春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環七ドングリ/さよならマスク
2009年 12月 01日 (火) 02:36 | 編集
真っ先にご報告

インフルエンザでは

ありませんでした!!!



大騒ぎしてごめんなさい。



昨日の夜から、数日寝込む覚悟で、家事をやりきってばったり倒れて寝た。

上司にも連絡していたのだけど、とりあえず朝もういっかい会社に電話して
またばったり寝て、午後から病院に行った。

昨日吉祥寺の病院にかかった時とおなじように
電話で「インフルエンザの疑いで」と連絡をしておく。マスクして来てね、と言われる。


でも、なんか、熱さがってきて、あれ?って思って


2キロちかく先の病院までたらたら歩いたけど大丈夫だった。
環七にぽろぽろとクヌギの葉っぱとどんぐりが落ちていた。
きょうはさむい。ポケットに手をつっこむ癖はなおらない。

きのうあんなに辛かった関節痛も引いたし、
熱がばーっと上がって引いたあとって、体がかるいのがはっきり分かる。

あれ?


診察室でお医者さんと話すときには
「どんな症状が」「いつから」を、順序だてて伝えるように努めている。

「急な発熱と関節痛があったのでインフルエンザじゃないかと思って」
と言いつつ、昨日の朝からお腹もこわしていたので一応言った。

若い頃はイケメンだったのでは、という貫禄のある内科医は、
わたしの話をちょっと首をかしげて聞いたあと、こう言った。


「ここ数日間で、鶏の生肉を食べませんでしたか?」



たしかに3年前、わたしは病院でまったく同じことを聞かれたことがある。



食べました。




鼻の穴にめんぼーをつっこむあの痛いやつを涙目で我慢して、
結果を待つこと15分、


「インフルエンザは陰性ですね」



あまりにも急激な症状だったから真っ先にインフルを疑って
お腹をこわしていることは自分のなかで

無視

していたのだった。。



またしても、カンピロバクターのせいだった。
大学4年の時に大当たりして、自分は他の人よりこの菌に弱いと分かっているのに

…なんで食べちゃうんだろうね?


帰り道は、マスクをはずした。


会社に電話。平謝りである。
インフルじゃなくてよかったねと言ってもらえる。が、やはりなんというか、恥ずかしい。


母に電話。


「学習しなさい!」



妹は、爆笑。

一緒に食べた先輩は、無事だった。よかった。


あとは、心配をしてくれたいろんなひとに連絡をしました。
ほんとうに、ありがとうございました。そして、ごめんなさい。
熱は下がったのでだいじょうぶです。


みなさま、インフルエンザと鶏の生肉にはお気をつけください。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。