春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒飲みは、こうして作られた
2010年 04月 04日 (日) 23:28 | 編集
IMG_5574.jpg
何回、ここの座敷で飲んだでしょうか

行きつけ、という表現は、ちょっとした誇らしさとともに。

そう、初めての一人暮らしでわけもわからず住み着いた街に
大好きな飲み屋さんを持てたことは、すんごいしあわせでした!


鷹番ゴールデン酒場(食べログ)



学芸大学駅の東口を出て、商店街をちょっと進んで左に折れるとあるお店。

すんごい安いくせに、しっかりおいしい串&おつまみと、
若々しくて、明るくて気持ちいい接客が素敵な焼き鳥屋さんです。

ひどいとき、夏頃は毎週だったし、だいたい月に2回は行ってました。


学芸大学に来てくれた子は、だいたいわたしのせいでここに連れていかれてました。
だから、このお店の思い出は、
東京でわたしと仲良くしてくれた人たちとの思い出にもなるのです。


1年前、大学の友達と、就活で上京してたM1&4年生の子たちと飲んだり、
後輩と8時間飲んだり、歌誌で一緒のお姉さんとイブを過ごしたりしました。


初めて来るだいたいの人が「ピーチー巻きって何?」って聞くので
「ピーマンとチーズを豚肉で巻いたやつだよ」と答えるわたし。


やっぱり、決まった相手と、サシで飲むことが多いお店でした。
1合350円で激安の日本酒「富久娘」を、何合も何合も開けました。
つぶしたかったんです。そして何かに勝ちたかった。

ふくふく笑ってお銚子をかたむけ、
茶碗蒸しをすすり、黒糖そらまめをかじりながら、いろんなことを思いましたよ。
結局まっすぐ歩けなくなってたのは、じぶんでした。

酒飲めば何とかなると思ってたんですかね、わたし。笑


おかげさまをもちまして、わたしはものすごーくお酒に強くなりました!


引っ越し前日も、鍋を取りにきてくれた友達と、ここで飲んでしまった。


その日、お店を出るときに見送ってくれたお兄さんに

「わたしここが本当に好きで、何回も来てたんですけど、
 明日で引っ越しちゃうんです 今までお世話になりました」

と告げて、じぶんなりに、しっかりお別れをする。

お兄さんは爽やかでいい人だった。その上、かっこよかった。





さて蛇足ではありますが、
もちろんこのお店のせいだけじゃないんだけど、

年明けてからの激務+暴飲暴食の結果、お正月に実家で測ったよりも


2キロ太った



ことを謹んでご報告申し上げます・・・



いやほんとこのお店のせいじゃないけどね、
ここ数年、ほとんど体重かわってなかったから、
一人暮らしでも、たかをくくって体重計買わなかった。

実家に戻ってびっくりですよ・・・3ヶ月で2キロて。


まーあれだけ飲んでたら、そりゃあね。。。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。