春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王子様は、歩いて来ない
2009年 10月 10日 (土) 04:33 | 編集
(白馬でも来ない)


西麻布の交差点に小栗旬がいる、と聞いて、
マネジメントのお姉さんたちとすっ飛んで行った。

次の月9の撮影かな。
衣装はグレーのスーツで、とがりすぎないデザインの、ごく普通のサイドベンツ。
しゅっと、まっすぐ立っていて、過剰なオーラは出していなかった。
ひとことで言ってしまえば、なんか、感じがよかった。
遠くから見ただけなのに、勝手に好感度を上げる。たぶん、いいひとだ!(笑)

「ええもんおすそわけしてもらったなー」とか言いつつ、
お姉さんたちと、うきうき、会社に戻った。



王子様を捜索しなくては。

なめらかで、知的で、動じなくて、私のことを意に介さない人。

カードもタグも要りませんから。

ハロー、きこえますか。いまどちらに?




ライブラリで先輩と資料探しをしていて、
広告批評のバックナンバーに、ラーメンズが表紙の号を見つけた。2001年!

このころ、お笑いブーム前夜。わたしはまだ高校生だ。なつかしい。
若々しいふたりのロングインタビュー。すてきだ。


「ああ、小林賢太郎と結婚したい・・・」

「俺の友達、めっちゃ似てんで」

「まじですか!紹介してください!!」

「いや、もう結婚してる」



(泣)




夜中、会社でとったお寿司の出前のわさびに悶絶。

終電2本前、酔っぱらいとともに電車で運ばれて帰宅。

休日出勤、またも免れる。連休はちゃんと3日休める。


ツタヤでラーメンズのDVD借りてきたから、さみしくないぜ。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。