べて
仕事の話とか近況もちょっと話したんだけど、
おとな3人の会話は、常に子どもを真ん中に囲んで、フルーツバスケットになる。
話しかけ、おしゃべりを聞いて、一緒に遊ぶ。泣き出す赤ちゃんをあやす。
そうなんだ、これが、子どものいる暮らしなんだ…!

写真も、たくさん撮らせてもらった。子どもの表情はくるくる変わってむずかしい。
室内光量少なめで感度400でシャッタースピードがかなり不安だけど
いいのが撮れてたら送りたいから、もう、なんか、よい仕上がりを祈るばかりである。

6時過ぎには夕ご飯。夜は妹と約束してたけど、手作りの餃子を軽くいただくことに。
ちゃんとした形の餃子が並ぶ中、お姉ちゃんが「たたんだ」おもろい餃子もちらほら。

ホーン隊打ち上げのとき、井尻寮の先輩の部屋で、
みんなでありえない量のすき焼きを食べ、夜中までたくさんお酒を飲み、
バニラアイスにコアントローをかけて高級っぽい味にはしゃいだことを思い出す。

そのときとおんなじ炬燵テーブルで、天使のような新しい家族と一緒に、
おいしいごはんの食卓を囲んでる。

じんとしました。


江戸川近くのコーポの部屋に、さわれるかたちの幸せは確かにあった。


待ち合わせが恵比寿だったので、帰りは総武線を使うことに。

「そうぶせんみにいくの!」
とはりきるお姉ちゃんが、また先輩(父)と一緒に来てくれる。

先輩(母)と赤ちゃんにあいさつして、
さっきより遠くの駅まで、また自転車で送ってもらう。
これって、いわゆるママチャリ3人乗りの、ヘヴィ版ですよね・・・?
おもたくてすみません。

「いま彼氏いないのー?」
「それが・・・ごにょごにょ」
「やっぱそうか!あははは」

・・・デジャビュ?


再び聞こえる、ご機嫌の歌声。こんどはタイムリーな、「たなばた」。
これはわたしも、歌詞ちゃんと覚えてて、歌えた。

金銀砂子って、きれいな言葉だなあ。


お姉ちゃんの名前は、わたしの名前と、かなり近い。
今日も、名前を呼ばれてるのを聞いて、うれしかったな。
赤ちゃんも、次に会ったらおすわりとかできるようになってるかな。
トランペットとトロンボーンは、
2人ともいつかきっと吹けちゃうんだろうな。あっさりと。笑

また会いたいなー。


「結婚するとは」「母になるとは」「子どもってなんてかわいいんだ」
そういうものについても考えたし語ることもできるかもしれないんだけど
なんか、しあわせに触った感じが圧倒的で、
今日は、それだけ覚えてたら、きっと十分だなあ。 

と思いながら、代々木で乗り換えたのでした。



さて。

妹とごはん。

軍資金は、姉が昨日いただいたやつ。

「恵比寿でナポリピッツァと中目黒でコラーゲン鍋、どっちがいい?」

というわたしのプレゼンに対して、「きょうはイタリアン!」との答えだったので
ナポリのなんとかのお墨付きのお店に行ってきました。オノマトペみたいな名前。

4000円のコースでとんでもない量が出てきた。全部おいしかった!

店内は、ちょっとにぎやかすぎるくらいの雰囲気。
どこにでもある誕生日サプライズの演出も、この店では
男性のホールスタッフ全員が「ハッピーバースデー」をイタリア語で浪々と歌い上げる。
なんというかとにかく活気があって威勢のいい店だったのですが、
デートでもないし姉妹で負けじとしゃべり倒したので、問題なし!


で、一緒にうちに帰ってきて、さらにぐだぐだしゃべって、
今、わたしだけが起きています。(じつはここまで書くのに1時間かかっている)


いつも3:50ごろを過ぎると、小鳥がぴーぴーいうのが聞こえはじめます。

起きてるのはいつもどおりなんだけど、
素直に「いい夜だな」と思えることに、おおお、と。

いつもそんな風に感じられる精神状態でいたいものであるよ。


でも、早く寝る癖は、つけたい。ほんとに。ほんとですって!!


関連
ピッツェリア パルテノペ
春雨庵2005/11/29「すき焼きの致死量」(若い・・・)
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。