春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空気ファントム
2009年 09月 08日 (火) 09:01 | 編集
KLS09_200907agfa400_0002.jpg
エンプティ・コインランドリー Fuji KLASSE S / AGFA Vista 400


今朝未明、
花が枯れ、野菜が腐り、蛾が吸い寄せられる部屋で起こったはなし。


実家にいたとき、ベッドで寝てると
たまーに猫が、みし、って布団の上に乗ってくることがあった。
重いし、ちっこい足でみしみし踏まれるから、すぐ猫だって分かるんですが・・・


今朝4時半ごろ、浅い眠りの中にいて、
かぶっていた布団の上に、ふわ、という重みを感じて目が覚めた。
猫の半分から3分の1くらいの「重さ」のような気配が、
ふわああ、と、わたしの胸の上を左から右にローリングするように通過していった。

最初の「ふわ」でびっくりして目が覚めたから多分そんなに寝ぼけてはなかったと思う。
空気がゆっくり布団を撫でて行く衣擦れのようなものまで分かって、
うわわー!と思って布団の中に潜りこんだんだけど、とりあえずそれっきりでした。
ドキドキしたまま時計を見たら、寝始めてから30分しかたってなかったのに、
目が覚めるまで3本くらい怖い夢を見ていたことを思い出した。


わたしは怖いの全般ダメで、ホラー映画とかもなるべく見ないようにしてる。

幸いまったく霊感とかないし、母や妹のように金縛りの経験もなくて、
変な出来事ってはじめてなんだけど、不思議と「そっち系」ではないことは分かった。
本当の「ぞぞぞ」みたいな怖さはなくて、
怨念とか悪いもんじゃなかったとは思うんですけど。


んー笑


なんだったんでしょう。 
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。