春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケミカル流星ブラザーズ
2009年 12月 16日 (水) 03:40 | 編集
その夜遅く

ふたごの兄が星を投げつけ

ふたごの弟が星を投げつけ

わたしの上でもきらっとしたのかもしれませんが

フールゆえに見上げることも忘れ

きらきらと白い息を撒いて駅のほうへと

駒沢通りを走っていたのでした


今日は近所の会社にいる友達に誘われて
ご飯を食べて帰ったのに、なんかお腹がすいて
電車を降りて商店街でふらり寄り道マック


100円のハンバーガーを食べたら
パティの中身がミディアムレアだったのは
わざとだって思っておこう

兄「食中毒は1年に1回にしとけよ」
弟「ふとるよ」


ウールのセーターを、手洗いしたんです、エマール使って。
エマールはいい香りだから好き。

ところが、すすぐ頃になって、異臭がし始めた。

顔をつけてみると、エマールの香りどころか、
着用していたさっきまでには間違いなくなかったにおいを発している。

いかんとも形容しがたいのだけど、
中学の理科の実験でうっかり鼻を近付けてにおってしまった
ぱらじくろろべんぜん、とか
遠い気がするけど、きつめのパーマ液のような。。
とにかく、あきらかに、化学反応めいた危険な香りであった。

いまベッドの近くに平干ししている。ややにおう。
乾いても、着られないかもしれない。。なんでだー!



兄の流星に右頬をぶたれ
弟の流星に左頬をぶたれ

にっこり笑って
おやすみなさい
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。