春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キャプテン・ビリー・サンダースの英断
2010年 01月 21日 (木) 03:00 | 編集
20100121030022
あしたのお弁当。
鮭たまごかぼちゃブロッコリー…忘れませんように。


「キャプテーン!」
「んー」
「陸です!陸地が見えました!2時の方向です!!」
「そー」
「だって1か月ぶりですよ、久しぶりに新しい話し相手が……!」
「あーねー」
「上陸しないんですか!?しますよね!!」
「まーねー、じゃあー」



きょうはありがたいことに9時前に帰れたので、かみしめた。
ああー、そうだよねえ。
福岡に戻ったらまた7時に帰れる子に戻れるんだよね…?(どうかな)


3月号の歌稿に、「一字空き」ゼロを達成して喜んでます
いやあってもいいんだけど多分。。



酔った日の発信事故には、後始末が付随してきたりします
いや、数年ぶりに目がさめて直後に番号消しましたけどね
ああ、しまった。気をつけよう。


もしやりそうになったら、発信できないように携帯をありえない方向に折りたたもう。
よっぽど酔ってるっぽくて素敵!


〈つよがりの筋肉たちをストーブのまえでややありえなくしてみた  笹井宏之〉
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。