春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
深海魚と金属探知
2009年 07月 13日 (月) 03:23 | 編集
「夕刻のうごめく新宿で、冗談を言います」



塗りこめた群青に、秩序ぶったドコモタワー

総武線にぼんやり、LEDは意味深に明滅


イ チ ガ ヤ

ヨ ツ ヤ

セ ン ダ ガ ヤ


よるな!

さわるな!

くいあらためよ!



巨大な紙飛行機を抱え、赤い電車で羽田へ

エアポート快特、気まぐれにより、滑走路へ直通運転いたします

折り目のずれた白い機体は、だぷんと不時着

泡立つ藻に抱かれ、深海魚のねぐらになる


それはにせものだ!

にせものをつかんでいる!


本物の愛とかいうなそんなものコンビナートの煙の色だ




東京の、選挙だったらしい。
実家ではちゃんと行ってたのだが。


2ヵ月も前のこと
中学時代の友達に会った。
突然の電話で1週間前に決まったランチで、2軒目でお茶し、話をまとめる頃。
「来たな」と思ったが、わたし、住民票をこっちに移してなかったので。。


昔、別のやつに勧誘されたせいで、突然のアプローチは見分けがつくようになった。


なかよくはしたい。が
友情を鴨鍋とみなされても、傷つかない強さが必要



極めて小さな、個人的なことにきゅうきゅうとしている

社会のふたには錆びついた南京錠

もう大人なのに




山手線で、最後の一章を読み終える

乗り換えて、あとがきと解説を読み終える


あしたも涼やかに、鋼の笑顔を



「赤い電車と黄色い電車と緑の電車に乗った週末」
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。