春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふんわり鳥の巣を載せて
2009年 10月 01日 (木) 02:45 | 編集
20091001024543
コプチャンの火柱


夏からずっとやっていた印刷物の案件が、今日だいたいおわった
打ち上げってほどではないけど「めし行こかー」となった。

先輩たちは焼肉、とくにホルモンが好きだ。

コプチャンの美味しさは理解した。うなる。
が、一口ごとに命を30秒ずつ縮めているような気がしなくもないわ。
あぶらがじゅわー。


会社近くのバーに移って、
ジャックローズの味がわからず、くせのあるチーズを噛みしめ、

へろへろと帰ってきて1時半、
スープはるさめ(野菜チゲ)をすすって安堵する女。。



わたしはときどき社会性を脱臼するので、
ふつうの25歳女子のかたちを保つために、会社に行ってるんだとおもいます。



わたしの部屋には、くしとかブラシの類が1本もない

ということに、つい最近気づいた。

引っ越したときはパーマだったから気にならなかったのか。。
今は生えるままに真っ直ぐなのに、それはまずいだろー。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。