春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見上げても見下ろしても美しく
2009年 08月 03日 (月) 03:23 | 編集
IMG_4938.jpg
東京で花火を見られるとは思っていなかった。


金曜は早くあがれた。飲んだ。
最後のオーダーは酔っぱらった朗らかさにまかせて
日本酒で一番高い二千円也。



土曜は、日和スタジオに謝恩会に出かけ、
ついでにPHOTOFESを鑑賞。

他の講座の卒業制作の他に、テーマごとの公募作品もたくさんあった。
素敵すぎる写真の洪水・・・。今一度、じぶんの撮り方を考える。笑

先生は、やっぱりおだやかですてきだった。
本とか読んで思ってたとおりだったねって、みんなとも一致。
著書にサインをいただきました。

あと、飲み会の幹事をすることになりました。


ほんとにこっちでの友達が増えているのだが・・・
もうすぐ、東京期間の折り返しを迎えると思うと悲しい。
でも、たとえば高校3年生になったときに
「3月には卒業しちゃうから」という理由で友達を作らない人はいないだろう。
だから多分いいとおもう。


そのあと総武線に揺られて40分。
千葉のJみーの家にお邪魔する。

大学の友達に会うのはどれくらいぶりなのか。
Jみー、Nのちゃん、tkb、Hや氏、uwpと、わたし。


ベランダに出てビール片手に花火を眺め
おっきいダイニングテーブルに並んだ美味しすぎるご飯をいただく。

「餃子がおいしすぎて、花火に集中できないよ!」


IMG_4939.jpg

いごこちがよい。ほんとうにいごこちが、よい・・・。


名残惜しいけど23時過ぎには出なければならない・・・。早い!
花火大会帰りの人たちとぎゅうぎゅうの電車に揺られて1時間ちょっとで帰り着く。



花火はきれいだった。
私が知っているだけでも、この江戸川と、横浜と、八王子で花火大会があった土曜日。

そして日程が変わっていないのなら、大濠でも花火があがっていたんだろうな。

22のときは公園まで浴衣で出かけて、将棋倒し寸前を味わった
23のときは志賀島にバイクで出かけて、対岸に小さくあがる花火を観た

誕生日を祝ったときのことを思い出して、花火を眺めた。
わたしだけ25になった。花火って上から見たら、どうなんだ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。