春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
考えごとスペシャル2/ツイッターをはじめる前に
2010年 02月 20日 (土) 04:50 | 編集
今日は、考えごとスペシャルの日です。さっき、そのように決まりました!

これは、前の記事
「考えごとスペシャル1/映像をつくっていたことを思い出す話」の続き。





もういいかげん、ついったーをはじめようと思う。


ここ最近、mixiボイスをたまにつかってて
「即時性」「ゆるい共有」「シンプルな時系列」「短くて変でもいい」
など、ああいう形式の表現について少し理解して、可能性を感じました。
たとえば伏線はったりできるやん。


ただ、どうしてもmixiという場はむずかしい。
告知なんかには便利なんだけど、所感をつづる日記なんてもう、
とてもじゃないけど書けない。なんでか分かんないけど。
すごい言い方をすれば、公開処刑感が、はんぱない。笑


2006年ごろはみんな日記をかきまくっていたけれど、最近は減りましたよね。
わたしの場合、マイミクが100人以上いる中で、
1日にアップされる日記は、10件あれば多い方です。

でも最近、みんなログインだけはしてるということに気付きました。
もしかしてあれかな、アプリとかは使っているのかな。
(わたしは使ったことないけど、どうやらおもしろいみたい)

つまり、ボイスでしゃべるということは、
ログインしたみんなのトップページにおじゃましてしまっているのです。
ということで・・・・そろそろ自重したほうが自分のためかなとおもいます。笑


ついったーを外側からじいっと(うらやましそうに)見たりしてみて
ちょっと気付いたことがあるので、書いてみます。


今までわたしがやったことあるものの中に、
やったことないついったーを放り込んで、ざっくり2つに分類してみました。


散文   /  定型詩

ブログ  /  ツイッター
        mixiボイス
        ブログの記事タイトル
        メール件名(これは相手による)

映像作品 /  写真


右側のやつのいいところは、
ひとの時間をうばわないということ。
そして、作り手にしても、すぐできる!ということです。

いや本当に、すぐできるって、すばらしい。31文字も、写真も。
やっぱりわたしは気が短いのかもしれません。笑




ここまでは表現形式の特性について考えてみましたが、
さらにインタラクティブ性について考えてみます。

というのも最近、mixiボイスでおもしろいことがあったのです。

先週、写真展の打ち合わせで三脚が必要かもって思い、なにげなく

「あしたのために三脚を買ってしまいそうな自分がいる・・・」

と、書き込みました。

そのときは、三脚を衝動買いしそうというアホさ加減を言ってみたかっただけで
「だれかあ~」というつもりではなかったのですが、
なんと、その後2人から「三脚あるよ」ってメールをもらったのです(ありがとう!)


この出来事から、「はっ!」と思ったので
こういう比較をたててみました。


友達にメールする  / ツイッターでつぶやく
友達と約束してお茶 / 大学の授業に出て教室で友達としゃべる


おわかりですね!

これは似てます!!めっちゃ似てます!


わたし、大学の夏休みとかで何がさみしかったかって友達と会えないことだったのですが、
どんなに仲良しの子でも、「何月何日にどこどこで待ち合わせておしゃべりしよう」って
わざわざメールをするのは、ちょっと気後れしてしまっていました。

学校にふわあと行けば、誰かがいるから絶対しゃべれるのに、長期休みはそれができない。
どうでもいいおしゃべりがしたい。でもわざわざ約束できない。
なぜなら話したいことがどうでもよすぎるから。笑


同じく先週末の話ですが、
わたしは土曜の夜に会社の先輩たちとクラブをはしごして始発まで遊んだ結果、
日曜の夕方5時まで寝続けて、思いっきり棒にふってしまったのです。。

そのときのむなしさを、わたしは誰かに言いたかった。
mixiボイスには、夜遊び中に新しい言葉をたくさん仕入れたのがおもしろかったから
夜中に何回か流していたのですが、寝起きでそれはさすがにうざいだろう、と思い
どうしたかというと

妹にその内容をメールしてしまった笑

気兼ねせずにメールできる相手だからこそですが、
まー、もらった方は「めんどくせー!!」ですよね。笑


ついったーの場合は、
返事をもとめるつもりもなく、誰にともなくほわわーんとゆるく発信することで、
それを読んだ側も、気軽にリアクションできるんだと思います。多分。



メールはもらったら絶対返信しなきゃいけない。遅れたら謝んなきゃいけない。
ブログを始めたはいいけど、ひとつの文章を長くまとめあげるのは時間がかかる。
mixiで日記を書いて、コメントがつかなかったらなんだか恥ずかしい。

ここ10年で便利になったいろんなものは、実はかなりの「マメさ」を必要としてて、
そのがっちがちな感じに、そろそろみんな疲れたんじゃないだろうか。

今の世の中では
一人一人としっかりロープで「つながる」コミュニケーションよりも
みんなで雲のようなものをゆるく「共有する」ようなコミュニケーションが、
好まれているのでは、と感じています。


ということで、使ってみる前の、わたしの今の予想では、
ついったーは、多分ブームで終わったりはしない。なぜなら、きっと楽だから!!



アカウントとるのに迷っているのは、
今わたしはweb上にふたつの人格を持っているので(AB型だしね)
どっちのにしようかということです。どっちにするかで内容もかわってきそう。

どうせ変なことを言うのだから、地下活動用の名前のほうがいいのかなー。
社会活動/地下活動のわたしをどっちも知ってる人には、どっちがいいのだろう。


なんにせよ、たぶん、始めます。わくわくします。電波全開!!





この話は次回、「タグ化した世界へ」に続きます。

ええええ、続くの!? でもさすがに後日。ご清聴ありがとう。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。