春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月面ワンダリング/百万ルクスのモンタージュ
2009年 07月 31日 (金) 18:46 | 編集
フォロン1
フォロンが好き。



シャベルをしょって鉱脈を探して

絶望的になんもない地面を歩き回る

ありそうなとこだけ目ざとく掘り返して

目は何だか変な色になっていて

とにかく必死で探している



出かけるのが、ちょっと遅すぎましたか?

自分の人生にも遅刻するのですか?

そもそも、間違えてはいませんか?


いえいえ、たぶん、大丈夫です。





虚空の高みに梯子を架ける

接いで、接いで、上って、上って



あこがれにうっかり触ったらどうなるのか

目を焼かれることはないようだが

ぼんやり触りつづけていると

指先がまっしろになって指紋が全部きえるという



梯子はプリッツ製だから、もろいらしい

ロースト味が好きなんだね、と

梯子のてっぺんをかじらせる

金の屑がぱらぱらと、舞い上がって飛んでいく



フォロン2



いえいえ、たぶん、大丈夫です。

たぶんね。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。