春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジャガーナイト
2010年 04月 27日 (火) 04:04 | 編集
大粒の雨の中、タクシーは筑紫通りを南下する。



「前のお客さん、結構お酒飲まれてました?」
「あ、におい残ってますー?そうなんですよ、だいぶ酔うとられましたですねえ」
「あーやっぱりー」
「お店の女の人と一緒で、西通りに行かれとったですし、たぶんこの後も…」
「じゃあ楽しい時間が続くんでしょうねえ」
「少し窓あけましょうか?寒くなかったら。ちょっとにおいますもんね」
「あ、じゃあお願いします」


そしてセブンで買ったフライドチキン(骨なし)を食べる女。におう。


おまえ、痩せたいんじゃなかったのか。

こんな時間に、肉を食うのはおよしよ…。



今日いちにちをエレガントに落ち込んで過ごすつもりが、
初校まつりで大変なことになり、それどころではなかった。
詰めが甘かったのでライターさんやデザイナーさんに迷惑をかけた。
初めてとはいえあほやったね本当に、次回に生かそうね。


初校に間に合わなかったページの撮影をして戻ってきて、
あした初校の別の原稿を書いた。


きょう、上司は原稿をわたしに(突然)パスしながら、
「Tるいちゃん書くの早いもんね、わたしあんまり向いとらんっちゃーん」
なんて明るく言い置いて夕方の飛行機で宮崎へ発ち、
しかし宿泊先で自分の分の原稿をわたしより先に書き上げ、送ってきた。
超人だ。。



そういえば、先週末のサーターアンダギーの謎がとけた。

しかしもうすぐ家につくので、続きはまた明日。
思いもよらない衝撃的な真実が明らかになり、
反省をいっそう深めることになったのは言うまでもない。





タクシーは4000円、家族と猫は寝静まって、雨は止まない。


リビングの電気もつけずに、悲しい獣は高菜おにぎりを食べてます。がるる。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。