春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クーペと回送
2010年 01月 04日 (月) 07:06 | 編集
20100104070619.jpg
ノン・サーヴィス


福岡の朝6時は、完全にまだ夜だ。
小学生まで住んでいたこのまちは、福岡市内とだいぶ気温差がある。
白い息を吐いてガレージまで歩くと、クーペのフロントガラスには固く霜が降りていた。
友達はカーディガンの裾で霜をがしがし削って、運転席のドアを開けた。





箱根の決着がつくころ起き出して、
Eりかとお茶をして、仕事あがりのA奈と語り倒すという神コース。

ヴィオロの地下のカフェでEりかと信じられないくらい長居した。

わたしたちに必要なものはビジョンだ。


そのあとA奈と待ち合わせて大橋で飲んでたんやけど
時間がまったく足りず、A奈んちに雪崩れこんでオールしてしまったのだった。。

セーラームーンでエナジー吸い取られて白目になった一般人を落書きしたり
巨像を倒すワンダを実演してもらったりした。

今年、親友歴18年目に突入し、4月には揃って26歳になる。

やりたいことが似ているわたしたち。

胃を溶かすほどコーラを飲んで午前4時、
膝をかかえてどうしようもなく倦んでしまうのだった。





乗りたい電車が、回送です。





いま、車で送ってもらい、電車を降りて、帰宅するバスの中。外は朝焼け。

所属会社はきょう仕事始めなので、
このあとわたしは9時に出社して朝会にでなければなりません。。
そして社長と面談。いやだぁー!!


そして今夜には東京。うそだぁー!!





一日中ポストに投函しないまま、今もかばんに一束の年賀状。

ないわぁー!!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。