春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何色リボンの騎士
2009年 07月 15日 (水) 02:01 | 編集
20090715020138.jpg

バッグをふたつ買って、リボンでたいへんだった話をします。

(とっても、くだらないです)

*

きのう奇跡的に、8時半に会社を出れたので、閉店前ラスト40分でアトレに寄る。

福岡でも、8時までのソラリアに7時半に突入したりしてたからね!

切羽詰まっていたのには理由がある。
今週末、おばあちゃんちに行くのに、大きい鞄が1つもない。
事実上の引退となっていたものたちは、引っ越しのときに置いてきたから。



キャスのマチつきトートが安くなってたのを目ざとく見つけて購入。
びっくり、キャスでも安くなるんやね。1こ持ってると、きっと便利。


閉店の音楽に促され、ほくほくと駅に戻り、乗り継いで自分の駅へ。

スーパーに寄ろうと、駅前からいつもは通らない道へ抜けると、
10時を過ぎているというのに、あかあかと光が漏れる小さい鞄屋さんを見つける。
なんか、かごバッグがたくさん見えるではないか!


毎年、かごバッグに縁がないと思っていた。
夏がくるたびに探しているけど、気に入ったのが見つからない。

お店のお兄さん曰く、それは、探すのが遅すぎるから、らしい。
でもそのお店では、7月でも(こういう)ニーズはあって売れるからと、
この時期でも、かごバッグをたくさんそろえていたのでした。

小さなお店で選びやすかったので、さんざん逡巡したあげく、
いつもは選ばないリボンのモチーフを選ぶ。可愛すぎないかな?そわそわ。
スパンコールのリボンは、いろんな色が揃っていて
つい選びがちな黒を手にとっていると、お兄さんにオレンジを勧められる。

「よりお姉系っぽくないのってどっちですか?」
「だったら、やっぱりオレンジですよ!」

その一言でようやく決心がつき、オレンジを購入!


それからが大変



家に着く前から「やっぱり黒のほうがよかったのでは?」と思い始める。

持っている服に合わせてもオレンジで全く問題なかったのに、気になって仕方ない。

写メを撮って(冒頭掲載のもの)、わたしをよく知る子に送って電話をかける。

「やっぱ黒のほうがよかったような気がするんやけど!」
「別にオレンジでいいっちゃない、何をそんなに・・・」

そんなこと急に聞かれた方は、ほんといい迷惑である。



ああリボンがオレンジ、オレンジのリボンが・・・
もし、黒のほうがいいって誰かが言ったら、あした交換してもらうんだ・・・

と思いながら、寝る。


翌朝、妹からメールで「オレンジでいいよ」と言ってもらい
出社してからもデザイナーの子に写メを見せ「黒だと主張しすぎるよ」と言ってもらい

ようやくおさまった。

たかが、かごバッグで。



わたしは、たぶん「ふつうに可愛いもの」を過剰に恐れすぎだ。
(キャスはの花柄は買ったくせに)


この夏、オレンジで、リボンで、可愛いふりをします。えーと、すみません!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。