春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
技師とかいつぶり
2010年 05月 03日 (月) 02:37 | 編集
自分でチケットをとったくせに、ぼんやりしていて困るのだけど、
あしたのお昼には空港にいて、せっせと通りもんを買い込んでいるはずだ。
そして飛行機に乗るんだな。うーん。

「(そんな飛行機が高くて混むときに)何しに行くの?」っていぶかしむ人々。
うーん、何しに行くんだろうなあ。でも会ってくれる友達がいるのだ、奇跡。

それにしても、切ない話ではあるけれど、家があるかどうかで、
同じ土地でも動き方がまったく変わってしまうことに気づいたよ。
いやあ、当たり前だよねえ。笑


5日の夜ぎりぎりまで東京にいます。
ちなみに去年は、逆に帰省して福岡に飛んできてました。
徹夜までして遊び倒して、東京に戻った。つまり、あまのじゃくなんだな。。



きょうは意味もなく両親と出かけ、志賀島を一周し、うっすら日に焼けて帰ってきました。
海とはまったく関係ないソフトクリームを食べる親子。
白っぽくかすんだ午後、海は鏡のように凪いで、あいまいな写真をたくさん撮った。




もうすぐ、でかい賞のしめきりがやってきます!2つも。
50首と30首、それぞれ仕上げてまとめあげなければなりません。
それにともない、これから1か月は、ちょっとめらめら、むきむき、やっていく所存。
でも、通常時にじぶんにノルマとして課している投稿分にも欠けることなく出す。
そして本誌も欠詠しない。これは大変だろうなあ。がんばろうね。うん。

仕事もあるのに、こんなこと言うの最低かなあ・・・。
ちゃんとやっているよ、やってるんだけど、それはそれなんだよう・・・。


「上手」って言われてしまうのは、よくないなあと思っている。

「うっわ何だこれ意味わかんねすっげー、 でも好きかなり」

って言われるようにならんといかんのです。本当は。


技術的に良い以前に、作品そのものが抱く強い熱や光となりうるもの。

それは、「本当のこと」ではないかと思っています。

「本当にあったこと(事実)」というより、「本当のこと(真理)」。


上手という評はたまらなく不安。器用貧乏の終着駅かと思うとたまらなく怖い。

が、しかし、そんな自作の中でも、
よく選ばれているのは「本当のこと」だと自分でも思えるもの。
やっぱり本当のことは強いのだと思います。

さらに、「本当のこと」は、「本当にあったこと」の中から拾い出して、
磨いたり濾過したりしたものであることが多いのです。


わかんなくなってきました。
このへん、きのう今日とついったーで書いていたのですけれど。
うだうだごたく並べる前にやんなさいよってね。



話とびますけど、きのう高校の吹奏楽部の友達と集まってもつ鍋を食べたんだけど
帰りの電車でおなかいたくなってしぬかと思いました。
単に食べ過ぎ?って思ったけど・・・よく考えたら、ユッケにあたったのかも。

懲りない人の生肉事件。ああ、なさけない話で落としてしまいました。
Comment
この記事へのコメント
何か、吊革にもたれかかって下向いてたから大丈夫かなぁ、悪酔いしちゃったかなぁと思っていたら、おなかがいたかったのね!!

気付かなくてごめんよー。
生肉、気をつけねばね…
2010/ 05/ 04 (火) 00: 47: 59 | URL | ミナ # -[ 編集 ]
ああ、心配してくれてありがとう~!ごめんね。お恥ずかしい。。
けどね、ピークは大橋あたりで、雑餉隈あたりからは大丈夫やった!!笑

生肉かもしれんし単なる食べ過ぎかもしれんし。。笑
2010/ 05/ 06 (木) 02: 01: 54 | URL | ばかなこ # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。