春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つぶやくストロマトライト/海底ダイアログ
2009年 07月 23日 (木) 03:18 | 編集
日食、見れました。

社員みんなでわらわらと道路に出て、上を見上げる。
あんまり期待はしてなかったのだけど、分厚い雲が一瞬薄くなったとき、
絹層雲のベール越しに、変な形に欠けた月みたいな太陽が見えた!
そう、雲の層のおかげで日食グラス要らずだったのだ。

雲の切れ間は2回しか訪れなかった。でも満足!

実家ではよく晴れてうまく観測できたらしい。母は「セミが鳴き止んだ」と言っていた。
わたしは欠けた形よりも、あたりが変に暗くなる感じを体感したかったので、
やっぱり九州くらいの欠け具合がうらやましかったな。




あしたのプレゼン、に向けてのしごとはつらくない。

半年後をにらんだ、いつやるか分からない自主プレ、に向けてのしごとは、

しぬほどつらい。


今日は、全部あしたのためにがんばった。
目指す先が、すぐそこにある。しごとが、「見えている」。
あした、となれば、一緒に働くひとたちと、かなりの部分を共有できる。
もちろん下っ端だからプレゼンには行かない。
でもそんなの全然いい。きょうはがんばったよ。


デザイナーの子と、ラーメン食べて帰った。
油っこいけど、23時だけど気にしません。
会社の最寄りのラーメン屋が、本物の博多ラーメン屋であることの僥倖よ。
もちろんオーダーは、カタ麺で。

その30分前、1時間前の仕事中に思ってたこと、小さな愚痴のようなことを
気兼ねのいらない同僚に、すぐにぱっと放流する。それで十分すっきりするものなのね。

さらに
スケジュールを確認したところ大丈夫そうなので、
明日も、その子とランチに行くことになった。外でお昼ご飯、ひさしぶり。楽しみだ。


ラーメンをすすりながら

「夕ご飯も食べて、しかも帰ってからお弁当作らなくていいね!」

と、よろこびあったのでした。





以下、日常の会話に取材。

*

妹が参加した飲み会で、お決まりの「男は浮気する生き物」説が出た。

だからしょうがないんだ、と主張する男子。それを非難する女子。

そのとき、妹の男友達が言った。

「だって、奥さんが宮崎あおいでも、浮気するんだよ!?」

妹をはじめ、女子は皆、うなったらしい。


なんで浮気なんかすんのか。


しかし、そのケースにおいては

「宮崎あおいが、神すぎるから」

ではないかと、私は睨んでいる。


*


たまった新聞広告のスクラップ作業をしながら、先輩に尋ねた。


「連休、なんかおもしろいことありましたか」

「うーん」

「出かけなかったんですか」

「そういえば、青山のピエールエルメでマカロン食べてたら、すごく大きい虹が出たよ」

「・・・すごいシチュエーションですね」

「おしゃれすぎて、なんかやだね」

「いいな、見たかったです」

「すごかったよ、端から端まで、こう、がっつり。」


その虹、本当に、見たかったなー。夕刻の虹は高く出るのだ。綺麗だったろうなあ。
それにしても、虹色とマカロンの、なんと相性の良いことよ。

先輩は長年同棲してて、「ときめきがない」とか言ってたけど、
彼女と過ごすひとときを、そんな少女マンガ顔負けのシチュエーションに祝福されたら
きっとふたりの将来も明るく幸せに違いない!と、ひとごとながら勝手に能天気に思った。


*

父方の家族が集まった席で、伯母が祖父母に、こう切り出した。

「父さん母さん、わたし帰るたびに聞こう聞こうって思ってたんだけど・・・」

なんだろう、と思って私も耳を傾ける。


「結婚記念日って、いつ?」



みんな、ちゃんと知らんやったらしい(笑)


答えは3月だったのだが、その時期だということには理由があった。

嫁いだらすぐに農作業の働き手となってもらうため、
当時の嫁入りは、みんな田植え前の春に行われていたのだった。
60年前のはなし。おばあちゃんの苦労がしのばれた。

*

その、おばあちゃんち近辺で見かけた標語


「歯と心みがいて僕ら日本一」 (中学校の校門)

「かあさんに言えないことは悪いこと」 (3年前に国道脇で目撃)


妙齢の女子は、多分言えないことだらけでしょう。
Comment
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/ 07/ 27 (月) 00: 23: 44 | | # [ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。