春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Roll the dice, Change your life/惰眠にアボカドの葉を浮かべて
2009年 10月 19日 (月) 03:12 | 編集
EM04_200909FJvns800_0004.jpg
It's my game.  下北のへんなカフェ。ガラステーブルの下にがらくたがごろごろ
Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Fuji SUPERIA Venus800


この週末、合計20時間くらい寝たと思います。
ええ、土曜日は、ブランチが終わってから起きたのですよ・・・。


土曜、新宿で酒席をハシゴ、ダブル幹事!


高校のブラスの友達と飲んだ!私を含めて3人こっちにいるのです。

部長だった男の子が呼びかけてくれたのだけど、
彼は当日になって、仕事が長引いて来られなくなってしまいました。
幹事引き継いどって良かった。。今度は3人で!

結局、女2人で盛り上がってしまいました。
彼女はフルートの子で、裁判所の書記官の試験に受かって研修のために東京にいる。
ほんとうに何年ぶりっていうくらい久しぶりで、うれしかったなぁ。

その子とは仲良しだったし、もともとおもしろいっていうのはもちろんだけど、
自分がまったく選ばなかった仕事の話を聞くのは、ほんっとうにおもしろい!


「書記官ってどこにおると?」
「裁判官がいる段の下の段」
「そうなんやー!テレビでみたことある!あそこかぁ!」
「ちょこっと映ったことあるよ。」
「記録って、手書き?」
「ううん、昔はそうやったけど今はちがうよ」
「じゃあパソコンなんだね」
「それがさー、裁判所のパソコンって、ワードが入っとらんとよ!?」
「えーなんか特別なソフト?」
「ううん・・・・一太郎。」


(以上、守秘事項ではないと確認とりました。笑)


彼女は寮の門限があるので早めの解散。
ほんと、たのしかった。また飲もうねー!



きらきらした新宿三丁目の交差点を、伊勢丹の角めがけて、次の自分へと歩き出す。

新宿はワンブロック歩くだけでぜんぜん違う街になる。


ちゃんとしたバーのジントニックは、口当たりがやわらかくて好き。
ジビエのエゾ鹿をぺろりんと食べる。
すみれのカクテルをちょっとずつ飲む。
東京の夜景を空撮した映像を、ぼーっと眺める。


終電めがけて、歌舞伎町を爆走。

「ホームまで、7分です」

と、バーテンダーは笑顔で送り出す。



歩いたこと、走ったこと、電車に揺られたことを刻みつつ。

アボカドの種のくぼみに、醤油とわさびと何かを混ぜて。

なるべく、できるだけ、怖い夢を見ないように。



誰かの助けになりたいと、強く思います。



ほんと、わたし、よく飲んでますね・・・。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。