春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
品川に泳ぐ新巻鮭
2009年 07月 22日 (水) 03:46 | 編集
きのう おばあちゃんちから帰ってきて
おおにもつのまま、へろへろと玄関のポストを空けたら
週末にたのんでいた古本やCDがもう届いてて、ドサドサと詰まっていた。
(いやはや、うれしいことであるよ)

それから、黒猫便の不在伝票があった
おばあちゃんちに行っている間のもの。


宛名を見ると、わたしじゃない

ああ、こないだ、旅行会社のDMが入ってた、前住んでたとおぼしき女の人の名前だ。


冷凍のクール便だったので、宅配ボックスには入れられていなかったらしい。


集配センターに電話して、「前住んでた人のっぽいです」と連絡する。



そして今日

仕事はやっぱり早くは終わんない。いつもいつも、7時とか8時に奇跡を願うのだが。
電車を降りたら土砂降りで、サンダルの隙間から水たまりがざぶざぶ。
そして地下鉄の駅で蚊にさされたらしい腕が、ひじょうにかゆい。

なんだかどろどろになってマンションにたどり着き、
玄関のポストを空けると、また同じ不在伝票が! しかも2回分。

きのうセンターに電話していたのに、連絡がいっていなかったのか。


はあ。また電話せねば。

これ、いわゆる「お手数」だよな・・・。



センターは営業時間外だったので、
伝票に書いてあったドライバーのお兄さんの携帯にかける。

「◯◯6丁目のT井と申します」

昨日とまったく同じ説明をする。
お兄さんは、センターから連絡をもらっていかなかったみたいで、
わたしの説明でようやく合点がいった様子。

「不在が続いていたんで、調査にかけたところだったんです」

そうでしょうとも、そのひとは、もう住んでいないのだから。

お兄さんに非はないのに、そして夜遅かったのに、
ちょっとクレームっぽいトーンになってしまっていたかも。
と、切ってから、5ふんくらいたってから、反省した。おそい。


しかし気になるのは

そのクール便を送り出した依頼人は、宛名の人と同じ名字の女性だった。
どう考えても、親族、っていうか家族ではないのか。

半年前からこの部屋にはわたしが住んでいて、そのひとは住んでいない。
おなじ名字の人が、そのことを知らずに、厄介そうな冷凍の荷物を届けようとしている。
なんだか、へんだよね。

そして、土曜日からずっと宙ぶらりんになっている、凍った箱の中身を思う。
わたしは勝手に、冷凍の新巻鮭(姿ぜんぶ)を思い浮かべた。

かちかちに凍った新巻鮭が、品川あたりの物流センターとかの間を
今も行き場を求めて宙を泳いでいる。
虚空を見つめて、口をぱくぱく。


届けたい相手が今どこに住んでいるのか、依頼主は知ることができるのでしょうか

鮭はいつまで品川でぱくぱく泳いでいるのでしょうか
Comment
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/ 07/ 22 (水) 21: 50: 13 | | # [ 編集 ]
この記事、深夜に読んだら怪談なみに怖いとおもう。笑
2009/ 07/ 24 (金) 17: 56: 58 | URL | 次女 # -[ 編集 ]
次女>

え、そうか?こわい?笑

行き場をなくした鮭がピンポンを鳴らす…


こわい!!笑
2009/ 07/ 27 (月) 09: 57: 59 | URL | 長女 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。