春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつかキリマンジャロで
2010年 02月 08日 (月) 04:35 | 編集
126556770114.jpg
バリスタさんは、カプチーノを頼んだのがわたしの方だって確認して描いてくれたの?
ラテアートがうさぎのウインク、なんて素敵な。
ほーらなんか女子のブログっぽ・・・いえ、なんでもありません


うれしすぎる

Mac復活!!

ハードディスクが、60GBから160GBになって戻ってきました。
100GB増えるって、どうなっとるの、いまどきのぱそこんは。
もちろん、全とっかえしたのでデータは全部ふっとびました。
「バックアップをしていると壊れないもんだよ」とも聞きますよね。
今回で、よーく学んだのでした。。

バックアップをだいじに生きていこうと思います。



国立近代美術館で、ウィリアム・ケンドリッジ展をみた。
竹橋に着いたのが遅くて、映像作品のボリュームがかなりあったのに
必要とされる時間の半分しかない中、駆け抜けるように展示室をまわる。

手描きのドローイングをコマ撮りで動かす手法の作家。木炭の濃淡がざわざわと。
手で描いた線のアニメーションには、ベタな言い方をすれば癒しの効果がある気がします。
動きそのものが、みていて心地よくて、ぼーっと眺めていたくなる。


夕暮れの神楽坂をうっとりと歩く
「季節感」とか「小粋」が繊細に盛りつけられた晩餐。
美味すぎて、ぽわんとしてしまう。

批評眼も作家意識もぬるめにつけた九頭竜にとくとくと
ふだんが高尾山なら今は富士山で、目指すはキリマンジャロ
星がぶつかってくらくらするような会話を



今日の昼、王将であほほどご飯たべました。


午後、たまったフィルムを出そうと自由が丘に行ったら
ポパイカメラの前で、なんとばったり

妹と会いました。笑

ちょうど仕上がりを受け取ったところだったらしい。
「何しよるとー!?」と言って爆笑する妹。

直前までお互いに人と居て、ちょうど解散したところで
同じ写真屋に立ち寄った姉妹。ありえない。

「きょう彼氏は~?」
「ドラえもん映画祭に行っとる」

おたがいに次の約束もなく、当たり前のようにお茶をしに行ったのだった。
なんか毎週ケーキ食べてますね。

フィルムカメラをもって半年の妹。
そのわりに好きな写真のトーンが元々はっきりしていたから、
カメラ選びやプリントオーダーのとき、きっぱり方向づけができている。
好きなものがはっきりしていると、きっとはやくうまくなるんじゃないのかなと
妹の写真を見せてもらいつつ、ほほう、と上からめせんなことを思ったのでした。


その後、横浜のはずれのカメラ屋さんに。お世話になるのは3回目、名医ペンギンカメラ。

・・・今度は35Ti(父カメラ)がこわれたんです

シャッターがおりなくて、内部の電気的な不具合らしい。
落としたとかそういうんじゃないの。(と、言い張る)
結局メーカー送りで見積もりで、でも1万円は超えてしまうそうです。涙


なんかまわりでいろんなものが壊れていっている、わたし。


でもこの子の突然の故障については、心当たりがあって
今年に入ってから、やっぱりデジタル一眼がほしいなあ~とか
浮気なことを言ってしまったからじゃないかと思っています。うう。


帰りに激安商店街で買い物をしてしまい
再び自由が丘に寄ってポパカメで現像を受け取るとき、
ネギやら豚肉やらが入ったレジ袋を提げていたわたし。
いまをときめくおしゃれ写真屋ポパイカメラの店内に、
ネギ持って入ってくる客もそう居ないだろう。においそうで、あせる。


駅のホームで電車を待つ間、仕上がりが気になって写真を取り出す。せっかち。

かえってきたら、歌誌の2月号が。玄関で、靴もぬがずに読んでしまう。せっかち。



ひさしぶりの自分のキーボードがうれしくて
たたきまくってたらありえない時間になってしまいました。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。