春には雨を 和尚には沢庵を ハルサメアン
春雨庵
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
五月の陽射しと鉛筆削り
2010年 05月 30日 (日) 00:26 | 編集
IMG_5763.jpg
下北のカフェ。文章とは関係ないけれど、文章のトーンに合うということもあるのだ


母が、顔をじっと見て、「焼けたね」。

取材で焼ける。ほんとうに日焼けしやすい。塗ってもだめ。
上司や前任のエディターさんは、色白だから、全然そんなことはない。

先週の金曜は、長崎県にあるオランダに行きました。
アテンドしてくれた担当者は、関西出身の、わたしと同い年のひとでした。
同い年っていうだけじゃなくて、一浪してて社会人3年目、この重なりはうれしいなあ。

バックヤードのお仕事のひとは、制服とかは着ないみたい。
白いブラウスにゆったりしたボーダーのパンツを合わせてて、可愛かった。
園内で長い距離を移動するときは、おおきなタウンエースを転がして案内してくれる。

5月は「バラ祭」の真っ最中。毎日のようにあちこちから取材が来るので、
もう連日園内を歩き回って、ずっと外にいるのだという。
彼女も色白なのだけれど、ぺたんこのパンプスからのぞく脚の甲は、真っ赤に焼けていた。
帆船クルーズのあいだ、甲板で少し関係ないおしゃべりをして、ちょっと仲良くなった。

街中にあふれるバラは、ほんとうに綺麗でした。
月刊誌の夏の取材で行ってるから、バラの写真は使えなくてざんねんだー。
たくさんの色のバラが咲き乱れ、深みのある色合いが混じり合っているのだけど、
あんなに色とりどりでも、品が悪い感じにならない。バラってすごいなあ。
あとは何と言っても、じっくり育てられてきたヨーロッパの街並に、本当に合っている。

チューリップのほうが断然有名なのだけど、
長い間手塩にかけた成果がみのり、バラの時期は本当におすすめだそうです!


5月の真ん中らへんに、有給で3連休とかを作って、
ホテルヨーロッパとかホテルアムステルダムとか、園内のホテルをとってゆったり過ごす。
うーん、このプランは素敵だと思いますよ!!


彼氏がいたら。笑




きのうは6時起きで長崎にロケに行ってきました。


菅野美穂似の先輩を拝み倒して、モデルになってもらいました。
後ろ姿のイメージがほしかっただけで、モデル用の予算もないから身内でよかったのだけど
やっぱり、ポテンシャル最大な人選をしました。笑

きれいなひとは、こういう頼まれごとに慣れているから、
有り難いことにカメラの前でもポーズとかまったく固くないし、自然にやってくれます。
そしてやっぱり絵がいいわけです。正面も横顔も撮っちゃった。うっとりー。

カメラマンのテンションがだだ上がりでした。
光速で納品してくれて、さらにブロマイド風に焼いた写真までおまけにつけてくれました。
20カットくらい焼いてくれてて、これ売れるっちゃなかろうかと本気で思ったけど、
感謝を込めて全部ご本人に納品しました。笑


無事撮影が終わった後に
モデルをやってくれた先輩と、デザイナーの先輩とわたしで、駅舎の前の階段にすわり、
エヴァンゲリオン風な記念写真も撮ったのですが、それも焼いてくれました。
いそいそとデスクに飾りました。


巻頭の読み物は、引用とかが発生するので地味な段取りとか根回しがたいへんだけど、
それでもたっぷり700字以上テキストを書けるので、うれしい。



仕事はほんとうに遅いんですけどね・・・おっそい。

やらないかんかったことすぐ忘れるし。あふれる書類も整理できないし。
やること書いたメモを書き散らしすぎてよう分からんごとなるし、
細分化して整理しようと思ったらクリアファイル増やしすぎてよう分からんごとなるし。


取材に出るときは何かしら忘れ物をするし。。

こないだは見本誌を忘れたし、その次は筆箱を忘れた・・・。あり得ん。


月曜は直行で鹿児島なので、きょう会社に行ってやりかけの仕事をやったあと
資料やノートなど必要なものを持って帰ったのですが


・・・ああ、名刺の補充、してねえー!
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) 春雨庵 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。