春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東急のお兄さんは怒ったりしない
2009年 08月 18日 (火) 02:22 | 編集
IMG_4985.jpg
「あれ、昼間もベランダの写真撮るんだ?」 
帰省から戻った日の午後 この後、はげしく昼寝。



休み明けの出勤。

誰にとってもそうだけど、すごくひさしぶりの会社だ。
帰省中に福岡の会社に出勤して、あまりの違和感のなさに
東京の会社に戻ったときに、そわそわしたらどうしようと思って
けっこう本気で心配だった。

いつもどおりの月曜の朝会。

うちの会社は、皆おだやかでよく笑う人が多い。だから、朝会なんかも割となごやかだ。
あと仕事中ちぢみあがるような怖い思いをしたことは、ほとんどない。
「夏休み、どっか行きましたか?」「帰省したの?」という会話があちこちで交わされる。

あ、大丈夫だ、わたし、とりあえずここに居ていいんだ、と思った。



お盆明けで、共用の棚に日本各地のおみやげのお菓子がずらりと並ぶ。壮観!

同郷の先輩たちに、かぶらないことを確認しておいたので、
わたしは鉄板「通りもん」をチョイス!毎回よろこばれるのです。

「のだめ」では、かのオクレール先生も愛した逸品。
やっぱり1こ105円というコスパとあの美味しさ、満足感は
博多土産の中でも他の追随をゆるさないという気がするわ。



お盆休みが1年3ヶ月の折り返しだったので、東京生活の後半がはじまりました。




しかし、幸先よくないっていうか残念なのは、

定期を忘れ、行きも帰りも切符を買い、
その切符を帰りになくし、改札で清算したことだ・・・。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。