春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はつなつのたいぴーえんや緑の芽
2010年 05月 28日 (金) 02:00 | 編集
きょうは、熊本に行き、仕事を終えて、太平燕(たいぴーえん)を食べる。
上司にお冷やを回しそこねるくらい、なんかスペックが下がっていた。寝不足か。
お粥もひっくり返してしまったし。おいおいおい。


東京のラスト、写真展の準備と仕事の祭りが重なってしまった。
なんとか大丈夫だったけれど、あれ、狙ったかのように重なるのって何でだろうなあ。

いまも、いろいろ重なっているなあ。何でかなあ。
とりあえず、歌誌の仕事はとてもギリギリになって迷惑をかけてしまったけど終わらせた!
あと数日後が賞の締切で正念場なのですが、あああ、ああ。

うろたえていても、歌稿はうまらないよ。。


そりゃお粥もひっくり返すぜ。




とてもしょぼいことを書いてしまいましたが、

いっこ、ぜえはあ言いながら、がんばったぞと言いたくなったので
遠慮なく言うと、

去年の5月末から作歌をはじめて、
ほぼ同時に日経新聞に投稿をはじめて、だいたい1年がたちました!

ダイエットも家計簿も続かないけど、1週も休まないできっちり3つずつ。
絶対に休まないというルールを無理矢理に守ったのでした。



ほむらさん、「しつこいで賞」とかあったら、下さい。
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。