春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の手紙は青いうろこに
2009年 11月 03日 (火) 04:39 | 編集
EM03_200909kdkGLD400_0006.jpg
水の円柱にくらしています Nikon EM Nikkor 50mm F1.8 / Kodak SUPERGOLD 400



秋の日差しに頭はすっかり焦げまして

電車にもがんがん乗っちゃいます

遠い街でピラフだって食べます

念力で何度だって曲がります



水溜まりから愛を送ります

たぷんたぷんたぷん


*


きのうはサザエさんに追われた妹がうちに泊まりにきました。
なんのことはない、一緒に住んでる彼氏が夜勤だったから。
日曜の夜にひとりだと、サザエさん症候群でしんじゃうんだそうです。

ご飯つくって、嵐の特番みながら一緒に食べました。へいわー!


*


急に冷え込んでびっくりして、ぶるぶるしながら帰ってきた

マンションのエントランスに入ると、ほわ、とちょっとだけあったかい


ポストをあけると、手紙がきていた 同じ区内から。


きれいなブルーのインクに、人柄のにじむ優しい字。

先々週、彼女はわたしの隣の席で、一生けんめい下書きと推敲をしていた。

青い縦書きの連なりが細かな雨のようできれいだなぁと思っていた。



わたしに手紙をくれる子は、みんな美しい字をかく。



彼女が渡そうとしてくれていたものは、短い引用だった

ぴりりと破った手帳のいちまいに、同じブルーの文字でさりげなく書かれた数行

わたしは、遅い晩ご飯を食べようとしていて、その前に待ちきれずに開封したのだけど

書かれていることがわたしの何かにぴたりと符合すること、

それを彼女がわたしにくれたことに、ただただ驚いて、泣いてしまった。



これが、メールでの引用だったら、違ったかもしれないなぁ。

夜中に帰ってきて封筒を見つけ、そこから出てきたということに

計り知れない励ましがあったんだ。たぶん。


*


あしたは休みです。月曜だったけど、また休みだなんて!

しかし、だまされてはならない。あさっては日曜じゃないんだ。。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。