春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンデンス・ロスタイム/7歳と17歳
2010年 02月 01日 (月) 22:06 | 編集
1265026269a4.jpg
新宿駅で、修悦体の名残を発見!


さて
なんで月夜にてれてれと歩きながら、校歌をうたっていたかの話です。


日曜日、
妹と、さいたま市・南浦和へ出かけました。

わたしが中学に上がるまで、うちの家族は何回か引っ越しを経験しています。
小学校入学から2年生の途中までというわずかな間ではあるものの、
わたしは南浦和に住んでいたことがあるのです。
当時はまだ「浦和市」で、引っ越してから「さいたま市」になったと知ったときは
「なんでひらがなよ!」と、子供心にも思ったものでした。

本当に短いあいだだったけど、
わたしは小学校入学!という大イベントを経験し、
妹は自主性を重んじるほぼ放し飼いの幼稚園でパーソナリティを大いに開花させた。

そんな濃い体験をした場所だったので、
せっかく東京近郊に姉妹そろって住んでいるうちにふたりで行ってみよう!
ということになったのでした。


前夜の電話は、浦和行きの予定を詰めていたら当時の校歌を思い出し、
妹なんて通ってないのに覚えてたからふたりで歌い、
ついでに福岡に越したあとの小学校×2と中学校、高校の校歌(と応援歌)まで
歌ってみたらわりかし歌えた、っていう話でした。

歩きながらひとりで歌うっていうのは、やっぱり奇異に見えたことであろう。


そんなわけで日曜の朝、
おのおのカメラを持ち、渋谷で待ち合わせて、埼京線と京浜東北線を乗り継ぐ。


18年ぶりに訪れた南浦和は、
大きな団地と公園があって、のどかでいいところでした。


遠足日和で寒くなかったので、いちばんお気に入りだった公園でお昼にする。
駅前のケンタで買ったツイスターをベンチで食べる姉妹。足もとに鳩。
公園を取り囲むごつごつした桜の木は、枝振りもそのままに。
わたしは当時、木登りにはまってて、ついでに枝に座って絵本も読んでいました・・・


駅から5分くらい歩いたところに小さな商店街があって、
そこにあった「伊勢屋」のおにぎりとお団子をが大好きでした。
記憶を頼りに行ってみたら、まだちゃんとあった!おおよろこびする。

1265026267b1.jpg
俵形のおむすびが105円、お団子が75円。

「あの、昔、ばくだんってありませんでしたか?」
「ええ、今は五目いなりっていうんです。あんまりお客さんに聞かれるもんだから」

こうやって思い出のお店に立ち寄っては食べ物を買ってしまう姉妹。


住んでいた社宅と、テリトリーにしていた公園全部と、
商店街と、妹の幼稚園と、わたしの小学校をまわり、満足をする。
おぼろげな記憶の中の建物が目の前にばーん!と現れるのは、びっくりするけどうれしい。


都内の住宅街とは違う、ほどけた空気が落ち着くのでした。
いいところに住んでいたんだなあ。行ってよかった!


駅前の不二家でお茶をし、次の予定まで時間があったので新宿に移動する。

南口サザンテラスのどん詰まりのトラベルカフェまで歩き、
寒くなかったから外のテラス席にすわって、どーでもいい話。
日が落ちて青い時間、ミロードの壁に光る緑色の星を眺める。
シナモンラテを飲みながら、伊勢屋で買った75円のみたらし団子を食べてみる。
焦げ目がこうばしくて、おいしい! でもすごい、シュール。


妹はフランフランでランドリーバスケットを購入し、帰宅。
しっかりした相手とふたりでちゃんと暮らしているというか、
妹のこういう所帯じみた感じを姉は好もしく思うのだった。





わたしはそのまま新宿三丁目まで歩いて、高校の部活の友達と待ち合わせ。


塾ではたらくIのうえくんと、裁判所ではたらくKちゃん。
自分のしらない仕事の話を聞くのはやっぱりおもしろい!

Kちゃんはもうすぐ研修を終えて、晴れて書記官になる。
あのかっこいい黒いガウン(法服というらしい)の採寸も済ませたらしい。

「裁判官のはシルクなのに、書記官は綿100なんよー」

なんというか、高校の部活で共に怒られまくってきた間柄なせいか、
かっこわるい話とか情けない話とか、いくらでもできてしまう。

怒られたらトイレでこっそり泣いたりする。怒られた日はまっすぐ家に帰れない。
帰ってから寝る準備がめんどくさい。ストレスがたまるとエクレアが食べたくなる、等。



Kちゃんはあと1か月、わたしはあと2か月で東京を去る。

わたしはこのところ、土日に予定をフルに詰めがちで
日曜のギリギリまで遊んで夜遅く帰宅し、
うおおおお!と家事をやっつけてばったり倒れて寝るという
あんまり体によくないかもしれない過ごし方をしていた。

でも、Kちゃんもディズニーランドとか「いいとも」の収録とか
行ってみたいところにはガンガン攻めて楽しんでいるみたいで、
あ、期間限定だからわたしとおんなじなんだと思った。仲間を見つけて少しほっとした。


かなこは高校のときからよく食べてたよね、と言われ
みんなで行ったケーキバイキングで、たしか11個食べたのを思い出した。

そんなわたしもIのうえくんの食べっぷりを見て、
MKの飲茶食べ放題で春巻を大量に注文する彼の姿を思い出した。

とはいえ、高校生の胃袋はきわめて特殊。あの当時ほどはもう食べられないよねー。





例によって、夜帰宅し、洗濯とかガスコンロ磨きとか
なんか知らんけど不要不急の家事までうおおおお!と片づけたら、
お腹いっぱいだったのに、翌日食べるつもりだった伊勢屋のおにぎりが気になりはじめる。

いや、お揚げは危ないかもしれんし、と自分に言い訳をして五目いなりを食べる。

ばくだん改め五目いなりは、じゅわわと美味しく、引きずられるように眠ったのでした。
Comment
この記事へのコメント
てすと
2回はじかれたので3度目のトライ。

2010/ 02/ 02 (火) 23: 58: 57 | URL | 瞳 # -[ 編集 ]
今度こそ本文
(URL貼るとはじかれちゃうみたい)

やーん!日曜日、隣りの駅にいたんだね。
昔住んでたって言ってたものね。

東京を離れる前に美味しいエクレア食べに行こうね。
カメラ持って遊びに行こうね。(直さなきゃ)
写真展も楽しみだ!
吟行会もやりたいし。

ああ、テストのわりには書きすぎた。
2010/ 02/ 03 (水) 00: 00: 26 | URL | 瞳 # -[ 編集 ]
わあ瞳さん降臨!!ありがとうございます。
URLだったのか…すみません、こないだ制限外したら即やらしいリンクはられたので(T_T)
ああよかった。。

一緒くたにしてケーキ屋吟行!
ミルフィーユにガトーショコラにシフォンケーキ、
イタい感じのをいっぱい作りましょう笑
2010/ 02/ 03 (水) 02: 22: 32 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。