春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くもり空と黒い犬、めくるめく美酒とダンス
2010年 02月 15日 (月) 04:31 | 編集
IMG_5086.jpg

お冷やと月の暈 Canon Powershot G7

ひさしぶりにG7が復活したかと思えば、撮ってしまうのはこんな写真 


土曜の13時、芝公園のホテルのカフェに女子7人が現地集合。
8人目は、そのカフェでウェイトレスをしている。

ちらほらと冷たい雪の降る中、それぞれが便利な路線をつかってばらばらに集まる。
わたしは神谷町から15分歩いた。東京タワーがうす雲にぼやけている。
キャスのおおきなバッグに、カメラ3台と、Mac。重たい。

あったかいカフェの現地集合にしたから、みんなゆるゆると来る。
幹事のわたしが時間ちょうどに来てしまって慌てたけど、一番乗りだった。
友達は黒いネクタイをきりりと締めてお冷やを運んでくれる。
「みんな来ないから場所間違ってるのかと思ったー」
とれなくなったジッパーは、15分ほど格闘したあと、破壊。


天気のわるい土曜日の午後、ホテルのカフェはひっそりと静かだった。
オフィス街の真ん中にあり、平日は商談のビジネスマンや外国人でにぎわうらしい。

調子にのって、ビーフストロガノフを食べる。揚げた野菜のつけあわせがおいしい!

「まわりで結婚する子が3人もいて焦る!」という23歳のカフェスタッフ、
それを真剣な顔で聞きつつ本気で同調している21歳大学生、
「大丈夫だよ~」と余裕の答えを返す35歳のお姉さん(ゆいいつ既婚)。

ウェイトレスの友達は2時半にシフトが終わり、会議に合流。
空いていたこともあり、友達のおかげで奥のスペースをほぼ貸し切り状態にしてしまった。
突発的に撮影をはじめたり、ものを借りたり(定規と三脚)できた。


この日の一番の目的はWebとフライヤーに使うビジュアルを決めてしまうこと。
集まれるこの日にアイデアを出して、できれば撮影まで一気に済ませたかった。
じつは2週間くらい、これがちゃんとできるかどうか心配で、少しそわそわしていた。

かなり試行錯誤をしたけど、偶然とれた1枚がものすごくよくて、全員一致で決まる。
その場で写真を取り込んでイラレ上で配置、ざっくり文字を組んでみんなに見せる。
ああよかったMac直って。べんりだなー。


いっぱい食べて飲んで長居したのに、お会計、はげしくおまけしてもらった。
会議の場所、友達が「うちのカフェにおいでよ」って言ってくれなかったら
ぜったい思いつかなかったよ。ほんとうによかった。
よくしてくれたチーフのお兄さんのために、みんなで100円だしあって煙草を差し入れる。

あと1か月、たのしく準備ができそうでうれしい。





帰宅してどっさりと重たいバッグを降ろして、一息。
明太子ごはんを食べて、開会式を見ながら洗濯をして、ふたたび出かける。


22時、下北沢のカフェバーにコピーライター3人が集った(37、30、25歳)。

前髪を三つ編みにしたお姉さんが、次から次へとレコードをまわす。
サルサとか、アフロビートとかよくわかんないけど陽気でたのしい。
途中、常連のお兄さんが真っ黒なゴールデンレトリバーと一緒にやってくる。
黒くてつやつやの毛並み。暗めの店内をゆったり歩き回る大きな犬。
犬の耳たぶってあったかいんだって大発見(猫のは、冷たいんですよ。)

電車を乗り継いで表参道へ。
ランプの赤。ミラーボールの青。よくわかんないDJ。
大量のフランス人。ソファにもたれるデカダンス。
先輩の判断で2時前に切り上げて、移動。


先輩が10年近く通っているという、渋谷桜ヶ丘のクラブ。
小さくてぎゅうぎゅうで、ものすごい熱気が吹き出すような。
前のお店とはうってかわってジャズがベースになってて楽しい曲ばかり。うれしい!

飲みながら踊ると、回るよね酒って!

とちゅう、壁にもたれて意識がとんでいた。話しかけられて寝ていたことに気づく。

4時過ぎ、ほとんど眠りながら富士そばでとろろそばを食べ
あーつまりこれってウエストのうどんと全くおなじ位置づけやん
と、思った。

5時の始発に乗る。駅からの帰り道、まっすぐ歩けなかったことは覚えている。

つまり、力のかぎりをつくして豪遊したわけです。
もうほんと、ばかみたいに楽しかったです。夜遊びはすごい。お金とぶけど。笑





起きたら5時で、ええ、夕方の5時で、びっくりしました。
笑点を見て、髪洗ってないのばれないように帽子かぶって駅前に出て
すきなお店をまわって2時間ほど過ごし、むりやりにでも有意義ないちにちとしました。

写真屋、カフェ、古本屋、八百屋、ぜんぶすき、あとちょっとだけど。

バレンタインはあげたことにはならない1つだけを買って、おしまい。



始発まで踊ると腰がどんだけ痛くなるか、よくわかりました。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。